七尾市議会 > 2021-09-26 >
09月26日-04号

ツイート シェア
  1. 七尾市議会 2021-09-26
    09月26日-04号


    取得元: 七尾市議会公式サイト
    最終取得日: 2020-07-23
    令和 元年  9月 定例会(第2回)議事日程(第4号)               令和元年9月26日(木曜日)午後2時開議 日程第1 市長提出議案第13号ないし第38号(委員長報告・質疑・討論・採決) (日程追加) 日程第2 市長提出追加同意案第2号(説明) 日程第3 市長提出追加同意案第2号(即決) 日程第4 議会議案第6号(説明・質疑・討論・採決) 日程第5 議会議案第7号(説明・質疑・討論・採決) 日程第6 議会議案第8号(説明・質疑・討論・採決) 日程第7 議会議案第9号(説明・質疑・討論・採決) 日程第8 議会議案第10号(説明・質疑・討論・採決) 日程第9 各常任委員会及び議会運営委員会閉会中継続調査本日の会議に付した事件 議事日程のとおり出席議員(18名)      1番  西川英伸君     2番  徳田正則君      3番  山崎智之君     4番  山添和良君      5番  佐藤喜典君     6番  木下敬夫君      7番  礒貝和典君     8番  久保吉彦君      9番  杉木 勉君    10番  荒川一義君     11番  伊藤厚子君    12番  垣内武司君     13番  永崎 陽君    14番  大林吉正君     15番  桂 撤男君    16番  中西庸介君     17番  今田勇雄君    18番  杉本忠一君欠席議員(なし) △開議 午後2時00分 △開議 ○議長(杉木勉君) これより本日の会議を開きます。 △議事日程の報告 ○議長(杉木勉君) 本日の会議の議事日程は、お手元に配付の議事日程表のとおりであります。 △諸般の報告 ○議長(杉木勉君) 日程に先立ち、報告いたします。 先日設置されました平成30年度決算審査特別委員会において、正副委員長を互選した結果、委員長に桂撤男君、副委員長に永崎陽君が選任されましたので、報告いたします。 次に、質問通告書の件について、杉本忠一君から緊急質問の申し出があります。 これより、緊急質問の内容確認のため、暫時休憩いたします。 △休憩 午後2時01分 △再開 午後3時13分出席議員(18名)      1番  西川英伸君     2番  徳田正則君      3番  山崎智之君     4番  山添和良君      5番  佐藤喜典君     6番  木下敬夫君      7番  礒貝和典君     8番  久保吉彦君      9番  杉木 勉君    10番  荒川一義君     11番  伊藤厚子君    12番  垣内武司君     13番  永崎 陽君    14番  大林吉正君     15番  桂 撤男君    16番  中西庸介君     17番  今田勇雄君    18番  杉本忠一君欠席議員(なし) △再開 ○議長(杉木勉君) これより会議を再開し、休憩前の議事を続けます。 先ほど、杉本忠一君の緊急質問に対する趣旨説明確認、そして、その後、議会運営委員会、そして、その後の全員協議会等々で協議を続けてまいりました。 その結果、発言者の通告書を提出された杉本忠一議員から、緊急質問の取り下げをするということの申し出があり、この緊急質問は議題として取り扱うことはしないということに決まりました。 執行部の皆様、長時間お待たせして申しわけございませんでした。 △市長提出議案第13号ないし第38号(委員長報告・質疑・討論・採決) ○議長(杉木勉君) それでは、これより日程第1に入り、市長提出議案第13号ないし第38号を一括して議題といたします。 以上の案件につきましては、各常任委員長及び平成30年度決算審査特別委員長より委員会審査報告書が議長のもとに提出されております。 これより、以上の案件に対する委員長報告を行います。 予算常任委員長、永崎陽君。     〔予算常任委員長(永崎 陽君)登壇〕 ◆予算常任委員長(永崎陽君) それでは、予算常任委員会委員長報告をさせていただきます。 この定例会におきまして予算常任委員会に付託を受けました議案5件につきまして、審査結果を御報告申し上げます。 これらの案件につきましては、本委員会に分科会を設置をいたしまして、議案を分担して詳細審査を行いました。 それを受けまして、本委員会で慎重に審査をしましたところ、付託を受けました議案5件につきましては、全会一致をもって、いずれも可決すべきものと決しました。 以上、予算常任委員会の報告といたします。 ○議長(杉木勉君) 総務企画常任委員長、中西庸介君。     〔総務企画常任委員長(中西庸介君)登壇〕 ◆総務企画常任委員長(中西庸介君) 今定例会において総務企画常任委員会に付託を受けました議案7件について、審査結果を報告いたします。 慎重に審査をしましたところ、付託を受けました議案第18号ないし同第21号、議案第26号ないし同第28号の議案7件は、全会一致をもって、いずれも可決すべきものと決しました。 以上、総務企画常任委員会の報告といたします。 ○議長(杉木勉君) 教育民生常任委員長、伊藤厚子さん。     〔教育民生常任委員長(伊藤厚子君)登壇〕 ◆教育民生常任委員長(伊藤厚子君) 本定例会におきまして教育民生常任委員会に付託を受けました議案1件について、審査結果を御報告いたします。 慎重に審査をいたしましたところ、お手元に配付の委員会審査報告書のとおり、全会一致をもちまして、原案のとおり可決すべきものと決しました。 以上、教育民生常任委員会の報告といたします。 ○議長(杉木勉君) 産業建設常任委員長、佐藤喜典君。     〔産業建設常任委員長(佐藤喜典君)登壇〕
    産業建設常任委員長(佐藤喜典君) 産業建設常任委員会の委員長報告をさせていただきます。 産業建設常任委員会に付託を受けました議案6件について、審査結果を御報告いたします。 慎重に審査しました結果、お手元に配付の委員会審査報告書のとおり、全会一致をもって、原案のとおり可決すべきものと決しました。 以上、産業建設常任委員会からの報告といたします。 ○議長(杉木勉君) 平成30年度決算審査特別委員長、桂撤男君。     〔平成30年度決算審査特別委員長(桂 撤男君)登壇〕 ◆平成30年度決算審査特別委員長(桂撤男君) 決算審査特別委員会に付託を受けました議案7件について、審査結果を報告いたします。 9月17日から延べ3日間にわたり、代表監査委員による監査意見の報告、関係各部署からの説明、そして委員からの質疑により詳細に審査をしましたところ、いずれの議案も全会一致をもって、原案のとおり認定及び可決すべきものと決しました。 以上、決算審査特別委員会の報告といたします。 ○議長(杉木勉君) 委員長報告を終わります。 これより各委員長報告に対する質疑に入ります。 質疑の方はありませんか。     〔「なし」と言う者あり〕 ○議長(杉木勉君) なければ、質疑は終結いたします。 これより討論に入ります。 討論の通告がありますので、発言を許可します。 7番、礒貝和典君。     〔7番(礒貝和典君)登壇〕 ◆7番(礒貝和典君) 日本共産党の礒貝和典です。 今提案されました議案第32号のうち、2018年度一般会計歳入歳出決算及び2018年度介護保険特別会計歳入歳出決算に対し、反対討論を行います。 2018年度一般会計歳入歳出決算では、予算議会でも提案しましたが、子育て世代の一番の要望は病院窓口での無料化です。県内でも志賀町と七尾市だけが窓口無料化を実施していません。財政負担を実施できない理由の一つに挙げていますが、2018年度決算では剰余金額が2億3,475万4,000円あり、十分財政的にも窓口無料化を実施することができることを示しており、以上の理由から、2018年度一般会計歳入歳出決算には反対します。 次に、2018年度介護保険特別会計歳入歳出決算では、第7期、平成30年から32年度の介護保険料を月額300円、年間3,600円引き上げ、標準で月額6,400円、年間7万6,800円に引き上げました。準備基金を充当することで引き上げ幅を月額300円に低くしているとのことでしたが、決算を見てもわかるとおり、2018年度では、当初は準備基金を3,000万円取り崩すとの説明でしたが、決算では準備基金が増加しています。マクロ経済スライド制度年金給付が削減される中での介護保険料の引き上げであり、年金生活者の生活を苦しめている結果になります。 以上の理由から2018年度介護保険特別会計歳入歳出決算には反対し、討論を終わります。 ○議長(杉木勉君) 以上で通告による討論は全部終了しました。 討論は終結いたします。 これより、議案の採決に入ります。 採決は分けて行います。 まず最初に、議案第13号 令和元年度七尾市一般会計補正予算(第4号)から議案第31号 市道路線の認定についてまでの議案19件を一括して採決いたします。 以上の案件に対する各委員長報告は、いずれも原案可決であります。 お諮りいたします。 以上の案件を原案どおり可決することに御異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う者あり〕 ○議長(杉木勉君) 異議なしと認めます。 よって、以上の案件は原案どおり可決することに決しました。 次に、議案第32号 平成30年度七尾市一般会計及び特別会計歳入歳出決算の認定についてを採決いたします。 この採決は起立により行います。 この案件に対する委員長報告は原案認定であります。 議案第32号を認定することに賛成の諸君の起立を求めます。     〔賛成者起立〕 ○議長(杉木勉君) 起立多数です。 よって、議案第32号は原案どおり認定することに決しました。 次に、議案第33号 平成30年度七尾市水道事業会計決算の認定についてから議案第38号 平成30年度七尾市病院事業会計未処分利益剰余金及び資本剰余金の処分についてまでの議案6件を一括して採決いたします。 以上の案件に対する委員長報告は、いずれも原案認定及び可決であります。 お諮りいたします。 以上の案件を原案どおり認定及び可決することに御異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う者あり〕 ○議長(杉木勉君) 異議なしと認めます。 よって、以上の案件は原案どおり認定及び可決することに決しました。 △市長提出追加同意案第2号(説明) ○議長(杉木勉君) 次に、日程第2に入り、本日市長より追加提出があった同意案第2号を議題といたします。 この案件について提案理由の説明を求めます。 不嶋市長。     〔市長(不嶋豊和君)登壇〕 ◎市長(不嶋豊和君) 本日追加提案する議案の概要について御説明申し上げます。 同意案第2号は、固定資産評価審査委員会委員の選任について御同意をお願いするものであります。 以上で追加議案の説明を終わりますが、慎重に御審議の上、適切なる御決議を賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(杉木勉君) 提案理由の説明を終わります。 お諮りいたします。 ただいま議題となっております同意案第2号は、委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う者あり〕 ○議長(杉木勉君) 異議なしと認め、同意案第2号の委員会付託は省略することに決しました。 次に、同意案第2号は人事に関することでありますので、この際、質疑及び討論についても省略いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う者あり〕 ○議長(杉木勉君) 異議なしと認め、同意案第2号の質疑及び討論は省略することに決しました。 △市長提出追加同意案第2号(即決) ○議長(杉木勉君) 次に、日程第3に入り、同意案第2号を採決いたします。 お諮りいたします。 同意案第2号を原案どおり同意することに御異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う者あり〕 ○議長(杉木勉君) 異議なしと認めます。 よって、同意案第2号は原案どおり同意することに決しました。 △議会議案第6号(説明・質疑・討論・採決) ○議長(杉木勉君) 次に、日程第4に入り、桂撤男君ほか5名提出の議会議案第6号 地方財政の充実・強化を求める意見書を議題といたします。 提案者の説明を求めます。 15番、桂撤男君。     〔15番(桂 撤男君)登壇〕 ◆15番(桂撤男君) ただいま上程いたしました議会議案第6号について、提案理由の説明をいたします。 この議案は、社会保障費関連をはじめとする地方財政需要に対応するため、地方財政の充実・強化を国に求めるものであり、意見書の案文については、皆様のお手元に配付してあるとおりでございます。 議員各位には、趣旨を御理解の上、御賛同賜りますようよろしくお願いいたします。 ○議長(杉木勉君) 説明を終わります。 お諮りいたします。 ただいま議題となっております議会議案第6号は、委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う者あり〕 ○議長(杉木勉君) 異議なしと認め、議会議案第6号の委員会付託は省略することに決しました。 これより議会議案第6号に対する質疑に入ります。 質疑の方はありませんか。     〔「なし」と言う者あり〕 ○議長(杉木勉君) なければ、質疑は終結いたします。 これより討論に入ります。 討論の方はありませんか。     〔「なし」と言う者あり〕 ○議長(杉木勉君) なければ、討論は終結いたします。 これより議会議案第6号を採決いたします。 お諮りいたします。 本案を可決することに御異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う者あり〕 ○議長(杉木勉君) 異議なしと認めます。 よって、本案は可決されました。 △議会議案第7号(説明・質疑・討論・採決) ○議長(杉木勉君) 次に、日程第5に入り、中西庸介君ほか5名提出の議会議案第7号 水産業の体質強化を求める意見書を議題といたします。 提案者の説明を求めます。 16番、中西庸介君。     〔16番(中西庸介君)登壇〕 ◆16番(中西庸介君) ただいま上程をいたしました議会議案第7号について、提案理由の説明をいたします。 この議案は、漁業者らが安心して水産改革に取り組めるようになるため、水産業の体質強化を国に求めるものであり、意見書の案文については、皆様のお手元に配付してあるとおりでございます。 議員各位には、趣旨を御理解の上、御賛同賜りますようよろしくお願い申し上げます。 ○議長(杉木勉君) 説明を終わります。 お諮りいたします。 ただいま議題となっております議会議案第7号は、委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う者あり〕 ○議長(杉木勉君) 異議なしと認め、議会議案第7号の委員会付託は省略することに決しました。 これより議会議案第7号に対する質疑に入ります。 質疑の方はありませんか。     〔「なし」と言う者あり〕 ○議長(杉木勉君) なければ、質疑は終結いたします。 これより討論に入ります。 討論の方はありませんか。 礒貝和典君。     〔7番(礒貝和典君)登壇〕 ◆7番(礒貝和典君) 日本共産党の礒貝和典です。 今提案されました議会議案第7号 水産業の体質強化を求める意見書案に対し、反対の立場から討論を行います。 水産資源の管理は重要な問題であり、1949年、漁業法を制定し、沿岸漁業秩序維持と漁民の経済的な保護目的とした漁業権を規定しました。 改正漁業法の最大の問題は、漁業をなりわいとする地元漁業者に優先的に漁業権を与え、漁協が主体となって沿岸漁場環境を守ってきた仕組みを根本的に壊し、沿岸漁業漁業権を地元漁業者に優先してきたこれまでの仕組みを廃止して、知事の裁量で地元外の企業に与えることを可能にしました。養殖漁業などで力のある企業の参入が広がり、漁業協同組合のもとで円滑に管理されてきた漁業権が分割されて、浜に混乱と対立を広げるなど、新漁業法に対する批判が高まっています。 意見書案の前提は、この新漁業法に基づく水産政策の改革を求めるものであり、沿岸漁業に携わる日本の8割以上の漁民、漁業関係団体の要望とも大きく乖離しています。漁業関係者の多くは、沿岸漁業のなりわいを守るためには、漁民の同意が得られない漁業法施行延期や大型漁業の規制などの施策の実施を要請しています。 以上の理由から、この意見書案には反対し、討論を終わります。 ○議長(杉木勉君) ほかに討論の方はありませんか。     〔「なし」と言う者あり〕 ○議長(杉木勉君) なければ、討論は終結いたします。 これより議会議案第7号を採決いたします。 本案に賛成の諸君の起立を求めます。     〔賛成者起立〕 ○議長(杉木勉君) 賛成多数。 よって、本案は可決されました。 △議会議案第8号(説明・質疑・討論・採決) ○議長(杉木勉君) 次に、日程第6に入り、今田勇雄君ほか5名提出の議会議案第8号 太陽光発電の適切な導入に向けた制度設計と運用を求める意見書を議題といたします。 提案者の説明を求めます。 17番、今田勇雄君。     〔17番(今田勇雄君)登壇〕 ◆17番(今田勇雄君) ただいま上程いたしました議会議案第8号について、提案理由の説明をいたします。 この議案は、防災景観環境面での地域住民の不安や懸念を払拭し、地域と共生する形の再生可能エネルギーの導入をさらに促進する観点から、太陽光の適切な導入に向けた制度、運用を国に求めるものであり、意見書の案文については、皆様のお手元に配付をしてあるとおりでございます。 議員各位には、趣旨を理解の上、御賛同賜りますようよろしくお願いをいたします。 ○議長(杉木勉君) 説明を終わります。 お諮りいたします。 ただいま議題となっております議会議案第8号は、委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う者あり〕 ○議長(杉木勉君) 異議なしと認め、議会議案第8号の委員会付託は省略することに決しました。 これより議会議案第8号に対する質疑に入ります。 質疑の方はありませんか。     〔「なし」と言う者あり〕 ○議長(杉木勉君) なければ、質疑は終結いたします。 これより討論に入ります。 討論の方はありませんか。     〔「なし」と言う者あり〕 ○議長(杉木勉君) なければ、討論は終結いたします。 これより議会議案第8号を採決いたします。 お諮りいたします。 本案を可決することに御異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う者あり〕 ○議長(杉木勉君) 異議なしと認めます。 よって、本案は可決されました。 △議会議案第9号(説明・質疑・討論・採決) ○議長(杉木勉君) 次に、日程第7に入り、垣内武司君ほか5名提出の議会議案第9号 高齢者安全運転支援と移動手段の確保を求める意見書を議題といたします。 提案者の説明を求めます。 12番、垣内武司君。     〔12番(垣内武司君)登壇〕 ◆12番(垣内武司君) ただいま上程いたしました議会議案第9号について、提案理由の説明をいたします。 この議案は、地方自治体や民間事業者とも連携しながら、総合的な事故防止策としての高齢運転者の安全運転支援と地域における移動手段の確保を国に求めるものであります。 意見書の案文については、皆様方のお手元に配付してあるとおりでございます。 議員各位におかれましては、何とぞ趣旨を御理解の上、御賛同賜りますようよろしくお願いを申し上げます。 ○議長(杉木勉君) 説明を終わります。 お諮りいたします。 ただいま議題となっております議会議案第9号は、委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う者あり〕 ○議長(杉木勉君) 異議なしと認めます。 議会議案第9号の委員会付託は省略することに決しました。 これより議会議案第9号に対する質疑に入ります。 質疑の方はありませんか。     〔「なし」と言う者あり〕 ○議長(杉木勉君) なければ、質疑は終結いたします。 これより討論に入ります。 討論の方はありませんか。     〔「なし」と言う者あり〕 ○議長(杉木勉君) なければ、討論は終結いたします。 これより議会議案第9号を採決いたします。 お諮りいたします。 本案を可決することに御異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う者あり〕 ○議長(杉木勉君) 異議なしと認めます。 よって、本案は可決されました。 △議会議案第10号(説明・質疑・討論・採決) ○議長(杉木勉君) 次に、日程第8に入り、永崎陽君ほか5名提出の議会議案第10号 新たな過疎対策法の制定に関する意見書を議題といたします。 提案者の説明を求めます。 13番、永崎陽君。     〔13番(永崎 陽君)登壇〕 ◆13番(永崎陽君) それでは、議会議案第10号 新たな過疎対策法の制定に関する意見書案について御説明を申し上げたいと思います。 過疎対策につきましては、昭和45年に過疎地域対策緊急措置法の制定以来、4次にわたる特別措置法の制定によりまして、総合的な過疎対策事業が実施をされてきました。過疎地域における生活環境の整備や産業の振興など、一定の成果を上げてまいりました。 しかしながら、依然として多くの集落が消滅の危機に瀕し、また、森林管理の放棄により、森林の荒廃や、たび重なる豪雨、地震等の発生によりまして、森林の崩壊、河川の氾濫など、極めて深刻な状況に直面をしております。 過疎地域は、我が国の国土の過半数を占め、豊かな自然や歴史文化を有するふるさとの地域であり、都市に対する食料・水・エネルギー供給、国土・自然環境の保全、癒しの場の提供、災害防止、森林による地球温暖化の防止などに多大な貢献をしているところであります。 過疎地域が果たしているこのような多面的・公益的機能は国民共有財産でありまして、それは過疎地域の住民によって今日まで支えられてきたものであります。 現行の過疎地域自立促進特別措置法は令和3年3月をもって失効することとなるわけでありますが、過疎地域が果たしている多面的・公益的機能を今後も維持していくことは、引き続き過疎地域に対しての総合的かつ積極的な支援の充実・強化を図り、住民の暮らしを支えていく政策を確立し、推進していくことが重要であります。 過疎地域が、そこに住み続ける住民にとって安心・安全に暮らせる地域として健全に維持されることは、同時に、都市をも含めた国民全体の安心・安全な生活に寄与するものであることから、引き続き総合的な過疎対策を充実・強化することが重要であります。 よって、新たな過疎対策法の制定を強く要望するものであります。 以上、地方自治法第99条の規定によりまして、意見書を提出するものであります。 議員各位におきましては、十分この内容を御理解をいただきまして、全員の御賛同を賜りますことを心からお願いを申し上げて、提案理由の説明を終わります。ありがとうございました。 ○議長(杉木勉君) 説明を終わります。 お諮りいたします。 ただいま議題となっております議会議案第10号は、委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う者あり〕 ○議長(杉木勉君) 異議なしと認め、議会議案第10号の委員会付託は省略することに決しました。 これより議会議案第10号に対する質疑に入ります。 質疑の方はありませんか。     〔「なし」と言う者あり〕 ○議長(杉木勉君) なければ、質疑は終結いたします。 これより討論に入ります。 討論の方はありませんか。     〔「なし」と言う者あり〕 ○議長(杉木勉君) なければ、討論は終結いたします。 これより議会議案第10号を採決いたします。 お諮りいたします。 本案を可決することに御異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う者あり〕 ○議長(杉木勉君) 異議なしと認めます。 よって、本案は可決されました。 次に、可決されました意見書の提出先については、議長に一任願いたいと思います。これに御異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う者あり〕 ○議長(杉木勉君) 異議なしと認め、よって、議長において処理することと決しました。 △各常任委員会及び議会運営委員会閉会中継続調査 ○議長(杉木勉君) 次に、日程第9に入り、各常任委員長及び議会運営委員長からそれぞれ閉会中の継続調査の申出書が議長のもとに提出されております。 お諮りいたします。 各委員会から申し出のあった事項につきましては、閉会中も継続して調査することに御異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う者あり〕 ○議長(杉木勉君) 異議なしと認めます。 よって、閉会中も継続して調査することに決しました。 △閉議・閉会議長(杉木勉君) 以上をもって今議会の議事は全部終了いたしました。 これをもって本日の会議を閉じ、令和元年第2回七尾市議会定例会閉会いたします。 御苦労さまでした。 △閉会 午後3時52分...