22件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

つくば市議会 2019-03-20 平成31年 3月定例会−03月20日-付録

│      │ │     (3ページ) │(1)総職員数を3年前と対比して、その増加数・年齢構成、組│      │ │            │  織配置、人件費の増加額                │      │ │            │(2)RPA活用による業務効率化推進事業の考え方と現状  │      │ │            │(3)委託事業や業務効率化推進事業による職員

守谷市議会 2019-03-11 平成31年 3月11日総務教育常任委員会−03月11日-01号

◎川村 総務部次長  まず,1点,先ほど委員さんおっしゃったように,AIというか,RPAということ,今実証実験をやっているところです。そこで事務量を減らしていくということです。  それから当然,事務事業の見直しというのは毎年行っていますので,こちらの中で真に必要とされる事務を取捨選択するということで,思い切った事業の廃止等を進めているということです。

つくば市議会 2019-03-05 平成31年 3月定例会−03月05日-05号

〔市長 五十嵐立青君登壇〕 ◎市長(五十嵐立青君) 公約事業についてですが、まず、徹底した行政改革のため、今年度はRPAによる業務効率化や時差出勤の実証実験等の働き方改革を進めてきました。来年度は、RPA導入を拡大するとともに文書保存業務の民間委託や福利厚生業務の委託などを実施し、業務改善を加速させます。

守谷市議会 2019-03-01 平成31年 3月定例月議会−03月01日-01号

さらに,市職員の働き方改革の推進やRPAの手法を検証するなど,効率的に事務を進める環境整備に努めてまいります。  財政運営につきましては,社会保障等や老朽化に伴う施設改修費等が増加するほか,平成30年度普通交付税が不交付になるなど,自主財源の確保に努める必要があることから,受益者負担の見直しや収納率の向上を図るとともに,歳出節減やむだの排除等を徹底し,健全な財政運営に努めてまいります。  

つくば市議会 2019-02-28 平成31年 3月定例会−02月28日-02号

2点目、RPA活用による業務効率化推進事業の考え方と現状について。  3点目、委託事業や業務効率化推進事業による職員の配置についての考え方。  4点目、不祥事が多いわけでございますが、全不祥事の問題の要因と解決策。  5点目、文書保存業務の民間委託事業の考え方と概要。  6点目、コミュニティ棟活用事業の考え方。  

つくば市議会 2019-02-18 平成31年 3月定例会−02月18日-01号

働き方改革においても、全国の自治体で初めてロボティック・プロセス・オートメーション、RPAによる業務自動化の共同研究を実施し、対象業務において約8割の時間削減効果が確認でき、全国の自治体から多くの視察が来ています。  経済面では、スタートアップの設立から事業化、その後の成長を一環して推進するための「つくば市スタートアップ戦略」を策定するなど、つくば市のスタートアップ支援策が注目を集めました。  

ひたちなか市議会 2018-12-17 平成30年第 4回12月定例会-12月17日-02号

本年,つくば市では,職員の働き方改革と市民サービス向上の一環として,市役所業務にRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)パソコン自動処理を導入しています。RPAは,パソコン上でソフトウエアロボットが人にかわって自動的に情報処理などを実施するシステムで,市がNTTデータグループと共同で研究開発し,3カ月間の実証実験を,10月から一部の業務で本格導入を開始しました。

守谷市議会 2018-12-11 平成30年12月定例月議会−12月11日-02号

3)自主防災組織,運営について 15番 高 梨   隆 議員  1.道徳教育について 〔市長・担当部長〕   (1)市内小学校の道徳科の実施状況について   (2)道徳教育の理念と効果について   (3)道徳科の評価について 16番 渡 辺 大 士 議員  1.庁内業務の効率化について 〔市長・担当部長〕   (1)庁内業務の現状について   (2)働き方改革と業務の効率化について   (3)RPA

ひたちなか市議会 2018-12-11 平成30年第 4回12月定例会-12月11日-目次

    (5)おやつの提供について    12番 雨澤 正議員 …………………………………………………………………… 72     1.新市長の市政運営について ……………………………………………………… 72     (1)生涯いきいき安心の街について     (2)子育て世代に選ばれる街について     2.市役所業務の効率化について …………………………………………………… 73     (1)RPA

つくば市議会 2018-11-28 平成30年12月定例会−11月28日-01号

一方で、自治体でのSDGsの取り組みはまだ少なく、ブロックチェーンによるネット投票やRPAなど、つくばのSDGsと科学技術をつなげた取り組みに多くの関心を持ってもらいました。  今回の海外出張では、今後のつくば市運営につながるさまざまな学びと今後の連携に結びつく成果がありました。これらを生かして、世界のつくばにふさわしい取り組みを加速させて進めていきたいと考えております。  

常総市議会 2018-11-01 常総市:平成30年11月定例会議(第13回会議) 名簿

│ │    │           │2 RPA(ロボティック・プロセス・オートメーショ│ │    │           │  ン)の導入について問う            │ │    │           │ 1)住民登録や課税関連の職員のデータ入力にかかる作│ │    │           │  業時間は、年間に何時間かかっているのか。   

つくば市議会 2018-10-10 平成30年決算特別委員会−10月10日-03号

これは「RPA」と言いましたっけ、これを利用しているということについての業務改善ということなのかなと思うんですが、きょうの読売新聞にRPAのことが出ていまして、それで、使うに当たっては受け入れ側もIT関係について一定の知識、また、ITだけではなくて業務についての知識というものが兼ね備わってRPAが可能になるという記事が載っておりましたが、この内容について、もう少し詳しく教えていただいて、今後、どのようにこれが

笠間市議会 2018-09-20 平成30年第 3回定例会−09月20日-05号

次の質問に移りますけれども、RPA、ロボティック・プロセス・オートメーションといいますけれども、こういうものやAIに対する市の認識というのは、どこにも、とりあえず総合計画にもないですし、情報化基本計画の中にもありませんけれども、実証実験をやった成果も含めて、市としてはAIに対する認識はどのようにお持ちなんでしょうか。 ○議長(海老澤勝君) 総務部長中村公彦君。

つくば市議会 2018-09-11 平成30年 9月定例会−09月11日-02号

さらに、RPAの本格導入を目指し、年間約1,400時間の作業時間の削減による約370万円相当の時間外手当の削減が見込まれておりますが、来年度の人件費は、今年度と比べ約3億円アップするだろうとのことです。このような状況ですので、職員の定数管理、人件費等について、以下お伺いします。  (1)職員の定数管理はどのように定められているか。  

筑西市議会 2018-09-07 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月07日−一般質問−02号

では次に、今答弁の中にもありました、このRPAを活用した定型的で膨大な業務プロセスの自動化、これちょっと長くて済みませんけれども、ぴんとこない方も多いかと思いますので、改めて部長、このRPAというもの、これどういうものなのか説明していただけますか。 ○議長(金澤良司君) 稲見企画部長。 ◎企画部長(稲見博之君) RPAについてご答弁を申し上げます。  

つくば市議会 2018-06-29 平成30年 6月定例会−06月29日-05号

次に、議案第71号 平成30年度つくば市一般会計補正予算(第2号)の当委員会付託分の審査では、RPAソフトウエア使用料の概要について質疑があり、本年1月から4月にかけて、民間事業者とRPAの共同研究を実施した結果、導入効果が認められたため本格導入する。1年間のライセンス使用料でフル機能版と実行版、合わせて11基を10月から導入予定であるとの答弁がありました。  

つくば市議会 2018-06-25 平成30年 6月25日総務委員会−06月25日-01号

◆小野泰宏 委員  6ページですけれども、総務管理費、2点伺いますが、企画費の中の14番、情報化推進に要する経費、RPAソフトウエア使用料とありますが、この内容について。  それから16番、科学技術振興に要する経費、Society5.0ビジネス化推進補助金、当初の予算には計上されていたと思いますけれども、今回減額になった理由ですね。

  • 1
  • 2