488件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

ひたちなか市議会 2019-03-08 平成31年第 1回 3月定例会−03月08日-04号

また,保育以外の業務に従事する職員の活用や,煩雑な事務のICT化などに係る国の支援制度を活用し,保育士の負担軽減に努めております。  制度の円滑な活用に当たっては,民間保育所に対して個別に支援を行っているところです。  これら保育士の処遇改善や人材確保に向けた環境整備につきましては,国の責任のもと,全国一律に行われるべきものであると考えております。

ひたちなか市議会 2019-03-07 平成31年第 1回 3月定例会-03月07日-03号

国では,2018年度以降の学校におけるICT環境の整備方針を取りまとめ,2022年度までの教育のICT化に向けた環境整備5カ年計画を策定し,2020年度以降,小学校ではプログラミング教育が必須化されるなど,今後の学習活動において積極的にICTを活用することが想定されています。  

日立市議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会 目次 開催日:2019-03-06

…… 91       1 児童虐待防止の取組について        (1) DVについて        (2) 家庭内での体罰について        (3) 児童虐待の予防と家庭への支援について       2 学校給食について        (1) 学校給食費の保護者への負担について        (2) 滞納者への対応について        (3) 学校給食の無償化について       3 ICT

ひたちなか市議会 2019-02-27 平成31年第 1回 3月定例会−02月27日-01号

教職員の負担を軽減し,子どもたちに向き合う時間を確保するため,指導要録の作成や出欠管理,成績処理など,さまざまな校務をICTを活用して一元管理することで,効率化・高度化が図れる「統合型校務支援システム」を全小中学校に導入してまいります。  4つ目は,地域経済の活性化とにぎわいのあるまちづくりであります。  

つくば市議会 2018-12-21 平成30年12月定例会-12月21日-付録

────┘                  2番   小森谷 佐弥香 議員 ┌────────────┬─────────────────────────────┬──────┐ │   質 問 事 項   │         要          旨        │ 答 弁 者 │ ├────────────┼─────────────────────────────┼──────┤ │ ICT

ひたちなか市議会 2018-12-18 平成30年第 4回12月定例会−12月18日-03号

研修後,各校のICT推進教師が中心となって校内へ伝達し,教員への実技研修を行い,先行して授業を行う教員も見られるようになり始めたところでございます。  本市では,本年度導入した電子黒板やタブレットの操作,学習支援ソフトの活用についての研修を中心に実施しており,さらに来年度はプログラミング教育の研修を実施してまいりたいと考えております。  

守谷市議会 2018-12-12 平成30年12月定例月議会−12月12日-03号

守谷の子供たち,英語にもICTにも,すばらしい実績,成果を残し,その力を発揮しているわけであります。だとすれば,その基本になる国語の辞書についての使い方についても,やっぱり日本一になっていく必要があるかなと思いますし,ぜひ,そういうふうにしたいと思っております。  

土浦市議会 2018-12-10 平成30年 第4回 定例会-12月10日−02号

次に,ご質問の4点目,多言語対応,ICTの活用についてお答えいたします。  窓口等での多言語化の対応につきましては,外国人市民の方が,市役所に手続や相談などで来庁する機会が増えていますことから,各部署において推進を図っているところです。

結城市議会 2018-12-06 平成30年第4回 定例会-12月06日−02号

さらに,「情報化社会に対応できる子どもたちの育成」を目指し,校内の無線LAN整備やタブレット型PCを導入し,ICTを活用できる環境整備に取り組んでおります。  今後も,結城市総合教育会議において市長と教育委員会との連携強化を図り,地域の意見を教育に反映させ,子供たちのよりよい教育環境の実現に努めてまいりたいと考えております。  

つくば市議会 2018-09-28 平成30年 9月定例会−09月28日-付録

設置の状況                │      │ │           │  ウ 冷水器設置の状況                 │      │ │           │(3)既存施設の老朽化対策                │      │ │           │(4)学校等適正配置計画の見直し             │      │ │3 テレワークの環境推│ 現在、ICT

龍ケ崎市議会 2018-09-21 平成30年  9月定例会(第3回)-09月21日−06号

これは単純にタブレットや電子黒板の端末機器代金だけではなく,ICT支援員が支援ソフトの導入であったり,学校のネットワーク整備などの金額も含まれておりますが,ここで重要なのは,児童5人に1台の割合でタブレットを導入するという,この事務事業の効果を実現するために1億9,000万円の経費がかかっている。この事実です。平成28年度に導入した2校分を含めれば2億2,820万円もの導入経費です。