262件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日立市議会 2019-03-13 平成31年第1回定例会(第4日目) 本文 開催日:2019-03-13

平成31年度予算に計上いたしましたのは、FMひたちでの投票を呼び掛けるための経費や、路線バスの後部ガラスに貼る選挙期日等をお知らせするステッカーの広告料のほか、高校生に選挙への関心を高めてもらうために、平成25年の茨城県知事選挙から実施しております投票所に高校生有償ボランティアを配置するための経費、さらには、大学生への啓発・啓蒙を兼ねて、茨城大学工学部と茨城キリスト教大学の校内に期日前投票所を設置するための

日立市議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第1日目) 本文 開催日:2019-03-06

また、市報以外につきましても、市ホームページを始め、ケーブルテレビ、コミュニティFM、SNSなど多様な媒体を活用しながら、魅力的な情報をタイムリーに発信してまいります。  さらに、広聴機能では、引き続き市民の声を聴く機会を積極的につくるとともに、誰もが気軽に相談しやすい市役所づくりを目指し、各部門との連携によるワンストップ体制の更なる充実を図ってまいります。  

つくば市議会 2018-12-17 平成30年12月17日文教福祉委員会−12月17日-01号

◎秋葉 教育施設課長  これはFMファンヒーターの灯油を貯蔵しているタンクでして、消防法の改正によりまして、このままですと修繕か廃止かということになりますので、エアコンのほうも設置されたということですから、これを廃止するという方向で考えておりました。 ○橋本 委員長  山本委員。

日立市議会 2018-09-11 平成30年第3回定例会(第3日目) 本文 開催日:2018-09-11

まず、市民への情報発信ですが、市から各戸への情報伝達の基本としております防災行政無線について、今年度、ケーブルテレビ回線を介して、放送内容を戸別受信機で受信できるよう工事を行うなど、着実な運用を図っておりますが、これに加え、停電時でも、ラジオやスマートフォンなどで有効に情報を入手できる地域FM放送の更なる活用も進めてまいりたいと考えております。  

日立市議会 2018-09-10 平成30年第3回定例会(第2日目) 本文 開催日:2018-09-10

熱中症を予防するための市民への広報でございますが、防災行政無線やFMひたち、JWAYのL字放送などにより注意喚起を行ってまいりました。  そのほか、健診時に乳幼児への注意を促したり、暑さの指数を示す熱中症指標計の値を学校に通知し、児童生徒への周知を図っております。  

行方市議会 2018-02-27 平成30年  3月 定例会(第1回)-02月27日−02号

エフエムかしまあたりでも、やっぱり鹿嶋で働いてみませんか相談会みたいな形でFMで流しているような部分があって小耳に入ったんで、この辺も含めて確認させていただいたわけですけれども。  確かに、東京都内で26年度のアンケート調査なんか見ますと、本当に30代の若年層の方の大体東京在住者の4割くらいの方はもう移住を考えているという話が出ているみたいですね。そういう統計が出ているそうです。

古河市議会 2017-12-12 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月12日−一般質問−03号

FM会議の中では、ここでいろいろなことが議論されているのです。オイルまじりの土壌、コンクリートガラ等もあるので、その処理も念頭に置かなければならない。ここでは、積算見積もりがあり、約2,000万円。ガラ等の埋設物調査に3,000万円から3,500万円かかり、さらに処分費用が加わることになる、こういう説明が職員からされているわけです。

鹿嶋市議会 2017-12-06 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月06日−一般質問−02号

現在、体験型の返礼品で先ほどいろいろご説明あったかと思うのですけれども、FMかしまのパーソナリティーとか、手ぶらでバーベキューなどが用意されているようですが、鹿嶋ならではの体験ツアーとして、パワースポットめぐりや神の道めぐりなど、御朱印帳やふるさとガイドさんの案内つきでツアーを実施してはいかがでしょうか。パワースポットとしてのストーリー性は十分あり得ると思います。

高萩市議会 2017-10-19 10月19日-05号

それを補うべき緊急告知FMラジオ、いわゆる災害FMラジオの全世帯設置を求めてまいりました。しかし、市長は一貫してそれを拒んでまいりました。今後の重大災害時に備え、災害FMラジオの全世帯設置を改めて強く求めるものであります。 以上で、反対討論を終わります。 ○議長(田所和雄君) これをもって討論を終わります。

守谷市議会 2017-09-19 平成29年 9月定例月議会−09月19日-03号

情報伝達の流れでございますが,全国瞬時警報システム,Jアラートですが,武力攻撃等の際に住民が適切な避難を速やかに行うために,正確な情報を迅速に伝達することを目的としまして,弾道ミサイル攻撃に関する情報あるいは緊急地震速報,津波警報などの緊急情報を人工衛星等を通じまして全国の都道府県,市町村に送信し,自動起動のシステムを装備している自治体におきましては,消防行政無線,それから登録制のメール,コミュニティFM

古河市議会 2017-09-13 平成29年  9月 定例会(第3回)-09月13日−一般質問−04号

議員時代からFM、ファシリティマネジメントという言葉を何度も口に出させていただいておりますし、市長になってからもこの言葉は何度も職員に対してお話をさせていただいているところでございます。  行政の継続性ということも考えていかなければなりません。言いわけをするわけではありませんけれども、この契約、さかのぼってみたときに、自分自身がこういうことをやろうと思ったという問題でも何でもございません。

ひたちなか市議会 2017-09-12 平成29年第 3回 9月定例会-09月12日-03号

以前に議会でも提案させていただいておりますが,職員の政策課題研修でも取り上げられておりますコミュニティFMの設置について,もう一度考えてみてはいかがでしょうか。市では,茨城放送や水戸コミュニティFMと協定を結んでいるというお話がありました。これらの伝達機関はひたちなか市だけで独占できるものではありませんし,緊急事態に市民の安全を思い,我先にと思う周辺自治体,どこも同じであります。  

日立市議会 2017-09-11 平成29年第3回定例会(第2日目) 本文 開催日:2017-09-11

行政無線やケーブルテレビ、FMラジオ、インターネットなど、防災や災害の情報は市民の身近なところとなり、防災意識の向上にもつながるものと思います。  改めて、広報手段の強化について、2点お伺いします。  ア、防災や災害についての情報伝達体制についてです。  日中の大規模災害発生においては、市内企業への情報伝達によって、働く人たちの避難行動を的確に誘導し、避難をスムーズにするものと考えます。  

筑西市議会 2017-09-06 平成29年  9月 定例会(第3回)-09月06日−議案上程・説明−01号

参加者は、団体等への働きかけはせず、チラシの全戸配布と議会ホームページの掲載、登米コミュニティFM放送等で参加者を募っているとのことでした。  各地区の各種団体と共催で地域ごとにテーマを設定し、地域の意見を聞き、市民と議員が自由に情報や意見を交換する場として開催しているそうです。  両市の共通課題は、参加者が壮年男子に固定化してしまい、参加人数も少なくなっているとのことでした。

行方市議会 2017-06-16 平成29年  6月 定例会(第2回)-06月16日−04号

エリア放送だけではなく、防災無線、そしてFMかしまとの連携によって、今、FMとの情報の伝達、もしくはエリア放送においてはカーナビゲーションシステムや携帯電話等によりながらも見ることができるような環境を整えているところでございます。  3点目の政策としましては、「元気な行方になるための産業の充実」があります。  本市の基幹産業である農業、いわゆる第1次産業には大きなビジネスチャンスがあります。

守谷市議会 2017-06-14 平成29年 6月定例月議会−06月14日-03号

それでは,今回の一般質問は,1番目が,i−fm茨城放送について,2番目といたしまして,当市における財政運営について,二つの大項目に沿って質問をさせていただきます。  それでは最初に,1番目のi−fm茨城放送のFM守谷局開局についての質問をさせていただきます。  

守谷市議会 2017-06-13 平成29年 6月定例月議会−06月13日-02号

  (1)市保有施設の耐震改修の進捗状況はいかほどか   (2)耐震未改修施設の今後の改修計画はどうなっているか  2.住宅の耐震化率向上のための施策について 〔市長・担当部長〕   (1)民間施設の耐震改修の進捗状況はいかほどか   (2)住宅の耐震診断の促進についてどのように考えているか   (3)住宅の耐震改修の促進についてどのように考えているか 14番 渡 辺 秀 一 議員  1.i−fm