608件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

土浦市議会 2023-12-16 12月16日-02号

一方,議会では,茨城空港のアクセスを改善するべく,つくばエクスプレスを,以下Xと言います,茨城空港までの延伸を目指し,団結して取り組みを進めようと,同空港がある小美玉市と周辺の土浦,石岡,つくば,かすみがうら,行方,鉾田の各市の市議会正副議長が,平成30年5月7日に,X茨城空港延伸議会期成同盟会を発足させ,連携を強化し,国や県の要望活動などを加速させたいというものであります。

土浦市議会 2020-12-17 12月17日-03号

近年,我が国においては,人口減少少子高齢化IC社会進展経済グローバル化地球規模での環境問題の顕在化など,社会の大きな転換期を迎えているところであり,本市におきましても,全国の地方都市と同様,財政再建やインフラの整備地域商業活性化子育て支援,高齢化する社会安全性の確保,農業の振興,企業誘致等々,多くの課題に直面している状況であると認識しております。 

鉾田市議会 2020-12-16 12月16日-一般質問-02号

この会社と組んで、鉾田市としてはこういったものが企業誘致に向けて、あるいは新たな企業を促すためにはこういったことが必要ではないかということをちょっと次年度から予算化をして、調査研究、あるいは0年度ということで新たな取り組みをして、鉾田市ならではのそういった企業誘致農業と、具体的には今検討しているのは農業IC、農業ICT活用した新たなそういった雇用の創出、そういったものが取り組めないかというのをちょっと

鉾田市議会 2020-09-30 09月30日-委員長報告、質疑、討論、採決-06号

そのために本特別委員会を設置し、議会基本条例政治倫理条例等の条文の見          直しを初めIC技術活用など、幅広く調査研究することにより、議会改革          に取り組み、もって鉾田市議会基本条例の理念を具体化することを目的とする。 3、設置の期間 本委員会は、この目的が終了するまで閉会中においても継続調査することがで          きるものとする。 

筑西市議会 2020-09-25 09月25日-委員長報告・質疑・討論・採決-07号

なお、小中学校におけるIC環境整備につきましては、GIGAスクール構想等の国の整備方針に基づき、コンピューターや周辺機器などを計画的に更新し、児童生徒情報活用能力の育成に努めているところでございます。 以上でございます。 ○議長仁平正巳君) 説明を終わります。 質疑を願います。 21番 榎戸甲子夫君。          

小美玉市議会 2020-09-10 09月10日-03号

②として、今回行われました市民生活救済策、その多くが例えばGo oトラベルやGo o Eat、そしてプレミアム商品券などの対策、これは結局金持ち優遇対策になってしまっています。誰もが公平に支援される対策として交付税活用できない場合は、市の財政調整基金活用してはいかがでしょうか。お答えいただきたいと思います。 (5)点目です。

鹿嶋市議会 2020-09-09 09月09日-一般質問-02号

今後こういった施設取組を糸口に、施設だけではなく、在宅でのオンラインツール活用について、他の自治体民間事業者の先進的な取組を参考にしながら、ご質問にありました新しいつながり、新しいコミュニティーづくりへのIC機器アプリケーションソフトなどの活用に向け、研究、検討を進めてまいりたいと考えております。 

龍ケ崎市議会 2020-09-08 09月08日-04号

まず,一つ目として,臨時休校期間中のIC機器活用した運動に対する対策と,その課題を聞きたいと思います。いかがでしょうか。 ○鴻巣義則議長  松尾教育部長。     〔松尾健治教育部長 登壇〕 ◎松尾健治教育部長  お答えいたします。 臨時休業期間におきましては,文部科学省から日常的な運動としてジョギングや散歩,縄跳び等が奨励され,また,スポーツ庁からも様々な資料が提供されてきました。

筑西市議会 2020-09-08 09月08日-一般質問-04号

特に私のうちにも中学生と小学生がいますので、様子を見ていて、当時テレビなんかでは、このいわゆるIC、オンラインを使った授業の放映なんかもされて、ほかの自治体ですけれども。学校様子なんかも放映されて、それを見ておりまして、これ整備してある自治体整備されていない自治体では、相当これ長期間な休みになると差がつくなという思いを、うちの子供たちを見ていて、そう思ったわけでございます。 

龍ケ崎市議会 2020-09-07 09月07日-03号

これまでI推進とは別の流れで広がりを見せてきた道の駅や農産物直売所施設活用した直接販売への取り組み消費者と直接交流できる体験型農園観光農園取り組み,輸出への取り組み農地法等改正による規制緩和などに関連して推進されてきた異業種企業によるアグリビジネスへの新規参入分野等に含めた幅広いアグリビジネス全般において,スマート農業による新たな事業展開が予測され,今後もスマート農業推進は加速していくものと

筑西市議会 2020-09-04 09月04日-一般質問-02号

その1つ目ですが、先日の入札結果の中に、校内通信ネットワーク整備環境の件が出ておりましたが、従来の学校IC環境整備というのと、今回の新たな校内通信ネットワーク環境整備の違いをお聞かせ願いたいのと、あと契約の今後の流れ、これも伺いたいと思います。 あと質問席で伺います。 ○議長仁平正巳君) 三澤隆一君の質問に答弁願います。 小野塚教育部長

下妻市議会 2020-06-16 令和 2年 第2回定例会(第4日 6月16日)

現在では、家庭や周りの影響IC機器を抵抗なく使える児童生徒のほうが多い印象も受けますので、教師にはしっかりとしたICT研修も必要ではないかと思います。  以上を踏まえ、今後のオンライン学習に向けた取組についてお伺いいたします。  続きまして、2番、新型コロナウイルス影響大会中止を余儀なくされた子どもたちについて。

水戸市議会 2020-06-15 06月15日-02号

次に,学校におけるIC環境の現状と今後についてお答えいたします。 本市におけるIC環境整備につきましては,令和年度3月補正において,これまでの校内ネットワーク高速・大容量化するための予算を計上するとともに,令和年度当初予算において,令和年度目途児童生徒1人1台端末の実現に向けた予算を計上したところであります。 

大子町議会 2020-06-09 06月09日-03号

私のほうは、もう本当に上澄みだけの、私の理解されるような形での質問しかできないんですが、このIC情報通信技術という形での教育というのは、私のいわゆる小学校中学校時代高校時代も含めてなんですが、この環境ががらっと、本当に大きな環境が変わってくるという部分が、この拙い頭でも何か分かるような気がするんですが、これから大子町も確かに地方自治体一つとして、子供たち教育をより高度なものにしていく、それから