運営者 Bitlet 姉妹サービス
651件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-17 下妻市議会 平成30年 第4回定例会(第3日12月17日) 積極的な防虫消毒や除草作業が行われず、無農薬栽培として商品価値を創出していくものと考えられると思います。担当といたしましても、さまざまな経営スタイルを尊重しながらも、農業として独立した経営が成り立たない状態では事業本来の目的が達成できておりませんので、この点も加味しながら適正な指導が行われるよう努めてまいりたいと考えております。  以上です。 ○議長(原部 司君) 以上で答弁を終わります。   もっと読む
2018-09-18 笠間市議会 平成30年第 3回定例会−09月18日-03号 残留農薬の検査の費用ということですが、JGAPの場合2万5,000円、アジアGAP、グローバルGAP用ですと5万円の検査費用がかかるといわれております。 ○議長(海老澤勝君) 橋本良一君。 ◆7番(橋本良一君) 2万5,000円というのは、これはどういうあれなんですか。 ○議長(海老澤勝君) 産業経済部長古谷茂則君。 ◎産業経済部長(古谷茂則君) 残留農薬とか土壌の検査費用となっています。 もっと読む
2018-06-21 ひたちなか市議会 平成30年第 2回 6月定例会-06月21日-付録 ・京都府・地元JAとの連携として     〇共同出荷による産地規模の拡大(万願寺甘とう) 〇付加価値のある販売(一般産品と競合しない販売) 〇京野菜,GI表示等ブランド化,首都圏での発信 〇加工部門ごとの連携(6次産業化・農商工連携) 〇農家のこだわりを伝える販売(農村レストラン,低農薬栽培野菜で地産地消)     などを展開し,地域一体となって農業を維持していく。     もっと読む
2018-06-21 つくば市議会 平成30年 6月定例会−06月21日-04号 〔経済部長 篠塚英司君登壇〕 ◎経済部長(篠塚英司君) 学校、幼稚園、保育所、病院、公園等の公共施設、通学路、街路樹、住宅地に近接する農地、土地での除草剤、農薬に対する指導については、農薬取締法に基づき、農協の関係機関と連携し、除草剤、農薬の適正な使用の啓発を行っています。   もっと読む
2018-06-13 笠間市議会 平成30年第 2回定例会−06月13日-04号 学ぶ内容といたしましては、耕起、播種、生育管理、収穫までの一通りの生産技術、それから土壌改良、消毒、農薬に関する知識、出荷作業、生産の記録管理、販売流通にかかわる経営手法などもございます。また、畜産であれば、生産技術が飼育技術等に変わってきます。そのほか、トラクター等の重機の運転、それからパイプハウスの施設の建て方なども習っております。 ○議長(海老澤勝君) 野口 圓君。 もっと読む
2018-06-11 守谷市議会 平成30年 6月定例月議会−06月11日-03号 地域のものを地域で使っていく,例えば地域の方,大変努力して農薬を使わずにつくっているために,商品が少ししかとれなくて価格が高くなる,こういったものを支援するのもこのSDGsの考え方に合致しておりますし,日本において児童労働はないと思っているかもしれませんが,経済が貧困になっているために,学費のために中高生がアルバイトしなければいけないという貧困の問題,児童労働につながる問題もありますし,ポルノなどに もっと読む
2018-06-08 龍ケ崎市議会 平成30年  6月定例会(第2回)-06月08日−02号 これからもより新鮮で安全・安心な農産物などを消費者に届けることに加え,量販店等の農産品に比べ品質がよいこと,たつのこ産直市場でしか買えない農産物があるなど,付加価値を高めていきたいと考えており,7月には茨城県稲敷地域農業改良普及センターの協力を受けまして,農薬の防除履歴や生産履歴の記帳,秋・冬に向けた農産物の栽培講習及び品目の情報交換,いわゆる勉強会,講習会,そういったものの開催も予定をしております もっと読む
2018-06-06 筑西市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月06日−議案上程・説明−01号 特に米の減収に大きな影響を及ぼすイネ縞葉枯病については、本年度から茨城県においても農薬空中散布費用の一部を助成することが決定されました。同組合が取りまとめた本年度のイネ縞葉枯病への防除要望面積は、昨年度実施面積の約1.6倍となっており、航空防除による効果への期待が高まっております。 もっと読む
2018-03-16 守谷市議会 平成30年 3月定例月議会-03月16日-03号 そのものがなじまないと判断できるか 3番 山 田 美枝子 議員  1.子どもの健康調査 〔市長・担当部長〕   (1)福島第一原発事故後の子どもの甲状腺への影響   (2)近隣市町村の子どもの甲状腺検診   (3)守谷市の予定  2.守谷市の学校給食について 〔市長・担当部長〕   (1)地産地消をどのように実行しているか   (2)放射能検査の頻度と結果   (3)食材は国産が基本か,細菌検査,残留農薬試験 もっと読む
2018-03-14 結城市議会 産業・建設委員会(平成30年)-03月14日−01号 平成29年から30年に向けて多分2人くらいの方がまたかわって,やっと見つけていただいたというような状況でございますが,防除員というのは研修を受けまして,適正な農薬散布,農薬の取り扱いの講習を受けた方で,本来重要な方でございます。空中散布におきましては,使う農薬が8倍液という取り決めがありまして,10アール当たり0.8リットル,これも農薬法で散布する量が決まっていると聞いています。 もっと読む
2018-03-13 ひたちなか市議会 平成30年第 1回 3月定例会−03月13日-04号 本市が取り組んでいる特栽・特選は,減農薬,減化学肥料による特栽と食味等の基準をクリアする特選の2つが条件となっており,これらを達成するために,一般的な栽培と異なる技術や資機材が必要となります。  このことから,平成30年度においては,生産者の負担を軽減し,生産の拡大を図ることを目的に,特栽・特選の生産に必要な資機材導入等に対し,生産者団体を通じての補助を検討しているところです。   もっと読む
2018-03-12 ひたちなか市議会 平成30年第 1回 3月定例会-03月12日-03号 特徴は,大粒で炊飯性にすぐれ,農薬や化学肥料の使用が軽減されています。そして,トップブランド米「特選ふくまる」の生産は県内で唯一,本市において生産に取り組んでいるもので,将来の稲作の振興に期待が膨らみます。  そこで,「ふくまる」生産の実績と今後の普及・拡大の取り組みについて伺います。  3点目は,観光についてです。   もっと読む
2018-03-09 神栖市議会 神栖市議会 会議録 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月09日−05号 施設園芸につきましては、減農薬等の環境に優しい農業を支援し、安全・安心な農産物の生産を推進しております。また平成26年度から、施設園芸への新規就農者、夫婦1組に対して、農業次世代人材投資事業により支援をしております。   もっと読む
2018-03-07 つくば市議会 平成30年 3月定例会-03月07日-04号 ◎農業委員会事務局長(寺田好二君) 販売の現実性についてということでございますが、農業委員会ではどのように調査をしているのかということにつきましては、現在、何の農薬をどのようにしたかなど、販売に関係の深い栽培の作業日誌記録等の提出を求めておりますが、それ以前に販売計画書案というものが提出されております。 もっと読む
2018-03-06 石岡市議会 平成30年第1回定例会(第3日目) 本文 開催日:2018-03-06 農薬や減農薬の農産物を摂取することは、健康志向の高まりにつながることとなりますので、有機農業などの環境保全型農業を推進していきながら、生産者の拡大や直売所への出荷量を増やすなど、生産者と消費者を橋渡しする仕組みを充実させ、市民が利用しやすい環境づくりを、生産者やJA、直売所等と協力し、検討してまいりたいと考えております。   もっと読む
2018-03-06 筑西市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月06日−一般質問−04号 しかし、私は農薬防除だけでは完全ではないと考えております。  そこで提案ですが、種子を更新することにより、大病対策にも非常に効果があると思いますが、行政としては今後どのようなお考えを持ち、どのように進めて、このイネ縞葉枯病の克服を行っていくのかお尋ねしたいと思います。  まずは第1回目の質問を終わります。 ○議長(金澤良司君) 堀江健一君の1回目の質問に答弁願います。   もっと読む
2018-03-06 神栖市議会 神栖市議会 会議録 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月06日−02号 最後に、農薬による出荷停止の被害なども対象になるのかお伺いし、2回目の質問を終わります。 ○議長(藤田昭泰君) 佐藤節子議員の第2回目の質問に対する答弁を求めます。  教育長。      〔教育長 須田順子君 登壇〕 ◎教育長(須田順子君) 佐藤議員の2回目のご質問のうち不登校並びにプログラミング教育についてのご質問にお答えいたします。   もっと読む
2018-03-05 筑西市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月05日−一般質問−03号 そのようなことからも、出荷いただく農産物ごとに種や苗をまいた時期のほか、農薬や肥料等の使用に関して、生産履歴として提出していただく必要がございます。  以上でございます。 ○議長(金澤良司君) 2番 三澤隆一君。 ◆2番(三澤隆一君) よくわかりました。  あと最後、この部分なのですけれども、販売手数料、もしわかればお伺いしたいですが、お願いします。 ○議長(金澤良司君) 猪瀨土木部長。 もっと読む
2018-03-02 ひたちなか市議会 平成30年第 1回 3月定例会−03月02日-01号 また,米の新品種「ふくまる」については,農薬等を軽減した大粒のトップブランド米「特栽・特選ふくまる」の生産が県内で唯一,本市において取り組まれていることから,生産の安定と普及・拡大を促進するため,「ふくまる」栽培グループが行う資材等の整備に対する補助を新たに行います。   もっと読む
2018-02-27 石岡市議会 平成30年第1回定例会 資料 開催日:2018-02-27 そこで行政、JA、農業者  │        │ │   │       │  が無農薬或いは減農薬の農産物の生産を本格的  │        │ │   │       │  に目指せないか。                もっと読む