189件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

水戸市議会 2020-03-16 03月16日-02号

現在,日本原電安全性向上対策として,防潮堤設置場所周辺干渉物撤去地盤改良工事,格納容器圧力逃し装置建物設置に伴う試掘,高圧電源装置エリア埋設ケーブル等干渉物移設,国道245号線からの構内進入退出道路整備を進めています。東海村や周辺住民からは,本格的な工事が始まってきたとの受け止めとともに,日本原電から何の説明もないことに不安と不信が高まっています。 

笠間市議会 2020-03-10 令和 2年度予算特別委員会−03月10日-03号

1節報酬は、埋蔵文化財発掘調査試掘調査に伴います作業員報酬でございます。  続きまして、174ページをごらんください。  12節委託料は、これまで行ってきた笠間城跡の測量により得られたデータをもとにした業務委託でございます。  以上で説明を終わらせていただきます。 ○石松 委員長  田村泰之委員が着席をしました。  説明は終了いたしました。  これより質疑に入ります。  

鹿嶋市議会 2019-12-20 12月20日-委員長報告、質疑、討論、採決-05号

カーブミラーの基数と設置待ち状況保育所緊急確保事業費補助金及び安心子ども支援事業と神野4丁目における開発行為関係性当該関係行為に対する都市整備部教育委員会の関与の経過及び施工業者の入札の状況文化財保護法第93条の無届けによる事業実施の際の罰則規定有無小規模保育施設のニーズの有無開発許可申請時における埋蔵文化財包蔵地外であることの証明書添付必要性有無、竹林を伐採した際の埋蔵文化財試掘調査

筑西市議会 2019-12-02 12月02日-一般質問-03号

必要に応じては試掘も実施する、そういったことを行いながら、注意して進めてまいりたいと存じます。 以上でございます。 ○議長仁平正巳君) 9番 小島信一君。 ◆9番(小島信一君) 今回賠償金の支払いなのです。相手方が、買った方が、そこからごみを出すか出さないかという、そういう支援金ではなくて、賠償金なのです。ですから、市の責任を認めた。今の答弁ですと、今後はこうしたい、わかりました。

筑西市議会 2019-09-13 09月13日-議案質疑・委員会付託-07号

廃棄物の量2.7トンという新聞報道ございましたが、これは試掘場所から出た量でございます。ですので、それを試掘面積は32平米でございますので、全面積は532平米になりますので、全面積から廃棄物が出土すると仮定しますと、埋設相当想定量は45.2トンということで推計し、積算し、金額のほうを設定したものでございます。

東海村議会 2019-03-12 03月12日-03号

東海第二発電所における新規制基準対応工事に関し、本村が伺っておりますのは、例えば防潮堤の場合、干渉物調査試掘、整地作業など、できるところから進めているという程度のものでございまして、新規制基準適合性に係る審査以外のところで詳しい説明を受けているわけではありませんので、ご質問の時期等に関しましては、現時点では承知しておりません。 

結城市議会 2019-02-28 02月28日-02号

◆11番(稲葉里子さん) 30年に実施した試掘調査の結果について,城の内館跡は,試掘調査の結果,鎌倉時代堀跡などが結城家と密接な関係性があることが判明し,結城市の歴史と文化を考える上で欠かせない遺跡であることがわかったとして,12月の議会で答弁をいただきましたが,もっと詳しく知りたいので,出土品などの内容に記録・報告書などありましたら答弁していただきたいと思います。

鉾田市議会 2018-12-12 12月12日-03号

昨年度、茨城県において農地部山林部合わせて20ヘクタールですね、につきましては埋蔵文化財試掘調査を実施いたしました。その結果、埋蔵文化財は確認されなかったということを踏まえまして、今年度は上山鉾田工業団地に隣接する山林3.6ヘクタールにつきまして、上山鉾田工業団地調整池を利用してでの操業はできないかというような可能性調査を進めている状況でございます。 

龍ケ崎市議会 2018-12-06 12月06日-01号

歳出では,一般会計同様,職員給与費等補正を計上したほか,工業団地整備事業で,試掘調査により出土した住居跡地の本格的な発掘調査にかかる埋蔵文化財発掘調査業務委託費691万3,000円を新たに継続費に設定し,平成30年度分の委託料207万4,000円を新規計上しています。 次に,諮問第1号及び諮問第2号 人権擁護委員の推薦についてです。 

鉾田市議会 2018-09-06 09月06日-一般質問-02号

茨城県においては、昨年度鉾田西部工業団地可能性調査としまして、団地内にある山林及び農地約20ヘクタールについて埋蔵文化財調査試掘調査を行ったと、結果的には埋蔵文化財発見には至らなかったという状況になっております。 本年度については、3.6ヘクタール部分につきまして、上山鉾田西部工業団地調整池を使用することが可能かどうかの調査を実施する予定であるというふうに聞いてございます。 

稲敷市議会 2018-06-15 平成30年第 2回定例会−06月15日-04号

企業誘致推進室所管では、市内空き施設市内農産物などの地域資源を活用し、市内でのビジネス提案を公募評価し、補助率を決定する地域資源活用型産業創出支援事業に3,000万円の増額補正についてと、仮称・稲敷工業団地開発事業に係る埋蔵文化財試掘調査で発見された遺構区域絞り込みを行うための追加試掘調査費として、産業拠点地区開発推進事業に422万9,000円を増額補正することが説明されました。