373件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

筑西市議会 2024-06-12 06月12日-一般質問-05号

これは実証実験ということで、3年間実証実験をしようということで始まったばかりなのですけれども、その自転車を使用するのには、パソコンとかスマートフォン、それからアプリを使ってその会員登録が必要になってきます。やはりそういうふうな会員登録の仕方という部分が、いろいろな方に対して、使用するのにはちょっと不便があるのではないかなというふうに思うのです。

鉾田市議会 2023-05-30 05月30日-一般質問-02号

本市におきましては、他市に先駆け、類似のスマートフォン用アプリ鉾田市子育て支援アプリHUGくむほこたを平成29年4月から子育て支援の一環として既に運用しており、子育て世帯を中心に539ダウンロードの実績がございます。電子母子手帳と比較しても機能面共通部分が多く、利用者皆様からも市のイベント情報予防接種情報などを知ることができると好評をいただいております。 

筑西市議会 2021-12-04 12月04日-一般質問-05号

また、今年度中に作業が完了する見込みの事業といたしましては、子育て支援定住促進関係ホームページ充実子育て支援策の見える化、行政情報発信アプリ開発事業婚活事業充実、教育のまち推進事業の5事業でございまして、実施に向けて準備が進められている状況でございます。 次に、令和2年度から実施を予定しております事業は、出産祝金等事業地域創生学生交流事業の2事業でございます。

土浦市議会 2020-12-17 12月17日-03号

昨日,矢口議員のご質問でもお答えしたように,本市におきましては,防災行政無線や市のホームページのほか,安心・安全情報メールエリアメールヤフー防災アプリ,NHKデータ放送などを活用し,情報発信することとなりますが,防災行政無線で聞き取れない場合や,携帯電話パソコンを持たず,情報を入手できない方もいることから,情報伝達手段多重化多様化に努めているところであります。 

鉾田市議会 2020-12-16 12月16日-一般質問-02号

しかしながら、昨今の情報収集方法といたしましては、防災アプリなどの活用も考えられますので、担当部署と調整していきたいと考えております。 次に、急傾斜地崩壊危険区域の事後の調査対応につきましては、現地を確認し、状況などに応じて対応しております。以上でございます。 ○議長岩間勝栄君) 髙埜君。 ◆4番(髙埜栄治君) ありがとうございます。

筑西市議会 2020-11-29 11月29日-一般質問-02号

その中で、重点プロジェクト事務事業ですけれども、例えば重点プロジェクト魅力アッププロジェクトという中では、観光関係事業、あるいはプロモーションという形で筑西市の魅力発信事業2つ目としましては、安心安全のプロジェクトという形で、玉戸・一本松の整備事業、あるいは公共交通政策関係3つ目としましては、若者移住定住プロジェクトとしまして、先ほど議員さんがおっしゃいましたように、人口対策緊急プロジェクト

土浦市議会 2020-09-10 09月10日-03号

昨年9月の一般質問で,篠塚議長が「まちもんアプリの説明をされておりました。「まちもんアプリと同様のシステムで,愛知県の小牧市では,LINEで市の公式アカウントを友だち登録すると利用できる「まちレポこまき」というものを開設いたしました。このシステムは,トーク画面に道路の亀裂や陥没の写真,そして住所,地図画像を投稿すると,市の担当者に伝わり,応急処置が施されます。

筑西市議会 2020-09-06 09月06日-一般質問-02号

学校内のサポート、個別の教室もありますけれども、学校に来れる子はいいのですが、例えば学校とうちの間で悩んでいるときに、やっぱり飛び込めるような場所、そういったものもあればなというふうに私ちょっと考えたので質問させていただいたのですが、これは例えば長期的ないじめの場合に関係することなのですが、海外発アメリカ発なのですけれども、世界で6,000校、そして330万人が利用しているストップイットというアプリ

高萩市議会 2020-06-16 06月16日-03号

5月からは、妊婦や子育て中の保護者が御自分のスマートフォンで健診記録や子供の成長記録予防接種管理ができる電子母子手帳アプリを導入しました。6月からは、妊産婦が抱える悩みや孤立感の解消のため、助産師等専門家による相談支援、産前・産後サポート事業を開始して、妊産婦の方への支援をしております。 次に、新型コロナウイルス感染症対策で行っている妊産婦支援について申し上げます。 

水戸市議会 2020-06-16 06月16日-03号

また,議会の冒頭でも,サービス産業に特化した本市都市特性を踏まえ,選択と集中の考えの下,意欲ある観光関連事業者に対しましては,積極的に支援をするとの発言もなされております。 そこで,本市産業別就業者を見ても,第3次産業への就業者構成比で約7割を超えており,テレワーク等による在宅勤務の形態が増えたとしても,今後その傾向は大きく変化しないものと思われます。 

高萩市議会 2020-06-15 06月15日-02号

次に、議員から御提案のございました体調管理アプリについてでございます。 児童生徒健康状態を一斉に把握できることにおきましては、大変有効なアプリであると思います。本市での導入につきましては、保護者スマートフォン所持率の把握やアプリ活用における効果、教員の負担軽減などについて調査研究をしてまいりたいと考えております。 

高萩市議会 2020-06-03 06月12日-01号

この事業は、進学のために市外に居住している学生等市内事業者支援するため、高萩産の米や野菜、市内商業者加工品などの地元産品を「ふるさと高萩からの応援箱」として学生皆様へお届けするもので、5月27日より観光協会ホームページにて募集を開始しております。6月10日現在、99件の応募があり、順次発送を行っております。 

下妻市議会 2020-03-23 令和 2年 第1回定例会(第5日 3月23日)

観光、産業振興では、6次産業化により生まれた特産物及び農畜産物について県内外はもとより、海外でも販売促進を行う予算を配置するなど、PR活動に力を入れている様子がうかがえます。  生活、環境の分野では、既存の地域防災計画を全面改訂する事業に加え、災害時に大きな役割を果たす防災アプリを初めとした新たな情報伝達手段整備を進めており、ソフト、ハードの両面から災害に強いまちづくりを目指しています。