2841件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

水戸市議会 2021-03-24 03月24日-05号

特に昨年9月,水戸市議会県中央広域水道の受水契約見直しを求める意見書全会一致で可決し,知事に提出するという画期的な出来事がありました。市は,この意見書可決を受けて,県との契約見直し協議を直ちに開始すべきでした。しかし,議会意思を全く取り合わず,例年どおり受水費1億4,210万円を予算化するなど,到底認めることはできません。

鉾田市議会 2021-03-23 03月23日-委員長報告、質疑、討論、採決-06号

このほか来年度事業における新鉾田駅周辺再編整備事業充実に関する討議や今後の衆議院議員選挙知事選挙市長選挙実施に当たり、投票所設置箇所の問題について討議を重ねました。投票所設置箇所の問題について、投票所設置箇所が大幅に減ったことにより、高齢者だけでなく、投票所が自宅から遠くなってしまった市民にとっては、投票所への足が遠のくではとの指摘がありました。

土浦市議会 2021-03-23 03月23日-05号

また,全国知事会,全国市長会全国町村会の3会長も連名で緊急提言を発表しました。さらに,少人数学級実現を求める意見書は,25都道府県を含む多くの地方議会で採択されています。 これらの動きをうけて,政府は昨年末,ついに公立小学校での段階的な35人学級の導入を決めましたが,実現には5年もかかります。35人学級を早急に実現するとともに,さらなる少人数学級実現を望みます。 

下妻市議会 2021-03-22 令和 3年 第1回定例会(第5日 3月22日)

全国知事会でも国保税を引き下げられるように、国の負担金を1兆円増やすことを国に求めています。  下妻市においては、当面は一般会計からの国保特別会計への法定外繰入額を増やして、高過ぎる国保税を引き下げることを求めます。資格証明書は交付されても、医療機関にかかれません。資格証明書交付を中止して、国保加入世帯には保険証を交付していただきたい。市民の命と健康を守れる市政を求めます。  

つくば市議会 2021-03-19 令和 3年 3月定例会-03月19日-付録

しかし、保育所学童保育所などは対象外なの│      │ │ について      │で、知事会も国に要請しています。            │      │ │           │ コロナ禍でも休まず父母を支える保育所学童保育現場従│      │ │           │事者に市独自で慰労金を支給する考えは。         

つくば市議会 2021-03-19 令和 3年 3月定例会-03月19日-06号

県南でも一番大きい自治体でもありますし、様々な施設も抱えておりますので、ぜひ知事には、国とともに積極的に、県内のこういった施設方たちの定期的な検査をしていただきたいという思いで、今回はこの意見書を提出した次第です。どうぞよろしくお願いいたします。 ○議長小久保貴史君) これより質疑に入ります。  順次、質疑発言を許します。                   

石岡市議会 2021-03-18 令和3年第1回定例会(第7日目) 本文 開催日:2021-03-18

日本共産党は、全国知事会、全国市町村長会と共に、国に対して1兆円の国費国保に投入して、均等割、平等割をなくして、国保税協会けんぽ並みに抜本的に下げるように求めています。とりわけ、速やかに子育て方針に反する子どもの数に応じてかかる均等割額廃止し、減額すべきです。石岡市独自でも、国保会計内でのやりくり、さらには財政調整基金の一部を取り崩すなどして、一般会計からの繰入れを増やせば可能です。  

筑西市議会 2021-03-18 03月18日-委員長報告・質疑・討論・採決-07号

知事はこの状況で何も対策をしないと、4月中旬に第4波が来る可能性がある。一度意識を高めてほしいと言っております。そうした意見がある中で、筑西市に対するコロナ予算県支出金はゼロ円であります。筑西市コロナ対策補正予算はほとんどが国庫支出金です。検査でも医療支援でも事業者への補償でも、ほとんどが国の施策の範囲内です。

古河市議会 2021-03-18 03月18日-一般質問-05号

私も15日に針谷市長にも申入れをさせていただきましたが、16日には日本共産党茨城県議団大井知事要請を行っています。15日の突然の要請では針谷市長に時間を取っていただき、ありがとうございました。改めてお礼を申し上げさせていただきます。 緊急要請では、新型コロナウイルス感染症封じ込めのために3点について要請をさせていただきました。

水戸市議会 2021-03-17 03月17日-04号

まず,茨城県の状況について見てみますと,大井知事による企業誘致動きが加速し,県外企業立地件数工場立地面積等,非常に好調です。2019年県内工場立地面積は150ヘクタールで全国第1位,交通インフラ充実を背景に,特に県南県西エリアへの立地が増えているほか,工業団地価格引下げなどの効果により県全域で引き合いが増加しています。 

守谷市議会 2021-03-15 令和 3年 3月定例月議会-03月15日-03号

その中で,第2項を簡単に説明しますと,都道府県知事等指定都市市長には内部統制に関する方針策定等が義務づけられました。その他の市町村長に関しては,長には方針を定め,必要な体制を整備するよう努めなければならないとしてあります。要は積極的に努力するか,消極的に努力するか,何もやらないか,これはもう全て長にお任せするというものでございます。  

笠間市議会 2021-03-15 令和 3年第 1回定例会-03月15日-04号

しかし、その後、茨城県の大井知事周辺市長は、実行ある避難計画ができない限り再稼働は認められないとし、実効性のある避難計画の設定が再稼働の要件の一つとして重要な位置を占めていることになりました。裏を返せば、計画ができれば再稼働を認めると受け取れることができます。したがって、実効性のある避難計画が本当にできるのか、できたのか。市民がみんなで、真剣に検討し、考え、判断する必要があります。  

ひたちなか市議会 2021-03-12 令和 3年第 2回 3月定例会-03月12日-04号

大井知事が,避難計画は策定不可能であり,試運転も実施を認めないという意向を示したことは重要です。  大谷市長は,課題が山積みで実効性のある避難計画ができない段階での再稼働の判断について,どのようにお考えでしょうか。 ○鈴木一成 議長  大谷 明市長。          〔大谷 明市長登壇〕 ◎大谷明 市長  山形議員の,東海第二原発に関するご質問にお答えいたします。  

石岡市議会 2021-03-11 令和3年予算特別委員会(第5日目) 本文 開催日:2021-03-11

ですから、日本共産党全国知事会、全国市長会とともに、国に対して1兆円の国費国保に投入して、均等割、平等割をなくして、国保税協会けんぽ並みに抜本的に下げるように求めています。とりわけ、速やかに子育て方針に反する子どもの数に応じてかかる均等割額廃止、減額すべきだと主張しております。