518件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

石岡市議会 2019-06-19 令和元年予算特別委員会(第5日目) 本文 開催日:2019-06-19

次に、クライシス監理官報酬ということで235万6,000円が計上されておりまして、いろいろと議論されましたけれども、私も不法残土の問題では、いろいろ現場に行ったり、住民の意見を聞いたり、また担当者、生活環境部の方々がどんな状況、人員の中でどんなふうなことでやっているのかということをいろいろと見たり聞いたりしていく中では、その中で周辺の、ここでは小美玉とかつくばとか土浦とかというふうにこの間言われましたけれども

石岡市議会 2019-06-11 令和元年第2回定例会(第3日目) 本文 開催日:2019-06-11

次に、質問項目第3、残土埋め立て問題についてお伺いをいたします。  この問題は、石岡市内でも、最近でも大砂の工業団地の中における残土埋め立て問題、また少しさかのぼれば、小桜、川又における残土問題、そして、これから取り上げてまいります柿岡字高山地区の残土埋め立て問題、石岡にとって大変大きな問題でございます。

石岡市議会 2019-06-04 令和元年第2回定例会 資料 開催日:2019-06-04

──────────────┼────────┤ │ 6 │19番    │3 都市計画法石岡市土砂等による土地埋立て  │市     長 │ │   │岡 野 孝 男│ 等の規制に関する条例の整合性について      │担 当 部 長 │ │   │       │ (1) 都市計画法を利用して建築物の申請をして開  │        │ │   │       │  発許可を受けてしまえば残土条例

下妻市議会 2019-03-20 平成31年 第1回定例会(第5日 3月20日)

審査の中で、今回の改正により北大宝地区で発生した不適正残土事案は防止できるのかとの質疑に対し、執行部より、土地の形質の変更を伴う一時堆積について制限することにより、樹木の伐採、地山の掘削や傾斜地の切り土、盛り土を伴う場合は許可が必要となり指導ができるようになることから、有効な改正であるとの答弁がありました。  

笠間市議会 2019-03-18 平成31年第 1回定例会−03月18日-06号

次に、議案第33号 笠間市土砂等による土地埋立て等の規制に関する条例の一部を改正する条例についてでは、条例改正の背景や目的について質疑に対し、今後、東京オリンピック・パラリンピック東京リニア新幹線等の開発に伴い発生する残土の不適正な搬入に対する規制強化を目的の一つとしており、県内の自治体の状況等も踏まえて改正するものであるとの答弁がありました。  

石岡市議会 2019-03-13 平成31年予算特別委員会(第5日目) 本文 開催日:2019-03-13

所管といたしましては、全国、県内の各方面において、近年、悪質事業者等により不適正残土及び不法投棄等の事案が多発している現状から、一部に凶悪な行為も見受けられ、警察OB職員を配置する必要性を感じまして、任用することによりまして、行為者等への指導の強化はもとより、警察署や各方面に配置されている警察OBの方々との強いパイプによる連携で迅速な対応が図られるものと、警察官OBに限定し、任用をお願いしたところでございます

石岡市議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会 資料 開催日:2019-02-26

│        │ │   │       │2 残土条例の見直し、強化について        │市     長 │ │   │       │ (1) 残土条例及び開発行為での残土(ストック土  │担 当 部 長 │ │   │       │  は含まない)の搬出元を隣接市町村に限ること  │        │ │   │       │  が出来ないか。                

稲敷市議会 2019-02-26 平成31年第 1回定例会−02月26日-01号

│       │ │     ├─────────┼───────────────────┼───────┤ │     │2.残土不法投棄に│ 「稲敷市土砂等による土地埋立て等の│市長     │ │     │ ついて     │規制に関する条例」が平成29年9月29日か│担当部長   │ │     │         │ら全面改正・公布され、これで稲敷市には│       │ │     

守谷市議会 2018-11-05 平成30年11月 5日都市経済常任委員会−11月05日-01号

これは茨城県ガイドライン,並びに仮にこの土地を埋め立てて行うといった場合に,現在当市の残土条例等の対象面積も500平米以上であるということから,整合性がとれるものと判断いたしました。 ○寺田 委員長  高梨委員。 ◆高梨隆 委員  そうすると500平米以上ということだと,それ以下だと,例えば480平米だとしたら,別に,この条例は該当しないというふうに考えていいんですか。

つくば市議会 2018-10-12 平成30年決算特別委員会-10月12日-05号

5番、不適正残土についてなんですけれども、これは地区でいいますと、西高野、水守、池田、高崎の4地区で、内容は不適正な埋め立て行為ということになります。これについては指導に当たっているんですけれども、改善までには、実際ところ、まだ至っていないのが正直なところでございます。 ○小久保 委員長  橋本委員。

笠間市議会 2018-09-21 平成30年第 3回定例会−09月21日-06号

次に、道の駅整備推進課所管においては、建設使用する土の搬出元はどこか、また、駅長候補者の年間報酬額についての質疑があり、残土は旧笠間市役所跡地にストックしている約3,000立方メートル及び茨城県建設技術管理センターが管理しているストックヤードから約2万5,000立方メートルを搬出する予定である。また、駅長候補者の年間報酬額については、約700万円を上限と考えているとの答弁がありました。  

龍ケ崎市議会 2018-09-21 平成30年  9月定例会(第3回)-09月21日−06号

また,委員から「不法投棄対策事業について,悪質な不法投棄や残土の埋め立ての通報が多く寄せられているので,強化していくということで10月以降から予算を措置するということですけれども,どういった対応をしているのか教えてください」との質疑があり,執行部から「7月1日から,嘱託員1名の雇用を開始しております。

下妻市議会 2018-09-19 平成30年 第3回定例会(第4日 9月19日)

この事案は、北大宝、熊野神社西側土地を取得した事業者が残土条例適用除外の範囲であると偽り、山林の土砂を削り搬出し、市外より不適切な土砂を搬入したものであります。7月末にはほぼ完了しています。事のてんまつと今後の予防改善策について伺います。  以上で一般質問を終わります。明確なる回答をお願いいたします。 ○議長(原部 司君) 答弁を求めます。

結城市議会 2018-09-14 決算特別委員会(平成30年)-09月14日−03号

いつから公園ができるのかというご質問でございますが,現在,公共残土を搬入するという工事を着手いたしました。結城市土地になったことによりまして,土砂の搬入が可能になったわけでございます。  それから,全体的な公園ということになりますと,平成28年3月に山川不動尊あやめ園整備基本計画というものを作成してございます。