328件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

石岡市議会 2019-12-12 令和元年第4回定例会(第5日目) 本文 開催日:2019-12-12

上曽地区、南山崎地区においても、多数のダンプが搬入している状況から、500平米未満の段階から、説明という形で残土条例の説明をして、様子を見ていたわけでございますが、新しい条例改正によりまして、下限値を撤廃することによりまして、もう最初の1台で、もしダンプが搬入している状況がわかり次第、今度は強い姿勢で、指導という形で残土条例について説明ができるものと思っております。  

石岡市議会 2019-12-09 令和元年第4回定例会(第2日目) 本文 開催日:2019-12-09

指導しているさなか、正式な建築確認申請に基づく確認済証が交付されたことから、当該条例の適用除外として対応しておりますが、残土の搬入量が多いことから、引き続き監視を行うほか、周辺環境への影響についても注視し、不備があれば改善を求めてまいりたいと思います。  以上でございます。

石岡市議会 2019-12-03 令和元年第4回定例会 資料 開催日:2019-12-03

1.議案第119号               │市     長 │ │   │櫻 井 信 幸│   石岡市土砂等による土地埋立て等の規制に │担 当 部 長 │ │   │       │   関する条例の全部を改正する条例を制定する │        │ │   │       │   ことについて               │        │ │   │       │ (1) 今回の残土条例

下妻市議会 2019-11-15 令和元年 第4回定例会(第4日11月15日)

現在、北台川は、上流部において河川改修工事を実施していることから、改修に伴い発生した残土を利用し、最下流の上妻排水樋管付近から堤防のかさ上げを実施しているとのことでございます。  また、尻手排水樋管につきましては、国土交通省下館河川事務所によりますと、鬼怒川緊急対策プロジェクトに関連した改築の予定はないとのことでございます。  

下妻市議会 2019-11-14 令和元年 第4回定例会(第3日11月14日)

件数確認の方法に│     │ │     │       │           │    ついての問題点      │     │ │     │       │           │(6) 避難所のエアコン設置につい│     │ │     │       │           │    て            │     │ │     │       │           │(7) 残土問題

常総市議会 2019-08-01 常総市:令和元年8月定例会議(第12回会議) 本文

実は前回、茂田議員、過去においては石川栄子議員質問しておりますが、現在都市エリアだけではないですね、農地エリア、これを埋め立てているのがつくば市の残土であるというようなお話がありました。埋め立てに使っている土をどこから持って来ているかという場所も特定をされています。前回、副市長の答弁では、県もオーケーを出しているから大丈夫だ、こういうお話でした。

つくば市議会 2019-06-28 令和 元年 6月定例会-06月28日-付録

早期に認可園を目指│      │ │            │  すための市独自の制度や無償化への対応については独自の条│      │ │            │  例が必要と考えるが見解は               │      │ │4 残土問題について  │ 残土の受け入れには届け出が必要であり、県外の受け入れは認│生活環境部長│ │            │めないことになっているが、

石岡市議会 2019-06-19 令和元年予算特別委員会(第5日目) 本文 開催日:2019-06-19

次に、クライシス監理官報酬ということで235万6,000円が計上されておりまして、いろいろと議論されましたけれども、私も不法残土の問題では、いろいろ現場に行ったり、住民の意見を聞いたり、また担当者、生活環境部の方々がどんな状況、人員の中でどんなふうなことでやっているのかということをいろいろと見たり聞いたりしていく中では、その中で周辺の、ここでは小美玉とかつくばとか土浦とかというふうにこの間言われましたけれども

つくば市議会 2019-06-19 令和 元年 6月定例会-06月19日-03号

最後に4項目め、残土問題について伺います。  残土の受け入れについては、条例を改正し、基本的には届け出が必要であり、県外の受け入れは認めないことになっていました。ところが、これを無視した悪質な残土の持ち込みが行われています。監視の目を逃れた悪質なトラックによって、今、無法状態となっています。そこで、2点質問をいたします。  

石岡市議会 2019-06-11 令和元年第2回定例会(第3日目) 本文 開催日:2019-06-11

次に、質問項目第3、残土埋め立て問題についてお伺いをいたします。  この問題は、石岡市内でも、最近でも大砂の工業団地の中における残土埋め立て問題、また少しさかのぼれば、小桜、川又における残土問題、そして、これから取り上げてまいります柿岡字高山地区の残土埋め立て問題、石岡にとって大変大きな問題でございます。

稲敷市議会 2019-06-07 令和 元年第 2回定例会−06月07日-03号

質問の第1項目め、残土の不法投棄についてでございます。  しばらくとまっていました圏央道アクセス道路入り口の残土不法投棄、またここにきてダンプが目撃され、盛り土も動かされている形跡が見られております。  第1回定例会の私の質問に、概略、次のように答弁されておりました。  平成29年9月29日に、土砂等による土地埋立て等の規制に関する条例、全面改定してから新たな許可申請は1件もない。

石岡市議会 2019-06-04 令和元年第2回定例会 資料 開催日:2019-06-04

──────────────┼────────┤ │ 6 │19番    │3 都市計画法石岡市土砂等による土地埋立て  │市     長 │ │   │岡 野 孝 男│ 等の規制に関する条例の整合性について      │担 当 部 長 │ │   │       │ (1) 都市計画法を利用して建築物の申請をして開  │        │ │   │       │  発許可を受けてしまえば残土条例

下妻市議会 2019-03-20 平成31年 第1回定例会(第5日 3月20日)

審査の中で、今回の改正により北大宝地区で発生した不適正残土事案は防止できるのかとの質疑に対し、執行部より、土地の形質の変更を伴う一時堆積について制限することにより、樹木の伐採、地山の掘削や傾斜地の切り土、盛り土を伴う場合は許可が必要となり指導ができるようになることから、有効な改正であるとの答弁がありました。  

笠間市議会 2019-03-18 平成31年第 1回定例会−03月18日-06号

次に、議案第33号 笠間市土砂等による土地埋立て等の規制に関する条例の一部を改正する条例についてでは、条例改正の背景や目的について質疑に対し、今後、東京オリンピック・パラリンピック東京リニア新幹線等の開発に伴い発生する残土の不適正な搬入に対する規制強化を目的の一つとしており、県内の自治体の状況等も踏まえて改正するものであるとの答弁がありました。  

石岡市議会 2019-03-13 平成31年予算特別委員会(第5日目) 本文 開催日:2019-03-13

所管といたしましては、全国、県内の各方面において、近年、悪質事業者等により不適正残土及び不法投棄等の事案が多発している現状から、一部に凶悪な行為も見受けられ、警察OB職員を配置する必要性を感じまして、任用することによりまして、行為者等への指導の強化はもとより、警察署や各方面に配置されている警察OBの方々との強いパイプによる連携で迅速な対応が図られるものと、警察官OBに限定し、任用をお願いしたところでございます