579件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

石岡市議会 2019-03-12 平成31年予算特別委員会(第4日目) 本文 開催日:2019-03-12

そのような中、現在、少子高齢化が進む中、家族化の進行や地域のつながりが希薄化しており、就労形態の多様化など、子育てをめぐる環境が大きく変化している現状であります。また、子ども同士や親以外のたくさんの人たちのかかわりが少なくなるとともに、育児への不安感や負担感の増大、育児の孤立などが課題になっている状況にあります。  

ひたちなか市議会 2019-03-07 平成31年第 1回 3月定例会-03月07日-03号

次に,消費対策についてであります。  まず,今回の消費について疑問点を挙げてから,その対応について質問をさせていただきます。  消費の性質から公平感を出すとの話もされているのですが,現実には地方から一極集中へのステップであり,首都圏へお金が流れ込んでいくシステムであると考えております。  例えば,国立大学であります東京大学ですが,もちろん出先機関は地方にもあるのですが,主に東京にあります。

下妻市議会 2018-12-18 平成30年 第4回定例会(第4日12月18日)

見直しについてちょっと気になるところでして、来年10月に消費が上がる予定になっております。食品については消費はかからないような報道がなされておりまして、実際上がらないのだと思いますが、食品をつくるにはいろんな経費がかかります。運送費であったり資材費であったり、さまざまなものが当然食品に乗っかってきます。10月には恐らく食品の値段は私は上がるんじゃないかなと思っております。

ひたちなか市議会 2018-12-17 平成30年第 4回12月定例会-12月17日-02号

税目ごとでは,個人市民,固定資産においては当初予算額を確保できる見込みである一方,法人市民,市たばこにおいては,当初予算額より減額となる見込みであり,市全体では当初予算額を若干下回る見通しとなっております。  次に,3項目めの2019年度予算編成の基本的な考え方についてお答えいたします。

守谷市議会 2018-12-12 平成30年12月定例月議会−12月12日-03号

以前は,燃料としての林,防風,防火の役目として屋敷周りに樹木が多く植えられていましたが,民有地の開発,近隣からの落ち葉のクレーム等などにより,樹木が多く伐採され,緑が多いまちのイメージは後退していると思います。  市として緑の保全に力を入れていますが,そこで質問いたします。市で指定している天然記念物,保全緑地,保全指定樹木などはどのくらいあるのか,お願いいたします。

笠間市議会 2018-11-12 平成30年第 4回定例会−11月12日-03号

家族化はもちろんのことですが、地域社会そのものが今崩壊しています。形上、一つの行政区があったりしますが、実際は隣人でトラブルがあったりとか、そういうことはもう現実です。実は私の隣、お嫁さんに来た人、よくわからない。子供がいたんだけれども、よくわからないというような人っていっぱいいるんですよね。

稲敷市議会 2018-11-08 平成30年第 4回定例会−11月08日-02号

支援の主な内容でございますが、1号認定児では、住民所得割額7万7,100円以下の世帯で、第3子以降を無料に、7万7,101円以上の世帯で、小学校3年生以下の子供から数えて第3子以降を無料に、2号認定児では、住民所得割額5万7,700円未満の世帯で、第3子以降を無料に、5万7,700円以上の世帯で、小学校入学前の子供から数えて第3子以降を無料に、3号認定児では、住民所得割額16万9,000円未満

つくば市議会 2018-09-28 平成30年 9月定例会−09月28日-05号

議案第101号 つくば市条例の一部を改正する条例についての審査では、再生可能エネルギーの固定資産の控除率についての質疑があり、発電設備に対する課税額が低くなることは、つくば市環境モデル都市行動計画SMILeに掲げる取り組みを推進する事業者に対するインセンティブになるため、その特例率を採用するとの答弁がありました。  

笠間市議会 2018-09-19 平成30年第 3回定例会−09月19日-04号

大項目3、市の還付についてお伺いをいたします。  平成29年度の市還付金2,420万円についてお尋ねしたいと思います。この金額は、市における過年度分の過誤納金等を還付した金額でありまして、固定資産、個人市・県民、それから法人の市民、そして軽自動車とされるが、それぞれの主なものはどのようなものなのかお伺いしたいと思います。 ○議長(海老澤勝君) 総務部長中村公彦君。

守谷市議会 2018-09-14 平成30年 9月定例月議会−09月14日-03号

家族がふえている中,ファミリーサポート,本当にサポーター,みずき野のご近所の方行かれているのですよね。そういうのを考えますと,あっちのほうは交流プラザのほうは遠いなとか思うわけで,ぜひとも子育ての多い東口につくっていただきたいと思います。以上で私の一般質問を終わります。 ○議長(梅木伸治君) これで高梨恭子君の一般質問を終わります。  次,通告順位8番,市川和代君,登壇を願います。  

神栖市議会 2018-09-13 神栖市議会 会議録 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月13日−02号

また、奥野谷浜工業団地では、この10月に石炭と木質燃料を使用する発電事業としてかみすパワー株式会社が操業を開始することになっており、現在試運転を行っているところでございます。さらに、波崎地区ではJRE神栖バイオマス発電合同会社が、奥野谷浜工業団地では大林神栖バイオマス発電株式会社がそれぞれ木質燃料による発電事業を目的に立地を決定しており、現在操業に向けて建設工事を行っているところでございます。  

土浦市議会 2018-09-11 平成30年 第3回 定例会-09月11日−03号

なお,委託金額につきましては,ごみの種類,量,集積場の位置や数などを基に,収集運搬業務に必要な車両の台数や燃料費,人件費等の設計を行い算出しております。市が収集運搬する家庭ごみのうち,燃やせるごみ,生ごみ,プラスチック製容器包装の収集運搬につきましては,平成27年度から31年度までの5年間の長期継続契約を取り交わしていることから,今年度も引き続き業務を委託しております。

龍ケ崎市議会 2018-09-06 平成30年  9月定例会(第3回)-09月06日−02号

高齢化率が激増の中,家族化が進み,独居の高齢者や施設入所者の高齢者が増えております。独居高齢者が増え,多死社会が目前に来ております。厚生労働省によると2016年,年間死亡者数は約131万人,国立社会保障・人口問題研究所の推計では2025年に約150万人,2040年には約167万人が死を迎える見込みだそうです。  そんな中,誰にもみとられず,長期間発見されないような孤独死の増加も懸念されます。

つくば市議会 2018-06-20 平成30年 6月定例会−06月20日-03号

一つ目が、平成29年度、昨年度から文部科学省、総務省が「第5次学校図書館図書整備等5か年計画」に伴う地方財政措置で、学校図書館の新聞配備に向けた自治体に配分する地方交付が倍増されました。倍増でございます。国として、学校図書館に新聞配備が必要、大切との考えのもとかと感じます。  

神栖市議会 2018-06-14 神栖市議会 会議録 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月14日−03号

次に、RDFの現状についてのお尋ねでございますが、神栖市及び鹿嶋市で発生する可燃ごみは、鹿島地方事務組合が管理する鹿嶋・波崎RDFセンターで固形燃料化され、神栖市内の鹿島共同再資源化センターにおいて発電用の助燃材として有効利用されております。  しかし、RDFセンターは、供用開始から約16年以上が経過した施設となっていることから、主要機械設備の老朽化が目立つようになってきております。

笠間市議会 2018-06-14 平成30年第 2回定例会−06月14日-05号

これは室長に答弁ということではありませんので、ただ、交流事業のはやはり菊まつりということがありますので、これは官だけではなく民も含めて、それも市民、いろいろな方がみんな努力をしないといけないなと思いますので、交流ということをきっかけに、自分たちで見直して、さらにラール市の菊事業を新しい面を参考にいただきたいと思います。