3015件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

土浦市議会 2027-06-11 06月11日-03号

この事業では,道路新設改良事業のように路線としてまとまった整備が困難な場所であっても,個々に申請していただくことで,市の道路用地として後退地を受け入れ,道路幅員の確保をすることで,狭隘道路の解消を随時図っているところでございます。実績につきましては,平成28年度には21件,平成29年度には23件,平成30年度には38件の受け入れを行っております。

鉾田市議会 2025-05-31 05月31日-一般質問-03号

当市は、以前は建設申請が比較的緩かったため、現在はこれらの急傾斜を背中にしょっている人家は、申請を出しても受けられないということで、新しい人家はまだまだこれから建てられるのには難しいと思いますが、これらの事業は、財政力のない市での事業ではなく、県の事業のようですが、東日本大震災湖岸線や高田のほうの何カ所かがまだまだ未整備でありますので、これらについて鉾田市では、県のほうにどのように報告し、どのような

筑西市議会 2024-09-04 09月04日-議案上程・説明-01号

現在、今年度内に市内全ての小学校普通教室等空調設備整備ができるよう事業を進めており、16工事につきましては、当初の予定どおり2学期の始業時から普通教室での稼働を開始いたしました。 また、空調設備整備を含めた4の大規模改造工事につきましても児童の安全を第一に考え、工事早期完了を目指しているところでございます。 次に、明野地区義務教育学校整備事業について申し上げます。

筑西市議会 2024-06-12 06月12日-一般質問-05号

土砂災害警戒区域指定は、土砂災害防止法により、土砂災害が発生するおそれのある土地の区域を明らかにするとともに、住民への周知を図り、土砂災害からの地域住民の生命を守るため、災害情報の伝達や避難が早くできるように警戒避難体制整備を図ることとされております。 現在、筑西市内では、議員さんがおっしゃったとおり、土砂災害警戒区域指定されている箇所は27カ所でございます。

鉾田市議会 2023-05-30 05月30日-一般質問-02号

5月27日の月曜日から申請受け付けが開始されました75歳以上の方が対象で、「広報」ほこた5月号に具体的な事例などが掲載されていましたが、詳しく事業内容をお伺いします。 3項目、生活環境の充実について。1点目、本市犬猫避妊去勢手術の費用の一部3,000円を助成していますが、現在どのくらいの申請件数がありますか、お伺いします。 

筑西市議会 2022-11-27 11月27日-議案上程・説明--01号

市民課窓口において、マイナンバーカードを利用して、簡単な操作で証明書交付申請をすることができる窓口システムの運用を来年1月14日から開始する予定であります。これにより住民票の写しや印鑑登録証明書、課税・非課税証明書交付申請をする際、申請書の記入や本人確認書類の提示を省略することができることから、市民利便性が向上するとともに、窓口での待ち時間の短縮を図ることが可能となります。

鉾田市議会 2022-09-19 09月19日-一般質問-05号

そういう中ですね、とても開校までに間に合う状況ではないということで、ならば南小学校の前に手押しの信号機をということで、そこはですね、本当に何とぞお願いしますと、鹿行一のマンモスの前に信号機がないのは、やはり市長としても、鉾田市としても看過できないということでお願いしたところ、開校までには何とか間に合いました。

筑西市議会 2021-12-04 12月04日-一般質問-05号

指定緊急避難所というのが135カ所あるのですけれども、大規模災害といったら指定避難所も緊急指定避難所も、一般の方ってわからないから、そこが避難所と思えば行くかと思うのですけれども、そういったときの担当というのが明確になっているかというのも含めての質問なのですけれども。 ○副議長田中隆徳君) 小野塚教育部長。 ◎教育部長小野塚直樹君) 答弁いたします。 

筑西市議会 2020-12-03 12月03日-一般質問-04号

そういうときにそれらしい人にといいましょうか、こういう制度がありますよと、該当しそうな方にこれ、申請主義ですから、こういう申請書があって、こういうことで申請すればこういう利点がありますよというような行政サービスもあってもいいのかなというふうな思いを持つところでありますけれども、その辺お考えを伺います。 ○議長仁平正巳君) 中澤保健福祉部長。 ◎保健福祉部長中澤忠義君) ご答弁申し上げます。 

筑西市議会 2020-11-29 11月29日-一般質問-02号

◆4番(藤澤和成君) 例えばもっとエッジのきいている自治体とかは、その参加申請に登録されている住所へ行って、実際に行って、ここには実態がないと判断した会社は指名しないのだそうです。それは当たり前だと思うのです。

筑西市議会 2020-09-10 09月10日-一般質問-04号

この筑西市でありますけれども、農業の振興ということで、代表する園芸作物、これちょっと頭に浮かべますと、やはり県の銘柄産地指定あるいは推進産地指定を受けている梨、そしてこだますいか、それとイチゴ、そういったところが皆さん頭に浮かんでくるのかなというふうに思います。そういう中で、現在その3品目の生産出荷額推移、それと生産者の数の推移、その辺をまずお伺いをさせていただきます。