509件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

ひたちなか市議会 2019-09-26 令和 元年第 3回 9月定例会-09月26日-付録

・瀬戸市さんは,毎年試行錯誤を重ねながら広聴機能の充実に取り組んでおられ,本市でもどこかの例をまねるのではなく,失敗を恐れず試行錯誤を重ねて本市独自スタイルを確立する努力を惜しまないことが必要だと思った。  ・先ほど言い忘れたことがあるので付け加えさせていただきたい。

つくば市議会 2019-09-12 令和 元年 9月定例会−09月12日-04号

遊びを通して子供たち同士がかかわり、その中で失敗や試行錯誤をする経験は、自主性や創造性を育むとともに、他者への思いやり、倫理観、自制心を身につける上で有効であると考えます。保護者がその有用性を理解し、外遊び自然体験活動の機会を積極的に確保していただけるよう、乳幼児期、小学校での家庭教育学級等において、座学や体験等を通して啓発に取り組んでいます。今後も一層の理解促進に対応していきます。

常総市議会 2019-08-01 常総市:令和元年8月定例会議(第11回会議) 本文

次に、2)の防災放送デジタル化されていますが、防災ラジオ導入デジタル化によって高額になるということ、前回の話でもお聞きしていますので、先ほどお話ありました他の方法として導入しているスマートフォンアプリやテレホンサービス市民にどれだけ理解されているか、お伺いいたします。

常総市議会 2019-08-01 常総市:令和元年8月定例会議(第10回会議) 本文

地権者組織である農地エリア地権者協議会と市の担当課、市議会有志、戸田の合同で何カ所かの近隣道の駅に視察に行き、各道の駅の成功例、失敗例、また課題等を見てきましたが、なかなか難しいとも感じました。予算的には15億から18億かけるのですから失敗は許されないと思い、質問をいたします。  小さな1)整備事業中の道の駅のコンセプト及び商品について尋ねる、御答弁よろしくお願いいたします。  

守谷市議会 2019-06-14 令和 元年 6月定例月議会−06月14日-03号

さまざまご意見いただいたんですけれども,中でも新しい事業,失敗したこと自体はしょうがないと思うが,ただ導入を決めた経緯や終了した後,なぜ終わりになったか等の説明が余りなく,いわば,なかったことのようになっているように見えるのに不信感を覚えるという趣旨のご意見をいただきました。全くそのとおりかなと思いましたので,申しわけないすけれども,今回蒸し返させていただきます。  

守谷市議会 2019-06-13 令和 元年 6月定例月議会−06月13日-02号

関東鉄道グループと守谷市との間の役割分担,経費負担割合等の取り決め   (2)関東鉄道バス営業所統合計画をいつから認識していたか   (3)関東鉄道グループの「見えバス」プロジェクトに対する当初からの姿勢   (4)「見えバス」開始後の利用者への広報,プロモーション活動   (5)実証実験中止となった理由の市民への周知説明,どの手段でどのような内容で行ったか   (6)新規プロジェクトへの取組と失敗

下妻市議会 2019-03-14 平成31年 第1回定例会(第3日 3月14日)

こうした両施設の状況を踏まえ、地域交流センターの検討につきましては、新たに市民ワークショップ市民アンケートを実施するほか、民間活力の導入による財政負担の軽減や、管理運営につきましても検討し、従来の文化芸術活動や生涯学習活動の充実のほか、幅広い用途で使用していただけるような施設整備を検討していきたいと考えております。  

下妻市議会 2019-03-01 平成31年 第1回定例会(第1日 3月 1日)

何事にも従来の延長線上の考え方、対応策にとらわれず、失敗を恐れず、積極的にチャレンジをしてまいりますので、議員各位を初め、広く市民の皆様のご支援、ご協力を賜りますようお願いいたします。  さて、国内の経済状況でありますが、内閣府が2月に公表した月例経済報告によりますと、国内経済の基調判断は、1月月例に引き続き、依然として緩やかに回復しているとしております。

常総市議会 2018-11-01 常総市:平成30年11月定例会議(第16回会議) 本文

こちらにつきましては、坂野議員、寺田議員への答弁と重複するところがございますが、交流人口拡大に向けては、各種イベント等、キャンペーンを通じた観光客誘致、近隣自治体と連携したアプリの導入、本市へ関係性を強くしていただけるよう常総ふるさと市民登録制度等、積極的な取り組みを行っております。

常総市議会 2018-11-01 常総市:平成30年11月定例会議(第15回会議) 本文

これまで、茨城県内をはじめ栃木・群馬・千葉県等の道の駅の事例を視察・研究をしてまいりましたが、にぎわい創出や安定的な収益性の確保に関するノウハウにつきましては民間が得意とすることから、それを最大限生かすために、当市においても先進事例同様、民間事業者による指定管理導入を行いたいということで考えております。  

つくば市議会 2018-09-28 平成30年 9月28日全員協議会-09月28日-01号

今後の中心市街地のまちづくりに当たっては、先ほど申し上げましたビジョンで示すとおり、買い物に行きたくなる充実した店、豊かな食体験、身近に科学があふれ学べる環境を初めとするさまざまな機能を導入していく必要があります。  中心市街地にこのような機能を導入するには、活用可能な一定規模の施設や既存商業施設と連携した取り組みが重要であります。

坂東市議会 2018-09-13 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月13日−02号

小・中学校プログラミン教育について、文部科学省は2020年度から新学習指導要領で小・中学校プログラミン教育を順次導入するとのことです。7月から、県内全ての公立小学校教員たちの指導力向上に向け、研修会をスタートさせたとのことであります。茨城県教育委員会は、プログラミン教育意識を県内に広め、本格導入に向けた土台を築きたいとしております。

つくば市議会 2018-09-12 平成30年 9月定例会−09月12日-03号

ただし、資源エネルギー庁が公表している固定価格買取制度における導入容量については把握しており、平成29年12月までの太陽光発電設備の新規導入容量は約16万2,000キロワットとなっております。 ○副議長(神谷大蔵君) 滝口隆一君。 ◆26番(滝口隆一君) わかりました。一定の再生エネルギー効果が出ているようには思います。