運営者 Bitlet 姉妹サービス
15件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
日付議会議事録名議事録内容
2007-06-12 下妻市議会 平成19年 第2回定例会(第3日 6月12日) 皆様ご承知のように、団塊の世代という言葉は、堺屋太一氏の小説から広まった言葉です。一昨年あたりから、同氏の「団塊の世代「次」の仕事」、「エキスペリエンツ7」等々、定年を迎えた団塊の世代の問題を書かれています。団塊の世代が日本の社会、経済に大きく寄与してこられたのは、厳然たる事実です。この団塊の世代の約6割の人が、社会のために役立ちたいと思っているそうです。 もっと読む
2007-06-12 下妻市議会 平成19年 第2回定例会(第3日 6月12日) 皆様ご承知のように、団塊の世代という言葉は、堺屋太一氏の小説から広まった言葉です。一昨年あたりから、同氏の「団塊の世代「次」の仕事」、「エキスペリエンツ7」等々、定年を迎えた団塊の世代の問題を書かれています。団塊の世代が日本の社会、経済に大きく寄与してこられたのは、厳然たる事実です。この団塊の世代の約6割の人が、社会のために役立ちたいと思っているそうです。 もっと読む
2006-06-12 土浦市議会 平成18年 第2回 定例会-06月12日−02号 戦後,社会の安定とともに,出生率が大幅に向上して,昭和22年から24年までの3年間に生まれた,約700万人と言われる,この世代の人口の固まりのエネルギーを,作家の堺屋太一氏が団塊の世代と命名したことはあまりにも有名であります。私のちょうど年代であります。 もっと読む
2006-06-08 稲敷市議会 平成18年第 2回定例会−06月08日-02号 新聞で、堺屋太一さんという方が、北九州に、団塊の世代、夢に向かって進もう、生涯現役、夢追い塾を開設ということで、そこで基調講演をされていらっしゃいました。堺屋太一さんは、自分の夢に向かって歩き出そう、自分らしいセカンドライフを見つけよう、30年の知識と経験があれば何だってできるということで、団塊の世代の方に対してのエールを送っていらっしゃる。 もっと読む
2005-12-05 石岡市議会 平成17年第1回定例会(第2日目) 本文 開催日:2005-12-05 それと、作家の堺屋太一氏と言えば有名で、大臣までやった方ですが、経済評論家の方です。この方の言っていることを参考のために。私よりは少なくとも一歩進んだ考えを言っているので。発想の転換が必要な時代になっていると。それで、一例を、それに必要な考えとして、遠隔地の子供のために日本では分校をつくるが、米国ではスクールバスを走らせると。 もっと読む
2005-05-26 つくば市議会 平成17年 5月26日観光開発推進特別委員会−05月26日-01号 それで、前の経済企画庁の堺屋太一長官は、観光開発論というのを前にお出しになって、その著書によりますと、日本の余暇観光は歴史的偶然や自然の偶然でできた観光資源に依存してきた。偶然にできたものを利用した時代を狩猟、漁猟時代と呼んでいる。いかに道路や施設が整備されても、目的物が偶然の所産である限り、日本の余暇観光産業は未開の段階にとどまっていると言っておりますけれども、いかにプラスアルファーしていくか。 もっと読む
2005-05-26 つくば市議会 平成17年 5月26日観光開発推進特別委員会−05月26日-01号 それで、前の経済企画庁の堺屋太一長官は、観光開発論というのを前にお出しになって、その著書によりますと、日本の余暇観光は歴史的偶然や自然の偶然でできた観光資源に依存してきた。偶然にできたものを利用した時代を狩猟、漁猟時代と呼んでいる。いかに道路や施設が整備されても、目的物が偶然の所産である限り、日本の余暇観光産業は未開の段階にとどまっていると言っておりますけれども、いかにプラスアルファーしていくか。 もっと読む
2003-06-11 つくば市議会 平成15年 6月定例会-06月11日-04号 私は、3月市議会定例会で、堺屋太一さんの観光事業後進性の論文を引用しましたけれども、中央公論社刊の『明治メディア考』に見物の精神という文が載っております。  その文は、「日本文化の中における見物趣味は、驚くべき旅行文化として結実した。物見遊山とも言う。いわゆる名所旧跡と呼ばれるものは、そこを訪れない限り見ることができないのである。 もっと読む
2003-06-11 つくば市議会 平成15年 6月定例会-06月11日-04号 私は、3月市議会定例会で、堺屋太一さんの観光事業後進性の論文を引用しましたけれども、中央公論社刊の『明治メディア考』に見物の精神という文が載っております。  その文は、「日本文化の中における見物趣味は、驚くべき旅行文化として結実した。物見遊山とも言う。いわゆる名所旧跡と呼ばれるものは、そこを訪れない限り見ることができないのである。 もっと読む
2003-03-12 つくば市議会 平成15年 3月定例会-03月12日-05号 前経済企画庁長官堺屋太一の「1,000日の変革」の中では、この国の観光は、寺社、史跡を回るか、風光明びな場所を見物するか、歴史的偶然や自然の偶然でできた観光資源に依存してきた。いかに観光道路や宿泊施設が整備されていても目的物が偶然の所産である限り、日本の観光産業は今なおこうした未開の段階にとどまっていると述べています。 もっと読む
2003-03-12 つくば市議会 平成15年 3月定例会-03月12日-05号 前経済企画庁長官堺屋太一の「1,000日の変革」の中では、この国の観光は、寺社、史跡を回るか、風光明びな場所を見物するか、歴史的偶然や自然の偶然でできた観光資源に依存してきた。いかに観光道路や宿泊施設が整備されていても目的物が偶然の所産である限り、日本の観光産業は今なおこうした未開の段階にとどまっていると述べています。 もっと読む
2001-01-18 下妻市議会 平成13年 第1回臨時会(第1日 1月18日) 〔都市建設部長 鳩貝太一君登壇〕 ○都市建設部長(鳩貝太一君) 私からは、議案第5号 平成12年度下妻市下水道事業特別会計補正予算(第3号)について、事項別明細書によりご説明いたします。  33ページをお開き願います。   もっと読む
2001-01-18 下妻市議会 平成13年 第1回臨時会(第1日 1月18日) 〔都市建設部長 鳩貝太一君登壇〕 ○都市建設部長(鳩貝太一君) 私からは、議案第5号 平成12年度下妻市下水道事業特別会計補正予算(第3号)について、事項別明細書によりご説明いたします。  33ページをお開き願います。   もっと読む
2000-03-22 つくば市議会 平成12年 3月定例会−03月22日-05号 堺屋太一経済企画庁長官が、公共事業では生産性が向上し、人員が減らされていると答弁したように、90年代以降では、公共事業による就業者は3分の2に落ち込んでおります。また、ばらまきの結果、世界に例がない借金急増予算となっております。来年度末には、国と地方の長期債務残高は645兆円に達し、国民1人当たり510万円にもなります。 もっと読む
1999-09-13 つくば市議会 平成11年 9月定例会−09月13日-02号 また、堺屋太一経済企画庁長官が団塊の世代という言葉をつくりましたが、今、つくば市の職場に勤める大多数の中年世代が団塊世代で、やがてつくば市は大勢の団塊高齢世代であふれることが予測されます。この年次は、指を折ればわかりますが、一気に陥る市の歳入激減額がわかりません。つきましては、この年次における歳入減試算の数字が出ておりますなら、ご答弁お願いいたします。   もっと読む
  • 1