140件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日立市議会 2019-09-10 令和元年第3回定例会(第2日目) 本文 開催日:2019-09-10

そのうちトラブル等の相談については、獣医師などの専門スタッフを配置し、専門的な見地から適切なアドバイスを行っている茨城県動物指導センターを案内しております。動物指導センターでは動物愛護の普及啓発や動物保護などの事業を行っており、法律や県の条例に基づき、不適切な飼育を行う飼い主に対して指導を行うなど、トラブルの解決に向けたサポートを行っております。

日立市議会 2019-06-17 令和元年第2回定例会(第2日目) 本文 開催日:2019-06-17

パン効果について、最近の事例では、平成29年度に上野動物園のシャンシャンの誕生、そして一般公開により、動物園の入園者が6年ぶりに400万人を超えたとの報道があり、相変わらずのパンダ人気です。経済効果で言えば、入園費、飲食費、交通費、宿泊費、関連施設の従業員の所得などがあり、これらは、単に日立市だけに限らず、周辺市町村にも必ず波及していくものであります。

石岡市議会 2019-06-11 令和元年第2回定例会(第3日目) 本文 開催日:2019-06-11

議員ご指摘のように、議員愛護センターと申されましたが、茨城県動物指導センターの誤りかと思います。かつては、茨城県動物指導センターが定期的に県内の各市町村等を巡回し、犬猫の引き取りを行っていた時期もございました。現在は、県の動物指導センターを紹介し、やむを得ない事情がある場合に引き取りを行っていただいています。

石岡市議会 2019-06-04 令和元年第2回定例会 資料 開催日:2019-06-04

│        │ ├───┼───────┼─────────────────────────┼────────┤ │ 6 │19番    │3 都市計画石岡市土砂等による土地埋立て  │市     長 │ │   │岡 野 孝 男│ 等の規制に関する条例の整合性について      │担 当 部 長 │ │   │       │ (1) 都市計画を利用して建築物の申請をして開  │        

稲敷市議会 2019-03-22 平成31年第 1回定例会−03月22日-付録

       │ │       │議案第40号 平成31年度稲敷市古渡財産特別会計予算       │ │       │議案第47号 工事請負契約締結について             │ ├───────┼────────────────────────────────┤ │市民福祉委員会│議案第2号 稲敷市環境基本条例の制定について          │ │       │議案第3号 稲敷市動物

笠間市議会 2019-03-14 平成31年第 1回定例会-03月14日-04号

続きまして、大項目2、市が取り組む動物愛護とは。  小項目①、笠間市の動物愛護に対する意識についてをお伺いいたします。これは、条例制定をした部分も含めて答弁いただければと思います。 ○議長(飯田正憲君) 市民生活部長石井克佳君。 ◎市民生活部長(石井克佳君) 15番西山議員のご質問にお答えをいたします。  

笠間市議会 2019-03-06 平成31年度予算特別委員会−03月06日-02号

橋本 市民活動課長  事業自体は、大きく変わることはないのですけれども、今回、入管の改正等に伴いまして、外国人の受け入れというものが、まだちょっとなかなか予測的な範囲ではございますけれども、多くなるであろうというような予測がされております。そういった部分で、新たに市としましても、独自の対応ということで、そういった相談の窓口的なものを設置しようということで、今、進めております。

守谷市議会 2019-03-05 平成31年決算予算特別委員会−03月05日-01号

説明欄の10動物愛護事業15万6,000円は31年度の新規事業となっておりまして,動物愛護議会への補助金が主なものです。  次に,150ページをお願いいたします。  項2清掃費,目1塵芥処理費の説明欄09塵芥収集事業の2億4,308万3,000円は,市内のごみ集積場から家庭系ごみを収集運搬するための収集委託料が主なものです。  151ページをお願いいたします。  

石岡市議会 2018-12-05 平成30年第4回定例会(第4日目) 本文 開催日:2018-12-05

平成28年の熊本地震の際には、屋外にペット同行避難用のテントや、動物愛護団体による屋外テントの提供など、避難所屋内で同行が困難な場合の対応策が講じられておりました。これまでの大規模災害ペット同行避難を進めている先進事例などを参考に、飼い主さんへの、ペット避難の事前の準備も大変重要だと思いますので、そういった啓発と、また行政が行う支援について、しっかりと整備してまいりたいと考えております。  

常総市議会 2018-11-01 常総市:平成30年11月定例会議(第15回会議) 本文

平成30年4月に常総市動物愛護及び管理に関する条例施行されまして、市民動物に対する愛護意識の高揚を図り、また行政、飼い主、動物取り扱い者、獣医師市民ボランティア、また地域住民、動物愛護団体などが協働いたしまして、人と動物の共生するまちづくりを目指しているところでございます。  

つくば市議会 2018-10-12 平成30年決算特別委員会-10月12日-05号

◆浜中勝美 委員  取り組みとして、すばらしい取り組みだと思いますので、実は、私も今回、8月だったっけ、防災士資格取得の講習会がつくばでありましたので参加させていただいて、心肺停止及び蘇生とか、AEDの操作について学んできた部分があるので、本当に、心肺停止状況の人に声をかけるとか、AEDの操作をどういうふうにするかとか、直接体に触れるといった部分で、非常に、こういう訓練をやっていけば、本当にそういうところに

守谷市議会 2018-09-20 平成30年 9月定例月議会−09月20日-05号

次に,受理番号第4号 動物愛護に関する陳情書についてご報告いたします。  審査に当たり,陳情提出者に参考人として出席いただき,陳情内容等について意見を聴取しました。  陳情の趣旨は,動物愛護活動が健全に継続されていくために,市の積極的な取り組みを求めるものです。  

守谷市議会 2018-09-13 平成30年 9月定例月議会−09月13日-02号

の進展について 〔市長・担当部長〕   (1)動物愛護政策に関して茨城県の姿勢が大きく好転した現状を受けて   (2)動物愛護目的寄付金が使えない現状 5番 山 田 美枝子 議員  1.守谷市独自の災害対応を問う 〔市長・担当部長〕   (1)市内ハザードマップの再チェックは   (2)主要道路の冠水箇所,排水施設の維持管理は(乙子交差点,守谷トンネル,ジョイフル前他)   (3)避難場所,避難所

守谷市議会 2018-09-10 平成30年 9月10日都市経済常任委員会−09月10日-01号

資料2のほうをごらんいただきますと,これが守谷市動物愛護議会の支出ですが,守谷市役所に収容された犬猫に対して行った医療費の明細となっております。4月14日の金額6,456円となっておりますが,これは,百合ヶ丘動物病院の院長先生にご協力いただいて,金額を半額まで下げていただいたものです。

守谷市議会 2018-08-30 平成30年 9月定例月議会−08月30日-01号

議案第74号 平成30年度守谷市一般会計補正予算(第3号)  5.議案第79号 平成30年度守谷市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)  6.議案第80号 平成30年度守谷市水道事業会計補正予算(第1号)  7.議案第81号 平成30年度守谷市公共下水道事業会計補正予算(第1号)  8.議案第82号 市道路線の認定について  9.議案第83号 市道路線の廃止について  10.受理番号第4号 動物愛護

守谷市議会 2018-08-30 平成30年 9月定例月議会−08月30日-目次

受理番号第4号                               平成30年8月21日  守谷市議会議長 梅 木 伸 治 様                     陳 情 者                     住  所 茨城県守谷市美園三丁目7番地20                     氏  名 守谷市動物愛護議会                          わんにゃん

つくば市議会 2018-06-20 平成30年 6月定例会−06月20日-03号

緑地だけを担保するということであれば、これは都市緑地緑地協定という制度もありますし、それから景観に基づく景観協定、これも緑地担保できる制度となっております。  中根・金田台では、さくらの森、それから流星台というところでも緑住農の街区がありまして、そちらでは、住民の方たちがその緑地協定認可をとるということで、今、そういう取り組みも進めているという状況でございます。

筑西市議会 2018-06-08 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月08日−一般質問−02号

1998年のまちづくり三によって一部の自治体で取り上げたものの、社会的関心を集めることはなく、2006年都市計画中心市街地活性化の改正により再度焦点となりましたが、しかし、取り組みが本格化したのは2013年からであります。都市再構築戦略検討委員会が7回程度開催され、中間取りまとめでは、街なかの人口密度を維持していく集約型の都市構造をつくっていく必要が打ち出されました。