7034件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

東海村議会 2021-06-18 06月18日-05号

飛田静幸議長 承認第3号 専決処分承認を求めることについて(東海村国民健康保険税条例の一部を改正する条例)についての質疑を行います。 質疑ございませんか。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕 質疑なしと認めます。 これで質疑を終了します。 これから討論を行います。 討論はございませんか。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕 討論なしと認めます。 これで討論を終了します。 

つくば市議会 2021-06-11 令和 3年 6月定例会-06月11日-03号

心の支援につきましては、令和2年度に新型コロナウイルス感染症と心の健康に関する啓発チラシを作成し、広く市民に周知をしています。そのほか、自殺念慮のある方に周囲の人が気づき傾聴すること、適切な関係機関につなぐことが重要であることから、ゲートキーパー養成講座健康体操教室市職員の研修で実施しています。  

東海村議会 2021-06-10 06月10日-03号

子どもたちに対して食事の助成という事業は、健全な心と健康な体をつくり上げながら、一生懸命勉学に励み、そして遊ぶ子どもたちにとっては極めて重要な価値ある一つの社会的投資という意味合いが深いと私は考えています。多くの大人や社会から関心を寄せられて深い愛情で育てられた子どもたちは、将来必ず社会に貢献し得る立派な社会人になります。

下妻市議会 2021-06-03 令和 3年 第2回定例会(第1日 6月 3日)

今後とも健康に留意され、市政発展のため一層のご尽力を賜りますようお願い申し上げます。  次に、新型コロナウイルス感染症について2点ご報告をいたします。  まず、1点目は、本日、本市は感染拡大市町村指定が解除されました。指定解除となりましても、引き続き感染防止対策の徹底に努めていかなくてはならないと考えております。  

つくば市議会 2021-06-03 令和 3年 6月定例会−06月03日-01号

について       報告第6号 令和2年度つくば一般会計予算繰越明許費繰越計算書について       報告第7号 令和2年度つくば水道事業会計予算繰越計算書及び令和2年度つくば水道事業会計継続費繰越計算書について       報告第8号 令和2年度つくば下水道事業会計予算繰越計算書及び令和2年度つくば下水道事業会計継続費繰越計算書について       報告第9号 つくば土地開発公社経営状況

ひたちなか市議会 2021-03-26 令和 3年第 2回 3月定例会−03月26日-06号

3年3月26日午後1時開議 日程第1 議案第  2号 令和3年度ひたちなか一般会計予算              ないし      議案第 18号 令和3年度ひたちなか下水道事業会計予算      議案第 36号 ひたちなか市職員の服務の宣誓に関する条例及びひたちなか建築審査会条例の一部を改正する条例制定について              ないし      議案第 69号 ひたちなか国民健康保険条例

鉾田市議会 2021-03-23 03月23日-委員長報告、質疑、討論、採決-06号

このような被保険者の変化を考慮し、令和3年度からはKDBデータ処理等を踏まえた高齢者保健事業介護予防の一体的な実施取組医療費介護料の削減を行い、また高齢者健康に資する新たな施策にも積極的に取り組む予算が計上されております。今後においても高齢者医療の充実や健康のために茨城後期高齢者医療連合との連携を図りながら、後期高齢者医療制度の適切に運営されることが重要と考えます。

結城市議会 2021-03-23 03月23日-04号

続きまして、議案第12号 令和3年度結城国民健康保険特別会計予算についての反対討論をいたします。 令和3年度結城国民健康保険特別会計予算の中のオンライン資格確認運営負担金27万4,000円についてです。 このオンライン資格確認運営負担金とは、マイナンバーカードが健康保険証として利用できるための予算であります。 

守谷市議会 2021-03-22 令和 3年 3月定例月議会−03月22日-06号

歳入機構集積協力金交付事業費補助金は,集積に対する地域集積協力金及び経営転換協力金追加交付によるもの,農業次世代人材投資(経営開始型)事業補助金は,新規就農者補助金が前倒しで交付されたことによる増額との説明がありました。  歳入農村地域防災減災事業費補助金及び歳出の農村地域防災減災事業減額は,大野第二排水機場耐震診断業務に係る委託料の確定によるものとの説明がありました。  

下妻市議会 2021-03-22 令和 3年 第1回定例会(第5日 3月22日)

審査の中で、振興計画策定とあるが、計画策定時期等の予定についての質疑に対し、執行部から、現在、市と商工会が共同で策定する経営発達支援計画と市が策定する創業支援等事業計画2つがあり、この2つ計画条例に位置づけるものであり、新たに計画策定するものではないとの答弁がありました。  

古河市議会 2021-03-19 03月19日-委員長報告・討論・採決-06号

地方では最低賃金が低くなっていますが、人件費が低く抑えられることで経営を維持できてきたという地方企業の実情があります。最低賃金を無理やり上げることで地方中小企業経営がさらに厳しくなり、人を雇えなくなってしまいます。そうすると、逆に地域の雇用が減り、地方が衰退しかねません。最低賃金を上げる分、政府企業支援せよというのでは、もはや自由な資本主義社会ではなくなります。

小美玉市議会 2021-03-18 03月18日-05号

委員からは、コロナ禍影響もあり、低賃金で働いている方は苦しい思いをしているなどの賛成意見のほかに、確かに現状最低賃金は低水準ではあるが、経営者など中小企業にとって賃金を上げるのは現状厳しいものではないかなどの反対意見もあり、審査の結果、賛成少数で不採択すべきものと決した次第であります。 以上が、本委員会に付託されました議案審査経過と結果の報告であります。