670件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

ひたちなか市議会 2019-12-12 令和 元年第 5回12月定例会-12月12日-03号

2点目は保育士の確保についてです。  教育負担軽減のため,10月から始まった幼児教育保育無償に伴い,都市部を中心に待機児童がふえ続けており,各自治体では保育所の新設など待機児童の解消に向けた取り組みがなされています。保育所等の施設はあっても保育士確保ができないという地域も出ており,このままでは少子を阻止しようとしてもおさまらない状態になってしまいます。

稲敷市議会 2019-12-06 令和 元年第 4回定例会−12月06日-03号

次に、幼児教育無償による影響と今後の子育て支援センターの運営方針についてお伺いをさせていただきます。  本年10月の消費増税に合わせ実施されることになった幼児教育無償は、それまでの子ども・子育て支援新制度では対象となっていなかった幼稚園認可保育施設等も無償の対象とされることになりました。

守谷市議会 2019-12-06 令和 元年12月定例月議会−12月06日-03号

民間保育所に対しましては,守谷市民間保育所運営費補助金というのを交付しております。この中で,障がい児の受け入れもお願いしているところでございます。補助の金額は利用定員によって変わってきておりまして,144万円から432万円という間で定員によって金額が変わっております。  それと,認証保育園に対しては,守谷市乳幼児保育室事業実施要綱に基づきまして,障がい児保育加算というのを適用してございます。

守谷市議会 2019-12-05 令和 元年12月定例月議会−12月05日-02号

以上で防災対応についての質問を終わりまして,続きまして,幼児教育保育無償について質問をさせていただきます。  幼児教育保育無償が始まって2カ月がたちました。この無償強力に推進してきた公明党の成果として,経済的負担が軽くなったと,多くの子育て世帯から喜びの声が寄せられております。未来の宝である子供たちを社会全体で育てていくと,大きな一歩になったというふうに思います。

守谷市議会 2019-12-03 令和 元年12月 3日保健福祉常任委員会−12月03日-01号

◎羽田 社会福祉課長  まず,1点目の障がい児の増額に対する人数ということですが,こちらにつきまして大きいのは,障がい児の児童発達支援の無償に伴うものが大きいものでございまして,参考としましては12月2日現在ですけれども,無償対象となっている方が110名いらっしゃいます。全体の利用者としては133名中110名が対象となっております。  

常総市議会 2019-11-01 常総市:令和元年11月定例会議(第18回会議) 本文

これは、幼児教育無償によって、令和元年度に約1億円の支出増加があるんだということが文章にありました。再編計画の中ですね。でも、あれが、ちょっと2回目を出したときには削除されたような感じなんですが、いずれにしてもそういう無償でもって支出がふえちゃう。それもやはり需要額で補てんされる内容になるわけですよね、実際。

常総市議会 2019-11-01 常総市:令和元年11月定例会議(第18回会議) 名簿

│ │    │            │2 保育所問題について              │ │    │            │ 1)従来より言われてきた公立保育建設のための財源│ │    │            │  不足は本当か。                

常総市議会 2019-11-01 常総市:令和元年11月定例会議(第16回会議) 本文

議員御承知のとおり、子ども・子育て支援法及び関係法令の改正によりまして、令和元年10月から幼児教育保育無償されました。無償の対象となるお子さんにつきましては、4月1日時点の年齢が3歳以上のお子さんと市区町村税非課税世帯の3歳未満のお子様が対象となります。幼稚園につきましては、入園できる時期に合わせて、一時期非課税世帯等の要件もございますが、満3歳から無償の対象となります。

常総市議会 2019-11-01 常総市:令和元年11月定例会議(第16回会議) 名簿

│ ├────┼────────────┼─────────────────────────┤ │  4 │18番         │1 幼児教育保育無償に伴う今後の対応について│ │    │ 風 野 芳 之    │ 1)幼児教育保育無償されたことは、保護者を含│ │    │            │  む多くの市民に周知されていると思うが、補助金の│ │    │(総括質問・一問

守谷市議会 2019-10-16 令和 元年10月16日保健福祉常任委員会−10月16日-01号

◆山田美枝子 委員  今後,ここ5年間という感じで,保育無償というのが実施され始めているわけですけれども,そこで問題になっているのが,給食費に関して,副食費が父兄の負担になっているというのがちょっと問題になっているのですけれども,行く行くはどういう形になるかなと思うのですけれども,国全体としては,少子問題のことがあってこの5年間の無償の影響が幼稚園のほうにも及ぶと思うのですけれども,それとの