運営者 Bitlet 姉妹サービス
23件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2
日付議会議事録名議事録内容
2018-12-12 つくば市議会 平成30年12月定例会-12月12日-03号 そのほか、筑波大学のIoTデバイス、こちらは特別支援学級のコミュニケーションをより円滑にするための装置ですが、こちらは今、市の学校での実証をさらに拡大しているところでございます。  そのほか、サイマックス社のIoTトイレの案件につきましては、本年度のSociety5.0の最終審査の会場で、つくばカピオのトイレの設置協力を行いまして、その中で来場者向けの紹介を支援したところでございます。 もっと読む
2018-12-11 守谷市議会 平成30年12月定例月議会−12月11日-02号 あわせて,IoTと言われているインターネット・オブ・シングスという,あらゆるものがインターネットとつながる環境でありますけれども,こういった技術を活用できれば,子供であったり,あるいは高齢者等の見守りにも活用できますし,この辺の分野というのは,当然介護であったり,医療であったり,農業であったりというさまざまな分野で活用が期待をされているという状況にございます。   もっと読む
2018-09-20 笠間市議会 平成30年第 3回定例会−09月20日-05号 これは狩猟社会、農耕社会、工業社会、そして情報社会の次に来る5番目の新しい社会、AIだとかIoT、ドローン、ビッグデータ、ロボットなどによって第4次産業革命によって新しい価値やサービスがつくり出されて、我々に豊かさをもたらしていく、そういう社会のことであります。  東京都の総務局では、5年後に公共データの活用やビッグデータ分析で都民ニーズを把握して、高齢者や外国人も暮らしやすいまちにする。 もっと読む
2018-09-11 つくば市議会 平成30年 9月定例会−09月11日-02号 国においても、公営住宅、改良住宅の既存ストックについて、大規模な改修とあわせて地域の住民が利用可能な子育て支援施設や高齢者福祉施設、コミュニティ施設等の生活支援の導入を図り、あわせて、IoT等の先進的な技術を活用した高齢者見守り等のサービスと連携し、効果検証を行う取り組みに補助をする福祉連携型公的賃貸住宅改修事業や地域居住機能再生推進事業、この事業は、大規模な公的賃貸住宅を含む高齢者の著しい地域において もっと読む
2018-06-12 つくば市議会 平成30年 6月定例会−06月12日-01号 本会合では、自由貿易の推進やIoT、AI等の革新的技術を通じて世界の経済成長を力強いものとするため、G20の取り組みが議論される予定です。貿易とデジタル経済は、世界的にも関心の高い2分野で、大学、研究機関やベンチャー企業を多く擁する本市にとっても関連深い議題です。  会合当日まで1年を切りましたが、大臣会合の開催は本市の魅力を国内外に発信する絶好の機会です。「世界のあしたが見えるまち。 もっと読む
2018-06-11 龍ケ崎市議会 平成30年  6月定例会(第2回)-06月11日−03号 実際にロボットスーツをそこで体験させていただき,先進技術に触れながら第4次産業革命におけるIoT,AIなどについて勉強させていただきました。 もっと読む
2017-12-15 つくば市議会 平成29年12月定例会-12月15日-付録 泰 宏 議員 ┌───────────┬────────────────────────────┬──────┐ │  質 問 事 項  │         要         旨        │ 答 弁 者 │ ├───────────┼────────────────────────────┼──────┤ │1 Society5.0社会実装│ 経済産業省は、2017年5月、第4次産業革命(IoT もっと読む
2017-12-05 つくば市議会 平成29年12月定例会−12月05日-02号 経済産業省は、2017年5月、第4次産業革命Iot、ビッグデータ、AI、ロボット等による技術革新へ的確に対応するための新産業構造ビジョンを取りまとめました。同ビジョンで目指すべき将来像とされているのがSociety5.0です。  Society5.0とは、狩猟、農耕、工業、情報社会に続く人間中心の超スマート社会とも訳され、データと技術が統合された、暮らしやすい社会を目指すことを意味します。   もっと読む
2017-12-04 筑西市議会 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月04日−一般質問−03号 今これからの時代は、まさしく皆さんもITの時代、そして今はIoTやAIの時代が到来しようとし、第4次産業を呼ぼうとしている時代に転換されるときであります。そういう意味では、このようなことから国のほうも政策としてさまざまな施策をしながら、2020年から小学校でプログラミング教育が必修化されることになっておりますが、それについて人材とか指導とか、そういう人たちのことについて不足すると。 もっと読む
2017-11-29 龍ケ崎市議会 平成29年 12月定例会(第4回)-11月29日−04号 今後のAI農業への国の支援策といたしましては,地方公共団体,大学,企業等からなる地域の主体が農業等における総務省のIoTサービスの実証事業に取り組み,克服すべき課題を特定し,その解決に資する参照モデルを構築するとともに,データ利活用の促進等に必要なルールの明確化等を行う総務省のIoTサービス創出支援事業等が該当すると考えられます。 ○寺田寿夫議長   17番大竹 昇議員。 もっと読む
2017-11-29 龍ケ崎市議会 平成29年 12月定例会(第4回)-11月29日−04号 今後のAI農業への国の支援策といたしましては,地方公共団体,大学,企業等からなる地域の主体が農業等における総務省のIoTサービスの実証事業に取り組み,克服すべき課題を特定し,その解決に資する参照モデルを構築するとともに,データ利活用の促進等に必要なルールの明確化等を行う総務省のIoTサービス創出支援事業等が該当すると考えられます。 ○寺田寿夫議長   17番大竹 昇議員。 もっと読む
2017-09-12 龍ケ崎市議会 平成29年  9月定例会(第3回)-09月12日−03号 私から最後のご要望になりますけれども,IoT,ビッグデータ,人口知能等による変革の時代が,今までにないスピードで進んでおります。 もっと読む
2017-09-12 龍ケ崎市議会 平成29年  9月定例会(第3回)-09月12日−03号 私から最後のご要望になりますけれども,IoT,ビッグデータ,人口知能等による変革の時代が,今までにないスピードで進んでおります。 もっと読む
2017-06-15 龍ケ崎市議会 平成29年  6月定例会(第2回)-06月15日−04号 これからの作業の中で,IoT時代に突入した今日,IoT対応の農業振興,観光農業,IoTによる新たな産業の構築など,産業構成のあり方の研究開発を要望いたします。  そこで,立地適正化計画にかかわる様々な支援措置がありますが,その内容はどのようなものですか,お聞かせください。 ○寺田寿夫議長   岡田都市環境部長。       もっと読む
2017-06-09 結城市議会 平成29年第2回 定例会-06月09日−02号 しかし,その存続が危ういわけでございまして,本市には,地場産業もあり,それから地域経済を支える中小零細といった企業も多数あるわけでありますけれども,先ほど申し上げました第4次産業革命,これは,1つはIoTとビッグデータ,2つ目がAIと,このお話をしているわけなんですけれども,地方企業がこういったことに対応できるのか,私自身もわからないような世の中になっているわけでございます。 もっと読む
2017-03-08 龍ケ崎市議会 平成29年  3月定例会(第1回)-03月08日−03号 これは,スマホなどを利用したインターネット,IOTのフル活用により,スマートキーの開発で施錠やGPS管理,決済システムなど,手軽に利用できます。さらに,広域での利用も可能で,自治体同士が別々に契約する必要もなく,導入コストも抑えられます。つまり,一つのアカウント,一つのパスがあれば同じシステムを使って全国どこでもシェアサイクリングが利用可能となります。   もっと読む
2017-03-08 龍ケ崎市議会 平成29年  3月定例会(第1回)-03月08日−03号 これは,スマホなどを利用したインターネット,IOTのフル活用により,スマートキーの開発で施錠やGPS管理,決済システムなど,手軽に利用できます。さらに,広域での利用も可能で,自治体同士が別々に契約する必要もなく,導入コストも抑えられます。つまり,一つのアカウント,一つのパスがあれば同じシステムを使って全国どこでもシェアサイクリングが利用可能となります。   もっと読む
2017-03-01 ひたちなか市議会 平成29年第 1回 3月定例会-03月01日-01号 昨年10月には,「未来への投資」の加速を目的として,総額4兆1,000億円の平成28年度第2次補正予算を編成し,子育て・介護の環境整備や,訪日外国人旅行者の受け入れ及び東京オリンピック・パラリンピックに対応するためのインフラ整備,IoTビジネスの創出や科学技術イノベーション等の推進,中小企業・小規模事業者の経営支援,熊本地震や東日本大震災からの復興などのための予算を盛り込みました。 もっと読む
2017-03-01 ひたちなか市議会 平成29年第 1回 3月定例会-03月01日-01号 昨年10月には,「未来への投資」の加速を目的として,総額4兆1,000億円の平成28年度第2次補正予算を編成し,子育て・介護の環境整備や,訪日外国人旅行者の受け入れ及び東京オリンピック・パラリンピックに対応するためのインフラ整備,IoTビジネスの創出や科学技術イノベーション等の推進,中小企業・小規模事業者の経営支援,熊本地震や東日本大震災からの復興などのための予算を盛り込みました。 もっと読む
2016-12-08 稲敷市議会 平成28年第 4回定例会−12月08日-02号 このようにIoT、もののインターネット、AI、人工知能等を活用しての無線通信システムは、想像を超えるスピードで、観光、医療、農業、防犯等、あらゆる業界で新たなビジネスモデルが創出されようとしております。あらゆるものがつながる環境が構築されつつある中、稲敷市の地方創生への取り組みも変革のときに来ているとの思いを込めて質問をさせていただきます。   もっと読む
  • 1
  • 2