運営者 Bitlet 姉妹サービス
80件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-06-21 ひたちなか市議会 平成30年第 2回 6月定例会-06月21日-付録 実績報告書を提出すること          │    │    │    ├─┼────────────────────────────┤    │    │    │⑦│食品衛生法等の関係法令を遵守してる店であること     │    │    ├────┼─┼────────────────────────────┤    │    │    │⑧│「舞鶴のさかな」を使用した料理を,常時3品(1魚類 もっと読む
2018-06-12 守谷市議会 平成30年 6月定例月議会−06月12日-04号 1項目として,一つ目が,都市公園を損傷し,または汚損すること,それから二つ目が,植物を採取し,伐採しまたは損傷すること,それから三つ目としまして,鳥獣魚類を捕獲し,または殺傷すること,四つ目としまして,土地の形質を変更すること,五つ目としまして,張り紙もしくは張り札をし,または広告を表示すること,それから六つ目としまして,ごみその他の汚物を捨てること,七つ目としまして,指定された場所以外でたき火,野営 もっと読む
2017-06-12 土浦市議会 平成29年 第2回 定例会-06月12日−02号 主なものとしましては,田村地区において波浪の影響を受けにくい構造となります水域,いわゆる湾処,これを造成しまして,魚類などの水生植物のすみかや,様々な植生が繁殖する場としてございます。さらに,沖宿,戸崎地区では,湖岸に砂を入れて水生植物帯の再整備を図っており,本来,霞ケ浦が持っている自然浄化機能の回復が期待されてございます。   もっと読む
2017-03-02 稲敷市議会 平成29年第 1回定例会-03月02日-02号 本当に、これは、認定の部分が厳しく、35項目ありまして、例えば、当地のみで生息する魚類や生き物が生息している、田植え前に、池、水路を整備する共同作業の習慣が残っているとか、50年以上続く伝統文化が守られているとか、1,000万以上の売り上げの農家がいるとか、耕作放棄地再生に取り組んでいるとか、35項目をクリアして、この環境報告の承認を受けるそうであります。 もっと読む
2016-09-14 結城市議会 教育・福祉委員会(平成28年)-09月14日−03号 まず初めに,需用費の中の修繕料37万円の増額理由でございますが,肉及び魚類を検収する給食食材の搬入室から虫等が入らないようにエアカーテンを設置しております。しかしながら,そのエアカーテンの吹き出し装置が故障したため,軽微な修繕料の不足分を補正するものでございます。   もっと読む
2016-09-09 龍ケ崎市議会 平成28年  9月定例会(第3回)-09月09日−04号 フナ,コイ,ワカサギ,ウナギなど,多くの魚類が生息し,沿岸住民は漁を行い,生活の糧の一部を得ておりました。また,お話がありましたジュンサイでございますが,戦後間もなくの頃までは牛久沼に自生をしており,沿岸住民はジュンサイを収穫し,出荷していたとのことでございます。  しかしながら,現在はその後の水質汚濁などが原因となり,魚類は減少し,ジュンサイの生息は確認できないようになっております。   もっと読む
2015-09-04 筑西市議会 平成27年  9月 定例会(第3回)-09月04日−一般質問−02号 平成11年2月の環境庁、現観光省が発表した、絶滅するおそれのある野生生物の種の一覧(レッドリスト)におきまして、メダカが絶滅の危険が増大している魚類ということから絶滅危惧2類に選定され、引き続き公開されたレッドデータブックに掲載されました。 もっと読む
2014-12-08 古河市議会 平成26年 12月 定例会(第4回)-12月08日−一般質問−05号 また、魚類であるとか昆虫類についても減少が懸念される状況であろうと思います。  こうした現状の中で、生物多様性地域戦略に取り組むというその意味ですけれども、地域における生物多様性の価値であるとか個性について、市民の皆さんも含めて改めて考え直すことでありまして、生物多様性を将来に引き継ぐ上でのさまざまな課題も整理されていくだろうと思うわけであります。   もっと読む
2014-09-16 坂東市議会 平成26年  9月 定例会(第3回)-09月16日−03号 一方で、洪水時には、遊水地として機能する重要な地でもあり、その昔は、魚類を採取するなど、人々のために恵みの沼とされてきた歴史があります。   もっと読む
2014-05-01 常総市議会 常総市:平成26年5月定例会議(第4回会議) 本文 残量調査の結果で、地域差もございますが、魚類や野菜を使用したサラダ、煮物など和食の献立の際に食べ残しが多いように感じられます。対して洋食の献立メニューでは、ふだんの食生活で食べなれているせいか残量は少ない傾向にあるようです。 もっと読む
2013-09-10 土浦市議会 平成25年 第3回 定例会-09月10日−03号 哺乳類から鳥類,魚類,多岐にわたっておりまして,その中で有名なのがアライグマ,哺乳類ではですね。それから,魚類では,先ほどもありましたけれども,ブルーギル,ブラックバス,そしてアメリカナマズ。また,クモ,サソリ類では,先ほどありましたようなセアカゴケグモ。そして,植物については,最近多くなっておりますオオキンケイギクという外来種がございます。   もっと読む
2013-06-17 茨城町議会 平成25年  6月 定例会(第2回)-06月17日−02号 水のある自然,シジミや淡水海水の多くの魚類,そして釣り,ウナギなど魚介類を生かした食事,涸沼自然公園を中心とした各種イベント,内水面を利用したスポーツなどいろいろあると思いますが,現実的にまだまだ観光資源として生かされていないと思います。  そこで,この涸沼を集客できる観光地にするために,まず拠点づくりが必要だと考えます。例えば1つに観光バスが進入し,駐車できる道路のアクセスと駐車場の確保。 もっと読む
2013-03-12 土浦市議会 平成25年 第1回 定例会-03月12日−03号 その他にも,コイやワカサギなどの川魚類や梨,ブルーベリーなどの果物類,そして常陸秋そば等々,本市にはたくさんの名産品がありますが,これらを活かし切れていないのが現状ではないでしょうか。弱点を克服するためには,今まで以上に,より具体的な,かつ大胆な施策を打ち出していかなければならないと思います。「つちうらブランド」事業は,その施策として打ち出されたものなのでしょうか。   もっと読む
2013-03-11 土浦市議会 平成25年 第1回 定例会-03月11日−02号 また,アレルギーの傾向につきましては,卵を原因食材とする児童が最も多く,そのほかでは牛乳などの乳製品,落花生,バナナ,キウイなどの果物類,エビ,カニ,魚卵などの魚類,小麦,大豆,豚肉,ソバなど,その種類は多岐にわたっておりまして,原因食材が複数ある児童が増加している傾向にございます。   もっと読む
2012-12-10 土浦市議会 平成24年 第4回 定例会-12月10日−02号 このような経験からハード対策費よりむしろ人の被曝を抑制する最良の方法は魚類の出荷制限であり,年月の経過とともに底質に新たに堆積する土壌が遮蔽効果を増大させることで,魚類への蓄積量が確実に減少していくということを観測データの推移を示しながら説明されておりました。   もっと読む
2012-09-12 鉾田市議会 平成24年  9月 定例会(第3回)-09月12日−一般質問−03号 しかしながら、漁業関係者が、那珂川からの取水によるアユの仔魚などの魚類等の吸い込みや霞ヶ浦から那珂川への送水による影響を懸念するということもあるため、漁業関係者から長年にわたる話し合いを行い、最小限の影響とするよう、調査や模範実験等を行い、科学的に評価をし、効果が確認されるまで本格運用は行わないこととなっております。   もっと読む
2012-06-13 笠間市議会 平成24年第 2回定例会−06月13日-04号 笠間市では、茨城県が平成23年に実施した植物の生育分布調査により、オオキンケイギク、アレチウリの生育が報告されており、また、魚類のブラックバス、ブルーギル、両生類のウシガエルが確認されております。これらは既に日本じゅうに広まっており、ほぼ全国で生育が確認されております。   もっと読む
2012-06-11 龍ケ崎市議会 平成24年  6月定例会(第2回)-06月11日−04号 大まかに種別ごとで申し上げますと,米が265件,野菜類が212件,果実類が85件,キノコ類が51件,山菜類が34件,魚類が2件,肉類が15件,卵が2件,井戸水が286件となっております。   もっと読む
2011-12-12 土浦市議会 平成23年 第4回 定例会-12月12日−02号 さらに福島県のセシウムによる汚染などの調査によりますと,9月以降に魚類130匹以上を採取し,そのうちアユとアヤメは国の基準を超えており,また,ワカサギは1キログラムあたり450ベクレルの高い値が検出されていると報道されております。  なぜワカサギなどに高いセシウムがたまるのか。 もっと読む
2011-09-20 鉾田市議会 平成23年  9月 定例会(第3回)-09月20日−議案質疑、討論、採決−04号 ただ、現在は漁業関係者とのこの20年余りにわたる話し合いを行い、最小限の影響とするよう、調査や模型実験等による検討を重ね、那珂川樋管設置、魚類吸い込み防止対策効果試験を行い、科学的に評価をし、効果が確認されるまでは本格運用は行わないということにもなっておりますので、当分はそれは見守りたいと。 もっと読む