運営者 Bitlet 姉妹サービス
1623件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-15 笠間市議会 平成31年第 1回定例会-03月15日-05号 ◎総務部長(中村公彦君) 今後の課題でございますけれども、全国的な傾向ではございますけれども、少子高齢社会におきまして、人口減少のスピードを緩和し、地域の活力の維持・活性化をしていくことが課題だというふうに感じているところでございます。   もっと読む
2019-03-14 笠間市議会 平成31年第 1回定例会-03月14日-04号 笠間市のデマンドタクシー、平成20年にスタートいたしまして、これまで3度、4度にわたって充実を図ってきたわけでございまして、高齢者の利用が特に多いということで、これからの高齢社会の中で、さらなる充実というのが今後出てくる可能性があるわけであります。   もっと読む
2019-03-06 笠間市議会 平成31年度予算特別委員会−03月06日-02号 ◆田村泰之 委員  61ページのデマンド交通システム運行管理委託料6,494万4,000円、これは、今超高齢社会が進んでいまして、買い物弱者が多々ふえてくると思うのですが、この6,494万4,000円で賄えるのか、お伺いいたします。 ○村上 委員長  北野課長。 もっと読む
2019-02-01 常総市議会 常総市:平成31年2月定例会議(第20回会議) 本文 福祉タクシーの対象者につきましては、先ほど議員の御質問にありました、日中独居等の対象者拡大、こちらにつきましてはやはり高齢社会が進む中で、交通弱者である高齢者の移動手段は重要な課題ということで認識はしております。 もっと読む
2018-12-12 守谷市議会 平成30年12月定例月議会−12月12日-03号 今後の高齢社会を見据えた取り組みとしましても,大変有効な手段でありますし,冒頭の一般質問の一つ目で質問させていただきました地域循環型ポイントシステムにおきましても,こちらも強固なセキュリティーというものを導入されておりますし,あらゆる情報の共有化が武器となっておりますので,今回二つ質問させていただきましたが,かなりリンクしてくる部分はあるのではないかと思っております。   もっと読む
2018-11-12 笠間市議会 平成30年第 4回定例会−11月12日-03号 必ず高齢社会、もちろん少子化もそうですが、高齢社会という表現を行政の担い手の人たちは言うんですが、高齢化って当たり前じゃないですか。どう考えたって。団塊の世代って、団塊という言葉、団塊の世代という用語が使われ始まったのはいつですか。その段階で、まさにその段階なんですが、その時点で高齢社会というのが訪れるのはわかります。違いますか。 ○議長(海老澤勝君) 保健福祉部長下条かをる君。 もっと読む
2018-09-21 下妻市議会 平成30年 第3回定例会(第5日 9月21日) 介護保険制度は、近年の急速な超高齢社会にあって、要介護者数の増加、また、それに伴う介護サービスの利用の増加等により、事業費の増加の一途をたどっており、国による費用やサービスに関する制度の見直しがされているのが現状です。   もっと読む
2018-09-21 笠間市議会 平成30年第 3回定例会−09月21日-06号 現在の少子高齢社会の中では、包括的な政策として保健部門、福祉部門が連携しながら取り組んでいる課題が多くあり、今後検討しながら進めていくことになる。組織のあり方については、庁内の検討の場でも考えるが、現段階では、喫緊の課題に前向きに取り組みたいと考えるとの答弁がありました。   もっと読む
2018-09-19 笠間市議会 平成30年第 3回定例会−09月19日-04号 ◆20番(小薗江一三君) 高齢社会は避けて通ることのできない差し迫った問題かと思います。 もっと読む
2018-09-18 守谷市議会 平成30年 9月定例月議会−09月18日-04号 将来,児童生徒が減少してきた場合の活用方法につきまして,例えば,高齢者の方,独居高齢者の方等への配食サービス等について,少子高齢社会にも対応できるそのような給食センターというものへの考え方などはあるのかをお願いいたします。 ○議長(梅木伸治君) 教育部長山崎浩行君。 ◎教育部長(山崎浩行君) お答えいたします。   もっと読む
2018-09-18 笠間市議会 平成30年第 3回定例会−09月18日-03号 ところで、遠くなったんだ、かゆいところに手が届かなくなってしまうんじゃないかという思いがある中で、デメリットの部分をもう一度検証していただいて、距離の部分だけ、あるいはこれからの高齢社会の中で交通の利便性をどうするかと考えたときに、もう一度デメリットはありませんか。ありませんかという言い方はおかしい、もう一度デメリットを確認してもらえませんか。 ○議長(海老澤勝君) 市長公室長塩畑正志君。 もっと読む
2018-09-14 神栖市議会 神栖市議会 会議録 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月14日−03号 現在、国全体で超高齢社会が加速し、高齢者のひとり暮らしや生活破綻、ニート、引きこもりで若者の就業意欲の欠如など、社会全体が生活困窮へと進んでいるように思えます。本当にこれは社会にとって、国や自治体にとっても深刻な問題です。一刻も早く自治体でも取り組まなければ、社会保障費が膨れ上がり破綻してしまいます。 もっと読む
2018-09-10 龍ケ崎市議会 平成30年  9月定例会(第3回)-09月10日−04号 コミュニティバスをはじめとします地域公共交通は,進行が著しい高齢社会や人口減少社会を見据えたコンパクトシティの構築には重要な生活インフラの一つであると考えております。特に,コミュニティバスの運行は日中の通院や買い物の足としてのご利用ばかりでなく,高齢者の社会参加の促進,また交流機会の拡大につながり,ひいては高齢者の自立や健康増進の一助となればと期待しているところでございます。   もっと読む
2018-09-07 龍ケ崎市議会 平成30年  9月定例会(第3回)-09月07日−03号 地域における人と人のつながりが薄くなったと言われる昨今ですが,少子高齢社会の到来などにより,例えば地域での災害時の対応や防犯,福祉などを考えますと,安心・安全な生活を持続していくためには様々な課題が山積されているというふうに思います。  これらの課題につきましては,一律に行政主体で取り組むことには限界があり,地域の助け合い,支え合いである共助の取り組みが重要視されているところでございます。 もっと読む
2018-09-06 結城市議会 平成30年第3回 定例会-09月06日−02号 さらに,人口減少,超高齢社会が訪れるわけです。  もちろん市民は,二元代表制のもと,市長に対して行政を託して,ひとつ住民自治の一端は担っているのかもしれませんけど,やはり自分で参画して,本来の住民自治を取り戻すんだという考えが浸透しているのかなというふうに思いますし,自分たちのまちは自分たちでつくり上げるんだという,こういう自立精神というのは非常に重要なのかなと思います。 もっと読む
2018-09-06 龍ケ崎市議会 平成30年  9月定例会(第3回)-09月06日−02号 〔足立 裕福祉部長 登壇〕 ◎足立裕福祉部長   高齢社会,近年の日本社会が抱える問題ですが,農業の現場におきましても農業従事者の高齢化などにより,農業労働力の減少や耕作放棄地の増加が課題となっています。その一方で,障がい者福祉の現場では,働きたくても働く場が見つからない。たとえ働いても賃金や工賃が低いといった課題があります。 もっと読む
2018-09-05 石岡市議会 平成30年第3回定例会(第4日目) 本文 開催日:2018-09-05 167 ◯9番(小松豊正君) いろいろ努力されていること、また、なかなかそれを実現する上で難しいことなどもお話しになったかと思いますけれども、これからやっぱり高齢社会に向かう中で、そういう方々が、例えば運転免許証を返納するという方も出てくるわけですね。70歳以上の方もいます。 もっと読む
2018-06-14 笠間市議会 平成30年第 2回定例会−06月14日-05号 迎える超高齢社会に対応し得る行政サービスの根幹をどう考えるか、伺います。狭まってきましたからね。 ○議長(海老澤勝君) 総務部長中村公彦君。 もっと読む
2018-06-13 笠間市議会 平成30年第 2回定例会−06月13日-04号 未来の年表の中に、少子高齢社会、すなわち人口の絶対数が激減したり、高齢者数が激増することによる弊害に対する幾つかの処方箋が書かれております。その一つに、非居住区エリアを明確にすることであります。人が住む地域とそうでない地域とを国土に色分けし、コンパクトで効率的な国づくりをする。また、そういうふうに変えるということであります。   もっと読む
2018-06-13 ひたちなか市議会 平成30年第 2回 6月定例会-06月13日-02号 小中一貫教育は,中1ギャップの対応など小中の円滑な接続という面での期待,また少子高齢社会の中,これからの教育は質を高める段階になっていると思います。小中一貫教育はしっかりとした教育目標の上に成り立ち,9年間でどのような児童・生徒を育てるか,明確なビジョンを描いていただけるよう,教育長,教育委員会,そして現場の先生方皆様へ期待するところであります。   もっと読む