160件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

下妻市議会 2019-06-11 令和元年 第2回定例会(第3日 6月11日)

また、常総市では、首都中央連絡自動車の常総インターチェンジ周辺整備事業として、令和4年度の開業に向け、道の駅や民間集客施設観光農園ゾーン、企業立地ゾーン、都市公園などを含めた約45ヘクタールの食と農の産業団地の整備を進めているところであり、今後それら施設との競争が予想されているところでございます。  

つくば市議会 2018-07-26 平成30年 7月26日道路・公共交通体系及びTX沿線整備調査特別委員会-07月26日-01号

議会総務主査       浅 野 公 彦        ────────────────────────────────────                     議  事  日  程                                 平成30年7月26日(木曜日)                                 午後1時31分開会 1 開会 2 挨拶 3 案件  (1)首都中央連絡自動車

稲敷市議会 2018-06-05 平成30年第 2回定例会−06月05日-01号

当該3路線は、首都中央連絡自動車の開通において既設市道の変更が生じたこと、また、生活道路として整備された側道及び橋梁が常総国道工事事務所から移管されたことから、新たに認定するものであります。  次に、議案第75号 市道路線の変更についてでございます。  本案は、市道(江)1296号線ほか12路線の変更について、道路法第10条第3項の規定に基づき議会議決を求めるものであります。  

常総市議会 2018-05-01 常総市:平成30年5月定例会議(第1回会議) 本文

               │ 3)「教員の働き方改革」を求める│  可決   │ │    │               │  要望            │       │ │    │               │ 4)国民健康保険広域化に伴う財政│  可決   │ │    │               │  支援の拡充について     │       │ │    │               │ 5)首都中央連絡自動車

日立市議会 2018-03-05 平成30年第1回定例会(第2日目) 本文 開催日: 2018-03-05

日立南太田インターチェンジ周辺を含む日立港区後背地につきましては、平成28年3月に東京ガスの日立LNG基地が本格稼働を開始したことや、平成29年2月に首都中央連絡自動車茨城県内区間の全線が開通したことなどによる広域交通網の整備に伴いまして、エネルギー産業や広域物流の拠点としての開発ポテンシャルが高まってきております。  

ひたちなか市議会 2018-03-02 平成30年第 1回 3月定例会−03月02日-01号

歳出においては,デフレから脱却を目指して,生産性向上を推進するため,中小企業大学等の連携による研究開発への補助や,中小企業・小規模事業者の生産工程改善のためのロボット等の導入促進のほか,物流効率化と民間投資誘発のための高規格幹線道路港湾の機能強化が盛り込まれており,その一つとして圏央道(首都中央連絡自動車)の4車線化が進められることとなっております。  

つくば市議会 2017-12-05 平成29年12月定例会−12月05日-02号

でも、この中でも、都市整備の基本目標として、このつくばの中心市街地については、科学技術中枢の拠点とし、また、広域自立都市圏中核都市、また、エコライフモデル都市、このようなことが基本目標として掲げられておりまして、特に、この広域自立都市圏中核都市としては、当時の常磐新線及び首都中央連絡自動車等の高速交通体系の整備などを背景に、広域的な都市圏の中核都市として都心機能の充実強化などによる工事都市機能の

つくば市議会 2017-07-27 平成29年 7月27日道路・公共交通体系及びTX沿線整備調査特別委員会-07月27日-01号

議会総務主事       岡 野 冴 季        ────────────────────────────────────                     議  事  日  程                                 平成29年7月27日(木曜日)                                 午後1時33分開会 1.あいさつ 2.案件  (1)首都中央連絡自動車

つくば市議会 2017-06-21 平成29年 6月定例会−06月21日-04号

そういった中で、例として挙げさせていただきますと、都市計画マスタープランにおきましては、谷田部コミュニティにつきましては、常磐自動車道首都中央連絡自動車インターチェンジが整備され、またつくばエクスプレスの3駅が立地していることから、市内の交通の要衝として、交通の利便性を生かした商業工業、流通業務等の拠点としての役割が求められると明記されております。 ○議長(塩田尚君) 長塚俊宏君。

常総市議会 2017-05-01 常総市:平成29年5月定例会議(第2回会議) 本文

──┤ │2月13日│きぬ医師病院運営協議会   │1.平成28年度きぬ医師病院運│  ─   │ │    │       (於:常総市) │  営協議会への提言      │      │ │    │               │2.その他           │      │ ├────┼───────────────┼────────────────┼──────┤ │2月26日│首都中央連絡自動車

つくば市議会 2017-03-17 平成29年 3月定例会-03月17日-付録

               13番   木 村 修 寿 議員 ┌───────────┬────────────────────────────┬──────┐ │  質 問 事 項  │         要         旨        │ 答 弁 者 │ ├───────────┼────────────────────────────┼──────┤ │1 スマートIC整備推│ 首都中央連絡自動車

つくば市議会 2017-03-09 平成29年 3月 9日道路・公共交通体系及びTX沿線整備調査特別委員会−03月09日-01号

議会総務課議事係長     柳 田 安 生        ────────────────────────────────────                     議  事  日  程                                 平成29年3月9日(木曜日)                                 午後2時30分開会 1.あいさつ 2.案件  (1)首都中央連絡自動車

日立市議会 2017-03-06 平成29年第1回定例会(第2日目) 本文 開催日: 2017-03-06

首都中央連絡自動車の県内区間の全線開通による本市への企業立地への効果についてお伺いいたします。  (2)観光振興について。  茨城県内では、鹿島アントラーズリーグ優勝、天皇杯優勝、稀勢の里19年ぶり、また、茨城県では九十数年ぶりの日本人横綱昇進や県民栄誉賞へと話題が多い新年のスタートとなりました。  

つくば市議会 2016-12-22 平成28年12月定例会-12月22日-付録

│(1)筑波山及び牛久沼周辺における観光開発及び市内の観│ 9人 │  │            │   光産業育成に関する調査・研究         │    │  │            │(2)観光のまちづくりに関する調査、研究       │    │  ├────────────┼───────────────────────────┼────┤  │道路公共交通体系及びT│(1)首都中央連絡自動車

つくば市議会 2016-12-22 平成28年12月定例会−12月22日-06号

この委員会につきましては、特に首都中央連絡自動車、いわゆる圏央道でございます。これにつきましては、きのう20日に、国土交通省より、つくば中央インターから境古河インター間が2月26日に開通するというふうな発表がありました。これで、茨城県内全域、全線開通の運びになるところでございます。つくば市の企業誘致はもちろんのこと、市場の拡大等が期待されるところでございます。  

稲敷市議会 2016-12-06 平成28年第 4回定例会-12月06日-01号

先月28日に、橋本県知事を初め、坂東市長、潮来市長らとともに、首都中央連絡自動車の早期4車線化工事に向けた要望活動を、国土交通大臣並びにネクスコ東日本社長に対して行ってまいりました。圏央道の全線開通により首都圏の主要都市が結ばれることになります。このことを契機とし、稲敷市の経済の活性化に結びつくような取り組みを実施してまいりたいと考えております。  

つくば市議会 2016-09-21 平成28年 9月定例会-09月21日-付録

2005年のつくばエクスプレスの開通、首都中央連絡自動車の整備│ │ 、それに伴う沿線開発、2011年からの国家公務員宿舎削減計画といったインパクト等の影響から、まちづくり│ │ ・都市計画などの見直しが急がれる最中であったことからも、今回の構想と立案に至っての経緯については、│ │ 唐突かつ説明不足であった。