運営者 Bitlet 姉妹サービス
4287件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-15 笠間市議会 平成31年第 1回定例会-03月15日-05号 市に提出する計画を作成するに当たりましては、笠間地域農業改良普及センター、常陸農業協同組合や市などの経営相談などを実施しまして、5年後の計画を立てることとなりますが、その中では、作柄や経営規模の妥当性、施設や機械の導入、雇用計画などを考察した上で、年間農業所得490万円以上、年間労働時間2,000時間以内の経営計画としております。  計画は笠間市農業再生協議会幹事会におきまして審査を行いますが。 もっと読む
2019-03-14 笠間市議会 平成31年第 1回定例会-03月14日-04号 また、平成28年度よりスクールソーシャルワーカーを3名雇用し、不登校児童生徒や保護者の支援相談にも努めてまいりました。  また、夏休みに教育研修センターの先生を講師にしまして、不登校児童生徒を減らすための未然防止策として体験型の研修を実施してきたところであります。  以上でございます。 ○議長(飯田正憲君) 西山 猛君。 もっと読む
2019-03-12 笠間市議会 平成31年第 1回定例会-03月12日-03号 また、保育士不足解消のため、市内の保育施設に雇用される保育士の就職準備金を支援いたします保育士就労支援事業を創設いたします。  さらに、子育て支援と地域コミュニティー持続を目的に、福原地区の公営住宅で子育て世帯支援事業や入居者学習支援事業等を実施してまいります。 ○議長(飯田正憲君) 田村泰之君。 もっと読む
2019-03-07 笠間市議会 平成31年度予算特別委員会−03月07日-03号 民間保育所乳児等保育事業補助金は、1歳児を保育するための専任保育士を雇用した民間園への補助でございます。  その下でございます。多子世帯保育料軽減事業補助金は、保育園等に通園する第2子以降の3歳未満児の子どもを持つ一部世帯の経済的負担軽減を図るための補助金でございます。   もっと読む
2019-03-06 笠間市議会 平成31年度予算特別委員会−03月06日-02号 その下段になります、新規立地企業従業員家賃補助金240万円は、企業立地促進事業補助金を受けた企業の従業員で、笠間市に住所を有し、民間賃貸住宅に入居した従業員に、家賃の2分の1、月額2万円を上限として補助するもので、平成31年度は、株式会社モノタロウとジャパンテック株式会社等の正規雇用者の10人分を計上しております。  その下の段になります。 もっと読む
2019-03-01 笠間市議会 平成31年第 1回定例会-03月01日-02号 ⑥の先生方の意見を聞いて行う方針はあるのかについてでございますが、親子通園事業に限らず、児童発達支援センターのあり方について、先生方を雇用している社会福祉協議会や、乳幼児検診を行っております保健センターの保健師、教育委員会の就学前アドバイザーなど専門家や関係機関と協議を重ねているところでございます。 ○議長(飯田正憲君) 教育次長小田野恭子君。 もっと読む
2019-02-27 笠間市議会 平成31年第 1回定例会-02月27日-01号 また、栗畑を10アール以上規模拡大する農家に対して、拡大規模や整備内容に応じた補助金も引き続き交付するとともに、この事業と連携して栗生産にかかわる作業員を雇用した場合、その賃金の一部を補助することでさらなる栗の圃場拡大と生産振興を図ってまいります。 もっと読む
2018-12-27 笠間市議会 平成30年第 1回臨時会−12月27日-付録 記 1 事 件   (1)基本的な構想及び総合的な計画について         (2)行政組織・広報公聴について         (3)行財政改革について         (4)財政及び税務について         (5)消防・防災対策について         (6)防犯対策について         (7)環境保全対策について         (8)雇用及び労働者対策について         (9 もっと読む
2018-12-21 つくば市議会 平成30年12月定例会−12月21日-05号 次に、議案第130号 つくばウェルネスパークの指定管理者の指定についての審査では、今回、指定管理者がかわるが、今まで働いている方は継続で雇用されるのかとの質疑があり、指定管理者がかわった場合、現在雇われている方については、雇用条件のすり合わせが整えば、その方の雇用も視野に入れていると聞いているとの答弁がありました。   もっと読む
2018-12-20 下妻市議会 平成30年 第4回定例会(第5日12月20日) また、現在指定管理業務に携わっている従業員の継続雇用をすることについて、株式会社クリーン工房はどう考えているのかとの質疑に対し、執行部より、基本的には継続雇用であり、一人一人面接をして雇用条件等を確認していくとのことであるとの答弁がありました。   もっと読む
2018-12-17 守谷市議会 平成30年12月定例月議会−12月17日-05号 歳出で,ファミリーサポートセンター事業は,北園保育所集会室にて新たに一時預かり事業を実施するに当たり,必要となるアドバイザーの雇用及び備品購入等にかかわる経費の増額,子ども・子育て支援給付事業は,事業所から過年度分の子ども・子育て支援給付費の一部返還を受けるに当たり,国及び県に対し負担率相応額を支出するための返還金の増額,その他の事業は平成29年度国庫補助金の精算に伴う返還金であるとの説明がありました もっと読む
2018-12-13 守谷市議会 平成30年12月定例月議会−12月13日-04号 先ほど,日数とかという雇用に関しての時間,日数を言っていらしたようですけれども,実際にはその人数がふえることは聞いていませんけれども,では,雇用形態というのは,どういうふうにするのかということです。担当の正規の職員が何パーセント,臨時の職員が何パーセントとか,そういうその雇用の状況がわかれば伺いたいと思います。 ○議長(梅木伸治君) 教育部次長飯塚哲夫君。 もっと読む
2018-12-12 つくば市議会 平成30年12月定例会-12月12日-03号 平成30年度も応募が1件多かったということですけれども、もう少し、つくば市が場の提供ですとか、支援の仕組みの構築、それから今後の起業、新規雇用として、最終的には社会におけるさまざまな問題解決につなげていく、そのことが市民にとっては、科学技術を身近に感じることができるというふうなことの傾向性の中での事業だと思っておりますけれども、このつくば市の取り組み方、展開の仕方、もう少し伺えればと思うのですが。 もっと読む
2018-12-12 守谷市議会 平成30年12月定例月議会−12月12日-03号 新規雇用と安定的な就労のためには,職場の人間関係や労働環境の整備が大きな課題というふうに認識しております。こちらは,先日の茨城新聞等にも同じような報道がありまして,他の市においても同じような取り組みになっていると思います。   もっと読む
2018-12-11 守谷市議会 平成30年12月定例月議会−12月11日-02号 障がい者雇用の継続をということで,障がい者の方,1名いらっしゃるかと思います。非常に活発に働いていただいていると認識していますが,直営移行後も雇用は継続されるとみなしてよろしいですか。 ○議長(梅木伸治君) 教育部次長飯塚哲夫君。 ◎教育部次長(飯塚哲夫君) お答えします。  障がい者の雇用につきましては,今現在TRCで1名雇用をしております。 もっと読む
2018-12-11 結城市議会 総務委員会(平成30年)-12月11日−04号 この条例の改正によりまして,企業の本社誘致による多様な雇用の創出など,将来的な経済効果が図られ,また固定資産税の安定した税収の確保につながる効果が見込まれます。  以上です。 ○委員長(佐藤仁君) ご発言ございませんか。平 陽子副委員長。 ○副委員長(平陽子さん) 今,本社機能というお話だったんですが,今まで,結城の工業団地って,本社がこちらに来たという会社とかはあるんですか。 もっと読む
2018-12-11 つくば市議会 平成30年12月定例会-12月11日-02号 小規模企業は、地域経済と雇用の主要な担い手であり、今後も引き続きつくば市商工会と連携し、市内企業の活性化に向けた取り組みを支援していきます。また、小規模企業振興条例の制定については、その目的や効果など調査研究し、他市町村の事例も参考にしながら、検討していきます。  一般住宅のリフォーム補助制度については、耐震改修やバリアフリー化などのリフォームの支援を行っています。 もっと読む
2018-12-10 下妻市議会 平成30年 第4回定例会(第2日12月10日) ただし、従業員の雇用につきましては、クリーン工房から提出された公の施設事業計画書の中に、現在の従業員のうち継続雇用を希望する者への面談の計画が示されておりますので、この計画に沿って従業員の採用がされるものと考えております。  以上でございます。 ○議長(原部 司君) 以上で平井 誠君の質疑に対する答弁を終わります。  再質疑はありませんか。 ○18番(平井 誠君) ありません。 もっと読む
2018-12-07 結城市議会 平成30年第4回 定例会-12月07日−03号 障害者雇用促進法について伺います。  障害者法定雇用率について。  雇用者,障害者雇用の水増し問題で,中央省庁にマスコミ等で批判の目が注がれました。この法律は,障害者の方が働きやすい機会と環境を生み出すことを目的としております。事業主は,法定の雇用率以上の割合で障害者を雇用する義務があるとされております。   もっと読む
2018-12-06 結城市議会 平成30年第4回 定例会-12月06日−02号 次に,給与の今後の方向性についてでございますが,人件費の総額が減少から増加に転じている状況に加え,地方公務員法の改正により,平成32年4月から新たに導入される会計年度任用職員制度の創設に伴い,現行の嘱託職員や臨時職員をはじめとする非常勤職員の雇用形態が大きく変わることになり,給与や勤務条件が常勤職員に近い状態になることから,さらに人件費の上昇を招くことが想定されております。   もっと読む