330件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

ひたちなか市議会 2019-09-26 令和 元年第 3回 9月定例会-09月26日-付録

平成28年8月には,台風5号,7号,9号,10号が接近し,特に8月23日の集中豪雨では,時間最大雨量38mm,総雨量141mmを記録するなど,これまでにない降雨により,市西部地域を中心に,床上浸水10棟(24戸),床下浸水154棟(163戸),道路冠水32箇所と大きな被害が発生した。

ひたちなか市議会 2019-09-06 令和 元年第 3回 9月定例会−09月06日-03号

本市においても,平成28年8月23日の集中豪雨により多くの浸水被害等が発生しました。その対策として,翌年4月には豪雨から市民を守る緊急治水計画が策定され,雨水幹線整備や河川改修等が進められているところであります。早急な対応については,市民の皆様からも高い評価をいただいているところと感じています。  

ひたちなか市議会 2019-08-29 令和 元年第 3回 9月定例会-08月29日-01号

平成28年8月には,台風5号,7号,9号,10号が接近し,特に8月23日の集中豪雨では,時間最大雨量38mm,総雨量141mmを記録するなど,これまでにない降雨により,市西部地域を中心に,床上浸水10棟(24戸),床下浸水154棟(163戸),道路冠水32箇所と大きな被害が発生した。

ひたちなか市議会 2019-06-20 令和 元年第 2回 6月定例会-06月20日-03号

原発こそが,365日とめることなく温排水を放水し続け,温暖化の要因となり,台風を引き寄せ,また集中豪雨を引き起こす。竜巻もふえてきていますが,これからは,竜巻が原子力の建屋を襲うことも考えられる事態になっていると考えます。  海を温め続けている主な要因は原発なのだということが言えると思います。

日立市議会 2019-06-17 令和元年第2回定例会(第2日目) 本文 開催日:2019-06-17

また、近年、全国各地で多発している自然災害は、台風を始め集中豪雨地震、そして記録的な猛暑など甚大な被害をもたらしている状況にあります。最近では、熊本地震大阪府北部地震西日本豪雨、台風21号、北海道胆振東部地震など、これまで経験したことのないような大規模な自然災害が相次ぎ、日本列島に甚大な被害の爪痕を残しました。

稲敷市議会 2019-06-07 令和 元年第 2回定例会−06月07日-03号

このように、異常気象は、集中豪雨などを呼び季節外れの台風が当たり前にやってくるのですが、局所的災害では、救済処置はとれない、自然の猛威はどうにもなりませんが、被害に遭った大規模農家への対応策は必要と考えますので、市長の惻隠の情をもって、農作物等被害見舞金支給の考えをお伺いします。 ○議長(伊藤均君) 市長筧 信太郎君。               

守谷市議会 2019-03-18 平成31年 3月定例月議会−03月18日-04号

昨今は,集中豪雨が今日本全国どこでも集中して起きているわけなのですけれども,雨水が一気に河川に流れる。それで河川の増水や内水,その河川に流れない内側にたまった水の被害というものが大きく懸念されているのではないかと思います。  そこで,流水計数と排水の関係これが重要になってくるのかなと思います。そこで,市の治水対策について,いつごろからこの計画が着手され,どのように進むのか伺います。

笠間市議会 2019-03-14 平成31年第 1回定例会-03月14日-04号

雨量の多い台風とか夕立などの集中豪雨が発生した際に、一時的に雨水が滞水していたということが確認されている状況でございます。 ○議長(飯田正憲君) 林田美代子君。 ◆7番(林田美代子君) 次に、小項目2に移ります。  冠水の原因は何か伺います。先ほど1番で述べられましたけれども、もう一度お伺いいたします。 ○議長(飯田正憲君) 都市建設部長大森 満君。

笠間市議会 2019-03-12 平成31年第 1回定例会-03月12日-03号

こうした中、主な災害を振り返ると、集中豪雨では、西日本を襲った平成30年7月豪雨、常総市の鬼怒川氾濫をもたらした平成27年9月関東東北豪雨といった大雨被害、地震では、熊本地震北海道胆振東部地震といった震度7以上の大地震台風では我が笠間市でも大きな被害をもたらした昨年の台風24号の暴風雨災害気象庁の発表によると、笠間市では観測史上最高の瞬間最大風速35.4メートルを記録したそうだ。

ひたちなか市議会 2019-03-08 平成31年第 1回 3月定例会−03月08日-04号

1点目は,集中豪雨対策についてであります。2点伺います。  1つ目,雨水幹線と河川改修整備の見通しについてであります。  平成28年8月の集中豪雨では,時間最大雨量38ミリ,総雨量141ミリの降雨がありまして,床上浸水24戸,床下浸水163戸,道路冠水32カ所と甚大な被害が出ました。

ひたちなか市議会 2019-02-27 平成31年第 1回 3月定例会−02月27日-01号

地震台風集中豪雨などの自然災害への備えを着実に進めてまいります。津波からの避難路ともなる船窪地区の和田町常陸海浜公園線につきましては,2020年4月の供用開始に向けて,整備を進めてまいります。  集中豪雨対策につきましては,緊急治水計画に基づき,高場流域及び大島流域の雨水幹線整備を,下流域の一級河川大川など,河川改修の進捗との整合を図りながら一体的に進めてまいります。  

ひたちなか市議会 2019-02-27 平成31年第 1回 3月定例会-02月27日-目次

北原祐二議員 ……………………………………………………………………… 75    1.今後のまちづくりについて ………………………………………………………… 76    2.平成31年度予算編成について …………………………………………………… 76    3.平成31年度市政の取り組みについて …………………………………………… 76    (1)市民安全安心な暮らしを守るまちづくり      ①集中豪雨対策

日立市議会 2018-09-28 平成30年第3回定例会(第5日目) 本文 開催日:2018-09-28

全国各地において、地震集中豪雨による水害など、過去に類を見ない災害が多発しております。本市では、平成29年度に、自主防災訓練防災リーダー研修会及び防災資機材等の整備など、地域防災活動を支援しながら、市民防災体制の強化を図りました。  さらには、様々な災害に迅速に対応するために、洪水ハザードマップ土砂災害ハザードマップを作成したところであります。  

稲敷市議会 2018-09-06 平成30年第 3回定例会−09月06日-02号

私たちが暮らすこの地域は、気流とか地形やさまざまの条件の中で、1時間に80ミリを超える降水量が長時間続くような集中豪雨による災害は起きておりませんが、しかし、近年の気象災害は、いつでもこの稲敷市が豪雨災害に見舞われる状況にあります。  その実例として、過去に2013年10月、台風26号が稲敷市へも大きな被害をもたらしたことは、当市において、いまだ課題を多く残しております。