15件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

笠間市議会 2019-03-12 平成31年第 1回定例会-03月12日-03号

また、東日本大震災の被災地、陸前高田の教訓で、ハザードマップは1メートル津波を予想していたようだが、現状は10メートル以上の津波が押し寄せた。つまり、想定していた10倍以上の津波が押し寄せたことになる。このことに対し、ハザードマップの精度は正確だったのか、ハザードマップの信頼性を100%信用してよいものなのか、考えさせられることである。  

土浦市議会 2017-12-12 平成29年 第4回 定例会-12月12日−03号

東日本大震災におきまして庁舎が被災し,役所の機能が完全に失われました陸前高田大槌町南三陸町女川町におきましては,津波により住民基本台帳データが喪失いたしましたが,保守管理を行っている業者が保管しておりましたバックアップデータにより復旧はしたものの,復旧まで1カ月弱かかり,その間,安否確認や行方不明者の把握ができなかった事態となりました。

常総市議会 2015-11-01 常総市:平成27年11月定例会議(第20回会議) 本文

任用しようとしている方につきましては、古文書に係る広い知識を有していることから多くの市町村の郷土史編さん等にかかわられているとともに、さきの東日本大震災では釜石市陸前高田における水損文書の復元に大変尽力された方を予定しています。  勤務に関しましては、月12日間程度を予定し、報酬は日額1万円、一般職旅費に相当する額の費用弁償を支払うことといたします。  

稲敷市議会 2014-06-06 平成26年第 2回定例会−06月06日-03号

佐賀県武雄市が2011年11月に通販サイトの運営を始めたのがきっかけで、北は岩手県陸前高田から南は沖縄県石垣市まで、近いうちに4自治体が追加される予定だそうです。取り扱う商品は、農畜産物やその加工品などがメーンで、物品販売だけでなく、サイト内で地域環境情報なども提供しているのが自治体運営ならではの特徴です。

古河市議会 2013-09-17 平成25年  9月 定例会(第3回)-09月17日−一般質問−03号

また、私たち政策研究会は、石巻市の安田さん宅の瓦れきや土砂の片づけを初め仮設住宅での餅つきや、親を亡くし元気をなくした子供たちがたくさんいた相馬市立磯部小学校でのロケットの打ち上げ、女川町陸前高田南三陸町へ支援物資を届けるなど、今まで7回にわたり被災地を訪れ、被災地の方の生の声を聞いてきました。瞬時の判断で生死を分けた方や、39歳の消防団員の息子を亡くされたお母さんにも会いました。

土浦市議会 2012-12-11 平成24年 第4回 定例会-12月11日−03号

最も多かったのが陸前高田の50名,この言語に絶する殉職者の数は,この大震災について考える余地を与えません。あまりにも多くの消防団員の方々が亡くなられました。  一方,消防団消防士の方々の多くは住民に避難を呼びかけたり,被災からの救助,救援活動の最前線で献身的に行動され,様々な場面での経験を通して,貴重なご意見や体験,エピソードをお持ちだと思います。

下妻市議会 2012-09-12 平成24年 第3回定例会(第4日 9月12日)

また、市の職員につきましても、東日本大震災の際には被災地である岩手県陸前高田へ、本年5月には竜巻被害のあったつくば市北条地区へそれぞれ率先して赴き、瓦れきの撤去など、災害ボランティアとして活動を行っております。改めて災害ボランティア活動の重要性を再認識し、さらなる機運の醸成に努めてまいりたいと考えているところでございます。  

土浦市議会 2012-06-11 平成24年 第2回 定例会-06月11日−02号

さて,私ども公明党市議団は,5月7日,8日,9日と宮城県女川町宮城県気仙沼市岩手県陸前高田震災の現状と課題について視察をしてまいりました。他会派の皆様も同日,他の被災地の視察をされております。同じような思いをされたのではないかと思っております。私たちは被災地の海岸線を車で走っての視察でしたが,あまりの被害の甚大さに,私たち市議団5人は声も出ない,声にならないという思いを何度もしました。

行方市議会 2011-06-23 平成23年  6月 定例会(第2回)-06月23日−02号

当行方市では多分無理だと、自分の判断ですよ、思うんですけれども、これ、6月17日発行の、これ、やっぱり全国農業新聞なんですけれども、名古屋市職員派遣というふうなことで、岩手陸前高田のほうにこれ、農業委員会にというふうなことでありますが、復興へ人的サポートというふうなことがありますが、市ではそういうことはされましたか。

古河市議会 2011-06-16 平成23年  6月 定例会(第2回)-06月16日−一般質問−05号

これは、その市役所の状況、陸前高田とか被災地の状況にもよりますが、想定をした災害によって、いつまでにどういったことができるかということをきちんとその計画の中にうたわなければ、ある意味、それこそ絵にかいたもちになってしまいかねませんので、改めて申し上げておきたいと思います。  

古河市議会 2011-06-14 平成23年  6月 定例会(第2回)-06月14日−一般質問−03号

東日本大震災に伴う津波によって壊滅的被害を受けた陸前高田にある高田松原で、7万本の中で1本だけ残った松が現在復興シンボルとなっていますが、この松をモチーフにしたキャラクターグッズを避難生活をしている住民がつくり、ネット販売しようとしています。そして、その収益を災害復興資金にするそうですが、これは住民のアイデアが状況を改善させていく一助になっているという例です。  

ひたちなか市議会 2011-06-09 平成23年第 3回 6月定例会−06月09日-02号

なお、今回東北地方の被災地で災害ボランティアとして活動するために57名の市民の方がボランティア保険加入し、石巻や陸前高田などで家屋の片づけや泥出しなどの活動を行っております。このほかにも個人団体で民間バス会社等が企画する災害ボランティア参加されている市民の方々もおられます。  

  • 1