6件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

下妻市議会 2019-03-15 平成31年 第1回定例会(第4日 3月15日)

そして、直接民主制じゃなくて間接民主でありますから、当然、直接選ばれた私、それから議員さんの意見の裏に多くの支持者がいます。そういった方たちの意見というのは、この今言った、私は公共施設マネジメントに集約されていると思っています。  ですから、もう一度確認します。とり方というふうに言われてしまうと困ってしまうものですから、もう一度朗読します。  

古河市議会 2007-12-14 平成19年 12月 定例会(第4回)-12月14日−委員長報告・質疑・討論・採決−06号

直接請求制度は、住民の選挙によって選出された首長または議員意思決定をし、執行するという間接民主によっている現行の実施制度のもとにおいて、それら選挙された者が行った判断等が選挙民の意思とは異なると考えられる場合、これを調整するために設けられる直接参政制度の一種であり、住民から発議する権利を認めた制度であるが、この制度を一般市民に名をかり、特定集団の政治目標のために利用しようとする場合、特に運動の中

笠間市議会 2007-03-22 平成19年第 1回定例会−03月22日-05号

間接民主なんですよ。直接ではないんですよ。どういう意味かわかりますよね。そのために、各地域から議員がいたり、議員が選出されたりという形、もちろん選挙によって。そして、議会制民主主義にのっとって、ここで議決権を持った議会執行部とともに一つのまちづくりをやっていくというのが姿でございます。  

筑西市議会 2007-02-13 平成19年  2月 臨時会(第1回)-02月13日−議案上程・説明・質疑・採決−01号

直接請求は、原則として間接民主をとる我が国にあって、これを補完するための直接民主制のひとつの方法として、法律に定められた国民権利であります。  議会におかれましては、直接請求の趣旨を十分ご理解頂きまして、慎重なる審議のうえ、判断を下されることをお願いし、意見といたします。  平成19年2月13日、筑西市長、冨山省三。 ○議長(吉澤範夫君) 以上で説明を終わります。  

  • 1