9件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

古河市議会 2016-06-15 平成28年  6月 定例会(第2回)-06月15日−一般質問−04号

記事では、古河歴史博物館には鎖国時代の対外関係資料が豊富に収蔵され、全国的にも高い評価を得てきた。しかし、恵まれた施設と収蔵物の一方で、配置された学芸員の人数は他の同規模の博物館と比べて少なく、不安視する声もあるという内容であります。また、細かな分析によりますと、常勤の学芸員は3人で、近世民俗美術の担当者が各1人であり、来館者数は2014年度2万2,150人である。

笠間市議会 2015-09-14 平成27年第 3回定例会-09月14日-03号

日本江戸時代鎖国になっていて、長い時代でありましたが、日本が徳川時代といわれる時代の後半以前より、世界では大航海時代があり、いろいろな船を建造して、いろいろな国に出かけていきました。そういう中にあって、結局先進国といわれる国はいろいろな国に行って強奪や植民地化やいろいろな形の中で、今で考えればとんでもないことを先進国というあらゆる国がやってきたわけでございます。

行方市議会 2014-11-28 平成26年 12月 定例会(第4回)-11月28日−03号

そんな中で、常々、自分はよそから戻ってきた立場の人間として、行方市は、行方市というか、本当に、この麻生町時代から含めて戻ってくるたびに感じたのは、何か鎖国状態に近いようなものを非常に感じています。それはどういうことかと申しますと、何ていうんですか、例えば行方市、これから農業後継者もなくて、田んぼ、畑、やめられる方もいるのかなと。

古河市議会 2013-12-16 平成25年 12月 定例会(第4回)-12月16日−一般質問−03号

これは、鎖国から国際化、明治のころはまだまだ鎖国、そういった中で急激に国際社会の中に日本は入っていったわけです。さらにグローバル化の世界と共存共栄を、先ほどの自然と同じように、世界と共存共栄をしなくてはいけない。その中で言葉は、国際社会におけるコミュニケーションのツールとして非常に重要な役割を果たしているわけです。  

ひたちなか市議会 2011-12-14 平成23年第 8回12月定例会−12月14日-02号

まるで日本鎖国状態にあるかのような言い方をしておりまして、マスコミなんかでも、バスに乗りおくれるなということを盛んに報道しております。しかし、TPP参加については東アジア13カ国のうちTPP交渉参加しているのは4カ国にすぎません。その4カ国とは既に日本経済連携協定を結び、工業製品関税は撤廃されております。

常総市議会 2010-12-14 常総市:平成22年第4回定例会(第4号) 本文 開催日:2010-12-14

日本農業鎖国だ」とかいうまったくの事実歪曲がありますが、農業がもっとも開かれた国になっているのが現状です。  諸外国の平均関税率は、EU(欧州連合)20%、アルゼンチン33%、ブラジル35%、メキシコ43%、世界の多くの国がとりわけ自国にとって重要な品目については、しっかりとした関税をかけ、国境措置を守っています。  

日立市議会 2005-03-10 平成17年第1回定例会(第5日目) 本文 開催日:2005-03-10

水戸藩は、鎖国が始まって間もない初代藩主助川頼房の時代、早くも水木に異国船遠見番所を設けています。1645年であります。以後、200年にわたって太平洋沿岸の海防に努めてきました。  日立市には、水木異国船遠見番所、川尻異国船番所など7地区に歴史的な史跡があります。これら先人の貴重な足跡を後輩である私たちには後世に残していく当然の責務があると考えます。  

下妻市議会 2004-12-16 平成16年 第4回定例会(第6日12月16日)

昨年10月、小泉首相は、「農業鎖国は続けられない」という発言をしてひんしゅくを買いました。この「食料農業農村基本計画」見直しは、アメリカと財界がこれまで農政上の懸案としてきた課題を一気に突破しようとして進めているものであります。これまでの家族経営を基本とする農政の枠組みを崩し、財界がもくろむ徹底した貿易自由化の障害をなくことが目的であることは明白です。

  • 1