9件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

つくば市議会 2013-12-17 平成25年12月定例会-12月17日-付録

パン、麺)の質            │      │ │           │  イ 調理済み加工品の使用頻度            │      │ │           │  ウ 地元産野菜有機農産物特別栽培農産物含め)の使│      │ │           │   用                        │      │ │           │  エ 基礎調味料(醤油

ひたちなか市議会 2009-12-17 平成21年第 7回12月定例会−12月17日-05号

2001年の表示制度の導入以来、GM由来の輸入原料から製造される多くの加工食品醤油・油などをはじめ)が義務表示の対象外とされている。消費者の大半がその安全性に不安を抱き、「GM食品は食べたくない」と考えていても、表示されていないために、そうとは知らずに食べ続けてしまっている。

ひたちなか市議会 2009-12-17 平成21年第 7回12月定例会−12月17日-付録

2001年の表示制度の導入以来、GM由来の輸入原料から製造される多くの加工食品醤油・油などをはじめ)が義務表示の対象外とされてる。消費者の大半がその安全性に不安を抱き「GM食品は食べたくない」と考えていても、表示されていないために、そうとは知らずに食べ続けてしまっている。

石岡市議会 1998-12-09 平成10年第4回定例会(第4日目) 本文 開催日:1998-12-09

私たちが毎日食する醤油、味噌、これの国内の生産はほとんどなく、外国に頼っております。自分たちの毎日食べる味噌や醤油安全な国内で生産してほしいということで、大豆トラストというような運動も起きております。生産者と消費者契約して、そして自分たちの味噌や醤油加工する大豆をつくってもらう、そういう運動が進められております。

石岡市議会 1998-03-17 平成10年予算特別委員会(第4日目) 本文 開催日:1998-03-17

はっきり言って、国産の大豆でつくったのと外産の大豆でつくった醤油では、香りが全然違いますからね、これは。なめてみてもまた違う。だとすればね、一番いい例は、今、先ほどちょっと申し上げましたけど、ごまですよ、ごま。ごまは99%はみんな輸入。本当にすりごまにしてうまいのは国産だと言われる。だから、わざわざ自家消費のためにつくっている人もいるんですよ、市場へ出てこないけど。

石岡市議会 1996-03-12 平成8年第1回定例会(第3日目) 本文 開催日:1996-03-12

地元の米があります、醤油があります、砂糖があります、ジュースがあります、これだけでも地元に対する地場産業に寄与、これは大きなものがあると思います。そういうことも考えて私どもは議会で声を大きくして言っているのはそういうことなんです。  今度は竜神山の裏側から畜産試験場、そしてフラワーパーク、今度は歴史の里の私どもの風土記の丘、そうするとラインができます。

石岡市議会 1992-01-14 平成3年第4回定例会(第3日目) 本文 開催日:1992-01-14

それから、野田市の場合は人口11万5,000ですが、ここはキッコーマン醤油のまあお城みたいな城下町みたいな性格で、御三家というようなのがあって、高梨家とか何家とかありましてね、そういうのが非常に強いと、まあ石岡に非常に、規模が石岡はその半分ですが、似ているようなね、古さを持ってるところですが、ここの郊外に「ノア」、これ扇屋ジャスコ系の資本ですが、ノアという大店舗ができててね、これ行って私も余りこうすばらしいっていうか

土浦市議会 1965-12-16 12月16日-02号

土浦ブランドにつきましては,本市には他市に誇れるレンコン,つくば山麓飯村牛,佐藤畜産の極選豚,紫峰醤油などを始めとする土浦ブランド認定商品がございます。これらの土浦市認知度,魅力度を高めていく上からも,市長の「土浦ブランドセールスに全力」に大いに期待をしております。そこでお伺いをいたします。企業誘致や土浦ブランドセールスの具体策があればお聞かせください。

  • 1