1100件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日立市議会 2019-06-20 令和元年第2回定例会(第5日目) 本文 開催日:2019-06-20

日常的には、蓄電した電力は夕方の学校電力需要を賄えますが、災害発生時には避難となるため、避難電力確保の観点からも、蓄電池の設置は有効でございます。これらの理由から、太陽光発電設備に合わせて蓄電池を設置することとし、その整備費用を増額するものでございます。  2点目の校舎改築スケジュールへの影響でございます。  

ひたちなか市議会 2019-06-19 令和 元年第 2回 6月定例会−06月19日-02号

沿岸部では津波による災害に備えて,高台への避難経路を示した海抜表示,津波避難誘導看板200基,津波注意喚起看板7基のほか,各指定避難への誘導標識などを設置しております。津波発生時には迷わずに高台避難できるように表示しておりますが,イベントなど開催時には観光客へ事前に避難経路を案内するなど,関係機関と協議してまいります。  

日立市議会 2019-06-18 令和元年第2回定例会(第3日目) 本文 開催日:2019-06-18

これまでにも、県内の常総市では、鬼怒川決壊による避難において、避難の提供開始から閉鎖までに延べ8,000杯のお湯が提供されました。また、昨年4月の熊本地震では、1日最大500杯のお湯が、各地から派遣されたDMATに提供され、大変に助かったとの現場からの声も出ています。

日立市議会 2019-06-17 令和元年第2回定例会(第2日目) 本文 開催日:2019-06-17

さらには、今年度から、各避難において、スマートフォンなどで災害時でも情報の送受信を可能とするためのWi-Fi通信環境の整備を進める予定でございます。  次に、ソフト面といたしましては、久慈川、茂宮川、十王川の浸水想定区域の見直しに伴うハザードマップを改訂し、配布をいたしております。

日立市議会 2019-06-12 令和元年第2回定例会(第1日目) 本文 開催日:2019-06-12

このため、日常生活に欠かせない上下水道サービスの安定的な提供など、災害に強いライフラインの確保を始め、消防施設の整備や救急救助体制の強化等を推進し、避難の早期開設、適時適切な情報発信など、ソフト面における充実も含めた、より質の高い安全・安心の確保に努めてまいります。  

下妻市議会 2019-06-11 令和元年 第2回定例会(第3日 6月11日)

災害時、現庁舎を初め、災害対策本部避難となる施設の非常電源の確保は現況ではどのようになっているのでしょうか、お伺いいたします。 ○議長(原部 司君) 答弁を求めます。飯塚総務部長。 ○総務部長(飯塚誠一君) お答えいたします。  本市の公共施設災害時における非常用電源でございますが、第2庁舎屋上に太陽光発電設備があり、災害対策本部設置予定の第2庁舎への電力を一部供給することとしております。

笠間市議会 2019-06-10 令和 元年第 2回定例会-06月10日-04号

その際、できるだけ被害を最小限にするため、自分の身は自分で守るという自助と、地域コミュニティでの助け合いによる共助が、避難行動や避難の運営にとても重要な役割を果たしております。笠間市の災害対応における避難運営について、今年度の新規重要事務事業にもありました。  ここで質問です。  小項目1、自主防災組織育成、支援の現状についてお伺いいたします。 ○議長(飯田正憲君) 総務部長石井克佳君。

常総市議会 2019-05-01 常総市:令和元年5月定例会議(第4回会議) 名簿

│ │    │            │4 避難としての学校体育館トイレの改善とエアコン│ │    │            │  の導入について                │ │    │            │ 1)避難としてのあり方について問う。      │ │    │            │ 2)体育館のトイレの洋式化への移行率を問う。   

常総市議会 2019-05-01 常総市:令和元年5月定例会議(第5回会議) 本文

1番目の障がい者の避難の件につきましては、常総市でも3年8カ月前に起きた水害では、障がい者を持つ方の避難がおくれる、または避難避難しなかった方が多数おられる、または避難に行っても、配慮する項目があるんですけども、その辺がしっかりできなかったという部分があるというふうに聞いています。

常総市議会 2019-05-01 常総市:令和元年5月定例会議(第7回会議) 本文

鬼怒川、小貝川流域の13の市と町で締結し、避難利用について、所有する自治体が経費負担をして使用できるという内容だったと思うんですが、また、これまで数多くの災害協定締結しており、災害後の備えも着々と進んでいるというふうに感じております。今後も防災意識の向上に努め、災害時の自助、共助の部分、防災士の役割、地域の役割を活用し、災害に備えていく必要があると思います。

常総市議会 2019-05-01 常総市:令和元年5月定例会議(第6回会議) 本文

対象は、指定避難の最大収容可能人員に基づき算出し、東日本大震災における石巻市検証結果を参考に約2,250人分の3日分を想定した備蓄整備を計画しております。  しかしながら、これらすべての備蓄項目を満たすためには、しばし時間を要するということですので、民間企業協定締結を推進して、その点をカバーしていきたいと思っております。  

ひたちなか市議会 2019-03-25 平成31年第 1回 3月定例会−03月25日-06号

地域活動の拠点となる集会所,災害時の避難となるコミュニティセンターの施設整備,とりわけトイレの改修を計画的に進めることが必要です。  湊線延伸のための基本設計などに約9,460万円計上されています。地域鉄道としての価値は認めるものの,延伸が負の遺産にならないか,十分に検証されていません。  茨城租税債権管理機構に約1,160万円計上されています。

日立市議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会(第5日目) 本文 開催日:2019-03-22

総務部関係では、窓口での証明書発行手数料等について、電子マネーで収納できるシステムを導入し、市民サービスの向上を図る支所事務経費や、防災体制を更に強化するため、情報伝達体制及び情報伝達に必要な機器類の整備、避難運営に必要な物品の更新及び公衆無線LAN(Wi-Fi)の整備等を行う防災体制整備事業費のほか、先ほども歳入で御説明しましたが、茨城県としては45年ぶりの開催となる第74回国民体育大会いきいき