10件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

常総市議会 2013-09-04 常総市:平成25年第4回定例会(第1号) 本文 開催日:2013-09-04

──┴──────────┴─────────┴─────┴─────┘ 陳 情 ┌──┬─────┬──────────┬───────────────┬─────┐ │番号│受理年月日│陳情代表住所氏名 │     陳情の趣旨     │付託委員会│ ├──┼─────┼──────────┼───────────────┼─────┤ │  │     │本石下228番地12   │市道東

ひたちなか市議会 2011-03-10 平成23年第 1回 3月定例会−03月10日-04号

北関東自動車道東水戸道路、常陸那珂有料道路につきましては、それぞれ建設に至った経緯などにより道路法に基づく道路の種類及び管理運営主体が異なっております。一般国道東水戸道路と県道の常陸那珂有料道路を高速自動車国道へ編入することや事業主体を統合することについては事業主体に及ぼす影響が大きく、また法的手続等においても非常に困難であると伺っております。

ひたちなか市議会 2009-03-10 平成21年第 1回 3月定例会−03月10日-03号

現在は北関東自動車道東水戸道路のひたちなかインターチェンジからアクセス道路は国道245号線のみであります。一例ではありますけれども、人の交流や物流を考えますと、ひたちなかインターチェンジから国道245号線を横断し、那珂湊地区へのインター線的な、仮称でありますけれども、アクセス道路が必要と考えておりますが、いかがでしょうか、お伺いいたします。  5点目は道路整備についてであります。

筑西市議会 2007-09-05 平成19年  9月 定例会(第3回)-09月05日−議案上程・説明−01号

これは、筑西・つくば線と一般県道東山田・岩瀬線を結ぶ道路工事を行いました。  次に、一本松・茂田線整備事業(A区間)1億161万1,750円でございます。延長2,160メートルのうち740メートルの区間で1件の用地購入、交差点を含みます。さらに、609メートル道路改良工事を行ったものでございます。  

笠間市議会 2006-09-13 平成18年度一般・特別会計決算特別委員会−09月13日-04号

事業内容ですけれども、椚山地内市道東162号線外10件の建設改良工事でございます。  17節公有財産購入費については、2,185万8,935円のうち岩間支所所管の支出が234万6,130円でございます。  22節の補償・補填及び賠償金については、3,011万8,421円のうち岩間支所所管の支出は869万3,007円でございます。

常総市議会 2006-06-14 常総市:平成18年第3回定例会(第3号) 名簿 開催日:2006-06-14

│ ├─────┼─────────┼──────────────────────┤ │  13 │17番      │1 旧石下町町道東314号線の道路認定につ │ │     │ 茂 田 信 三 │  いて                  │ │     │         │ 1)旧石下町町道東314号線については、旧 │ │     │         │  石下町議会特別委員会において

常総市議会 2006-06-14 常総市:平成18年第3回定例会(第3号) 本文 開催日:2006-06-14

旧石下町町道東314号線の道路認定について。これは表現が間違っていると思いますね。旧町道という私は申請もした覚えもないし、事務局の方で議題をつけられないから、質問内容をつけられないからそうしたと思います。私は当然認めておりませんから。  1)、旧石下町町道314号線については、旧石下町議会特別委員会において調査報告をなされたが、合併後についてどのように対処していくのか。  

ひたちなか市議会 1997-03-05 平成 9年第 2回 3月定例会-03月05日-01号

次に、効率的で利便性の高い交通体系を確立するために、工事が進められております北関東自動車道東水戸道路の整備を促進するとともに、地域規格道路、国道245号の4車線化など国・県道の整備を促進し、広域的な道路交通ネットワークの形成に努めてまいります。また、東中根高場線の県道昇格を要請するほか、公共輸送機関の拡充についても引き続き関係機関へ要請してまいります。

ひたちなか市議会 1995-03-16 平成 7年第 2回 3月定例会-03月16日-04号

道東中根虎塚線のマウンドアップのお尋ねでありますが、平成5年度に埋蔵文化財調査センター建設に伴って進入路を整備した際、取りつけ道路として東中根虎塚線のマウンドアップを掘り下げて整備する計画でありましたが、相当掘り下げることもありまして、工事施行について隣地地権者の同意が得られないまま今日に至っております。

  • 1