91件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

稲敷市議会 2018-11-08 平成30年第 4回定例会−11月08日-02号

この保険業務でございますが、農業共済団体が取り扱うことになっておりまして、本市につきましては、茨城県みなみ農業共済組合が窓口となります。みなみ農業共済組合におきましては、去る9月28日に、あずま生涯学習センターにおきまして、国の担当者を招き、本市と河内町の農業者を対象にした説明会を開催したところでございます。43名の方の出席がございました。

筑西市議会 2018-09-05 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月05日−議案上程・説明−01号

次、茨城県西農業共済組合等が事業主体となって実施している農林航空防除につきましては、水稲の安定生産に大きく寄与しておりますことから、市及び県が農林航空防除費用の一部を支援することで、水稲生産の維持、発展と農家の負担軽減を図っているところでございます。

筑西市議会 2018-06-06 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月06日−議案上程・説明−01号

茨城県西農業共済組合が事業主体となり実施している農林航空防除は、水稲の安定生産に大きく寄与しているところであります。特に米の減収に大きな影響を及ぼすイネ縞葉枯病については、本年度から茨城県においても農薬空中散布費用の一部を助成することが決定されました。同組合が取りまとめた本年度のイネ縞葉枯病への防除要望面積は、昨年度実施面積の約1.6倍となっており、航空防除による効果への期待が高まっております。

筑西市議会 2018-03-09 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月09日−議案質疑・委員会付託−06号

以前につきましては、協議会規約に基づきまして、市長を会長としまして、市議会議員農業委員会農業協同組合農業共済組合土地改良区、その他農業団体の役職員、また学識経験者で構成しておりました。それで、今後でございますが、新たに協議会設置要綱を定めまして、市の附属機関としまして、会長を副市長に変更いたしまして、その他の委員につきましては、今までどおりと同じ構成で組織してまいりたいと考えております。

筑西市議会 2018-03-07 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月07日−一般質問−05号

平成29年産水稲の減収につきましては、平成28年産と同様に出穂期以降の低温、日照不足等も要因の一つと考えられますことに加えまして、茨城県県西地域農業改良普及センター及び茨城県西農業共済組合におきまして、イネ縞葉枯病に対する被害調査を実施していないことから、イネ縞葉枯病に限定しましての被害を把握することは難しい状況ですので、ご理解賜りたいと存じます。  あと、今後の市の取り組みでよろしいでしょうか。

筑西市議会 2018-03-06 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月06日−一般質問−04号

茨城県西農業共済組合等が実施しました平成29年度の無人ヘリコプターによる航空防除の実績でございますが、筑西市内の防除面積でございますが、約2,580ヘクタールございました。また、県西農業共済組合が実施しましたイネ縞葉枯病防除の効果確認、それのアンケートの結果からも、無人ヘリコプターによる航空防除の有効性が確認されております。

神栖市議会 2018-03-06 神栖市議会 会議録 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月06日−02号

次に、台風災害時における農業従事者への補償対応についてのお尋ねでございますが、鹿行農業共済組合によりますと、自然災害による補償につきましては、農業者が加入する農業共済制度があり、被害を受けた場合に共済金を受け取ることができます。  なお、薬害等人為的な災害は対象外とのことでございます。  

結城市議会 2018-03-05 平成30年第1回 定例会-03月05日−02号

それでは,産業行政耕作放棄地についてのうち,現状についてでございますが,本市における耕作放棄地につきましては,市,農業委員会,北つくば農業協同組合茨城県結城地域農業改良普及センター,茨城県西農業共済組合土地改良区などで組織する結城市地域耕作放棄地対策議会により,毎年8月下旬から9月上旬にかけて,市内全域を対象に調査を実施しております。  

日立市議会 2018-02-28 平成30年第1回定例会(第1日目) 本文 開催日:2018-02-28

大きな2番でございますが、組合が共同処理する事務に、全国農業共済組合連合会から委託を受けて行う農業経営収入保険事業に関する事務、具体的には保険料の徴収や支払いなどの業務を加えるものでございます。  本条例施行期日は、本年4月1日でございます。  103ページをお願いします。議案第32号、市道路線の認定についてでございます。法の規定に基づき議会議決をお願いするものでございます。  

筑西市議会 2018-02-28 平成30年  3月 定例会(第1回)-02月28日−議案上程・説明−01号

茨城県西農業共済組合が実施している水稲の病害虫に対する防除の支援に加えまして、県西地区において被害が深刻化しておりますイネ縞葉枯病でございますが、航空防除による絶大な効果が確認されておりますことから、同組合等が実施する無人ヘリコプターによる航空防除面積の拡大を支援し、水稲産地の維持、発展を図ってまいります。  次に、167ページをお開き願います。

下妻市議会 2017-12-15 平成29年 第4回定例会(第3日12月15日)

続いて、市の助成でございますが、圃場に直接薬剤を散布する空中散布に対し、10アール当たり300円の助成を行っており、要望の取りまとめを含め、県西農業共済組合主体となり実施をいたしました。  なお、平成30年の空中散布につきましては、本年の面積120ヘクタールを大幅に超える要望が寄せられているとのことでございました。  

結城市議会 2017-12-08 平成29年第4回 定例会-12月08日−03号

産業経済部長 吉村好弘君登壇〕 ◎産業経済部長(吉村好弘君) 産業行政,後継者の確保・育成についてのうち,耕作放棄地の今後の取り組みについてでございますが,市農業委員会,県農業改良普及センター,JA北つくば,茨城県西農業共済組合組織する耕作放棄地対策議会では,毎年,荒廃農地調査を行っております。  

守谷市議会 2017-09-19 平成29年 9月定例月議会−09月19日-03号

こちらを運営する茨城みなみ農業共済組合,こちらに確認をしておりますけれども,守谷市における昨年度の被害報告はなかったということでございます。  それ以外に,市のほうで作物の被害を報告するような制度等ございませんので,市のほうで,その実態を把握していないというような現状でございます。  以上です。 ○議長(梅木伸治君) 浅川利夫君。

笠間市議会 2017-09-12 平成29年第 3回定例会−09月12日-03号

市といたしましては、事業に前向きな42名の方を対象として8月31日に土地改良事業に関する説明会を開催し、21名の方にご出席をいただき、事業の制度や今後の進め方について説明を行い、参加者からの意見や要望を聴取したところ、JR水戸線から農業共済組合までの区域を追加してほしい旨や、また事業に賛同するご意見などをいただいたところでございます。  

筑西市議会 2017-06-14 平成29年  6月 定例会(第2回)-06月14日−一般質問−05号

今年度のイネ縞葉枯病の対策でございますけれども、茨城県西農業共済組合のほか、北つくば農業協同組合で農家の皆様から要望のありました2,485ヘクタールに対しまして無人ヘリコプターによる航空防除を実施する予定でございます。実施面積につきましては、昨年度より1,396ヘクタールの拡大となっております。

筑西市議会 2017-06-09 平成29年  6月 定例会(第2回)-06月09日−一般質問−02号

全国をカバーできる事業エリアを有していること、また中立的な立場で事業を実施することができること、また保険業務に関するノウハウを有していること、農業に関する知識を有していること、このような観点から実施主体につきましては、全国を区域とする農業共済組合連合会となる見通しでございます。