881件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

ひたちなか市議会 2019-06-20 令和 元年第 2回 6月定例会-06月20日-03号

阿字ヶ浦の原地区につきましては,小中学生ともに,登校時は路線バスを利用して阿字ヶ浦駅まで行き,下校時は阿字ヶ浦駅からスマイルあおぞらバスを利用することを想定しております。スマイルあおぞらバスにつきましては,現在阿字ヶ浦小学校から原地区に向かう便が下校時刻に運行しておりますが,下校時刻は学年により差がありますことから,今後,統合校の就業時間との整合等を図りながら運行時刻の調整を行ってまいります。  

日立市議会 2019-06-19 令和元年第2回定例会(第4日目) 本文 開催日:2019-06-19

地域内をきめ細かに運行する路線バスは、高齢者を始め、車の運転免許を持たない方などの日常生活を支える大切な移動手段であります。本市におきましては、これらバス路線の運行赤字分に係る事業者への補助や、より利便性の高いバス路線への見直しなど、バス事業者と連携しながら、将来にわたり安定的なバス路線ネットワークの形成に努めております。  

日立市議会 2019-06-17 令和元年第2回定例会(第2日目) 本文 開催日:2019-06-17

高齢者からは、バス停まで歩いていくのが大変で路線バスが利用できないため、デマンド型の乗り合いタクシーを導入してほしいや、山側住宅団地からもひたちBRTに乗れるようにしてほしい、また、バス停の間隔を短くして自宅の近くから乗れるようにしてほしいという声が多くあります。  そこで、2点お伺いいたします。  

日立市議会 2019-06-12 令和元年第2回定例会 目次 開催日:2019-06-12

について      5) 篠田砂江子君………………………………………………………………………………… 211       1 奥日立きららの里の魅力アップについて        (1) 奥日立きららの里の利用状況について        (2) アトラクションの充実について        (3) 多世代に喜ばれる施設づくりについて       2 ひたちBRT開通後の課題について        (1) 路線

下妻市議会 2019-06-11 令和元年 第2回定例会(第3日 6月11日)

また、菊池市長が、広域バス筑西市との実証運行に向け調査実証し、さらにつくば市や八千代町との連携を視野に入れた調査を進め、一歩ずつ整えてまいりますと、こう述べておりますけれども、先日といいますか、この間、テレビでですよ、路線バスの旅ですね、それをやっておりまして、水戸から石岡、石岡からつくば、つくばから下妻と乗り継いで下妻に来ました。

石岡市議会 2019-06-11 令和元年第2回定例会(第3日目) 本文 開催日:2019-06-11

まず、路線バスに関してでございますが、バス停が遠い、バスがどのように運行しているかわからない。乗りたい時間の運行がない、行きたいところへ行くバスがない、運賃が高いといった回答がございました。  また、乗り合いタクシーに関してでございますが、土日・祝日に運行していない、運行終了時間が早い、運行開始時間が遅い、所要時間が読めない、予約がとりにくいといった回答がございました。  

石岡市議会 2019-06-10 令和元年第2回定例会(第2日目) 本文 開催日:2019-06-10

これは、乗り合いタクシーが、鉄道路線バス、民間タクシーの運行を補完する公共交通機関であるため、休日運行することにより、路線バスや民間タクシーなどの交通事業者の営業を圧迫することになるためでございます。また、乗り合いタクシーの降車場のおよそ3割を占める医療機関の多くが、土日・祝日が休診となっている状況にございます。

稲敷市議会 2019-03-22 平成31年第 1回定例会−03月22日-04号

政策調整部所管では、公共交通整備事業への質疑があり、東・桜川地区等のタクシー事業者のない地域では、タクシー利用券が使用できないため、市外事業者を活用できる形態やワゴン車両の運行等を含めて、利用者の状況を把握し、検討を進めていることが答弁されたほか、高額の助成金が投入されている路線バス有効活用状況、白ナンバー車両の活用検討などについても質疑がありました。  

守谷市議会 2019-03-18 平成31年 3月定例月議会−03月18日-04号

◆12番(山田美枝子君) 実証実験についても実証実験というのは,本来突然始めるべきものではないのかなという気がするのですけれども,とりあえず路線バスモコバス,デマンドタクシーのおおよそのすみ分け,ルートの特徴をお示しください。 ○議長(梅木伸治君) 都市整備部長古谷浩一君。 ◎都市整備部長(古谷浩一君) まず路線バスにつきましては,民間事業者により経営がされてございます。運行がですね。

守谷市議会 2019-03-15 平成31年 3月定例月議会−03月15日-03号

その計画では,まず民間,関東鉄道なのですけれども,路線バスによるネットワークを見直していただきまして,路線バスでカバーできないところを,新たな自動車,小さな交通ということで,デマンド乗り合い交通なのですけれども,そちらでカバーすると。それでもカバーできないところをモコバスにより補完するというような形の位置づけになってございます。

守谷市議会 2019-03-12 平成31年 3月12日都市経済常任委員会−03月12日-01号

二つ目は,ノンステップバス導入事業費補助金70万円の減額で,路線バス事業への1台分の補助をする予算を計上しておりましたが,今年度は関東鉄道さんからバスを購入してはおりますが,中古車を購入したことから,今年度は補助金の辞退の意向がございました。  なお,要綱上で新車限定としてはおりません。  また,新年度は新車を購入したいという意向がありますので,予算計上しております。  説明は以上となります。

ひたちなか市議会 2019-03-08 平成31年第 1回 3月定例会−03月08日-04号

一例を取り上げますと,与那国町でのNTTドコモによるデマンド型のAI運行バスを提供する実証実験がありまして,この実験では,デマンド型タクシー路線バスのいいところを融合し,ルートを固定しないで,需要に応じて乗り合い車両を走行させるもので,いわゆる人口統計など実績を含めたビッグデータを組み合わせて,人工知能がリアルタイムに車両の最適な走行ルートを決めることができるもので,これによって需要に即した乗り合

ひたちなか市議会 2019-03-07 平成31年第 1回 3月定例会-03月07日-03号

そこで,市としましては,これまでの試行期間の実績として,ひたちなか海浜鉄道湊線や民間路線バスを利用した国営ひたち海浜公園へのアクセス方法に関する質問が多かったことを踏まえ,次のような対策を行ってまいります。  まず,JRと連携し,JR勝田駅構内における海浜鉄道の案内サインを市民性の高い案内サインへと更新いたします。