109件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

筑西市議会 2018-09-05 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月05日−議案上程・説明−01号

議会基本条例の進捗管理については、議長が毎年4月に施行状況を管理するため、具体的な確認事項を提示し、議会改革検討会に諮問する。議長は答申を速やかに会派代表者に報告し、会派で検討後、再度議会改革検討会で審議し、必要に応じて議会基本条例に関する見直しの手続をとる等、検討を重ね議会運営に生かしていた。  以上、研修報告を申し上げました。 ○議長(金澤良司君) 以上で視察研修報告を終わります。  

筑西市議会 2018-03-22 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月22日−委員長報告・質疑・討論・採決−07号

これに伴い、関連する条文が議会基本条例の中にもございますので、改正するものでございます。  なお、この条例は、公布の日から施行し、この条例による改正後の筑西市議会基本条例の規定は、平成29年4月1日以降に公布のあった政務活動費について適用するものとされております。  以上のとおり提案申し上げます。 ○議長(金澤良司君) 次に、議員提出議案第2号について、8番 小島信一君。           

日立市議会 2018-03-16 平成30年第1回定例会(第6日目) 本文 開催日:2018-03-16

議会といたしましても、情報発信力の強化、より円滑で分かりやすい議事進行の検討、議会基本条例に基づく議員間の自由闊達な議論によって、議会としての政策提言を目指す日立市議会まちづくり政策議会を立ち上げて精力的に活動するなど、議会の活性化を推進しているところであります。このように執行部議会がそれぞれの立場で積極的な取組を継続していくことで、市政の発展が図られるものと思います。  

常総市議会 2018-02-01 常総市:平成30年2月定例会議(第23回会議) 本文

次に、2)議会基本条例の制定及び議会報告会の開催についてでございます。  議会基本条例議会基本理念、議会議員の責務及び活動原則、議会運営の原則、議会市民並びに市長及び他の執行機関との基本事項を明らかにし、議会の最高規範として制定するものであることから、引き続き議会全体で慎重に議論を重ね、また近隣自治体の制定状況や経緯等を調査、研究することとする。

ひたちなか市議会 2017-09-27 平成29年第 3回 9月定例会-09月27日-付録

議会改革事項一覧(議会基本条例関係】 ①議会議決事件の拡大と議会への報告案件の設定 ・ まず,議決事件に関する条例を制定した。議員の審議能力を高めるためには,議決事件の拡大と議会に報告すべき案件を明確にするため条例化する必要があった。 ・ 従来の議決事件は,法定議決事件のみであったが,基本計画等を議決事件に加えた。

土浦市議会 2017-06-20 平成29年 第2回 定例会-06月20日−05号

議会基本条例施行されてから,2年が経過いたしまして,議会報告会の開催,それから,本会議におきます自由討議のルールの決定などがございました。これも矢口清前議長のご苦労のたまものと感謝申し上げる次第でございます。私も,開かれた議会,議論活発な議会を目指しまして,その踏襲を図っていく,何がありますと,議論の活発な議会につきましては,さっきの自由討議でございます。

筑西市議会 2017-06-07 平成29年  6月 定例会(第2回)-06月07日−議長選挙・副議長選挙−01号

議長選挙を行うに当たり、議会基本条例第17条に、選挙の宣告前に、議長の職を希望する議員の決意表明を行うことが規定されております。  お諮りいたします。議長の職を希望する議員の決意表明及び議長選挙についてを日程に追加することにご異議ございませんか。           (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○副議長(真次洋行君) ご異議なしと認めます。  

ひたちなか市議会 2017-03-27 平成29年第 1回 3月定例会-03月27日-付録

〇導入の是非  性急な導入は避け,議会基本条例に明確に位置づけた上で,同条例施行時期にあわせて導入する。   ・ 平成27年5月から実施している。議会基本条例施行より1年間遅らせて実施した。 〇導入のメリット   ・ 災害時の突発的な事象への対応が迅速にできるようになった。事例としてはごみ焼却場の緊急修繕の必要が生じたとき有効であった。   

筑西市議会 2017-03-03 平成29年  3月 定例会(第1回)-03月03日−議案質疑・委員会付託−06号

だけれども、せっかく議会基本条例をつくって議会の活性化をうたってやっているのに、そういう申し合わせをやるというのは、私は納得しないのです。だって、地方自治法に基づいて、議会基本条例に基づいてやってきて、わざわざ申し合わせして避けるという話は、私はもったいないと思うのです。まず、冒頭私から議長にお願いします。 ○議長(箱守茂樹君) 21番 赤城正德君、出席いたしました。

土浦市議会 2016-12-12 平成28年 第4回 定例会-12月12日−02号

土浦市議会基本条例の第4条(4)に基づき,「市民にわかりやすく,傍聴及び視聴の意欲を高める議会運営に努めること。」とあります。執行部からの答弁は簡潔にお願いいたします。  1つ目の質問は,マイナンバーカードの普及状況について伺います。いきなり国の事務についての質問になりますが,納税者の市民に直結している問題ですので,どうぞよろしくお願いいたします。  

筑西市議会 2016-11-30 平成28年 12月 定例会(第4回)-11月30日−議案上程・説明−01号

新発田市議会は、平成21年に議会基本条例を制定して、市民への説明責任としてこれまで1回につき8地区で議会報告会を11回開催してきました。その結果、報告会は内容であり、参加者数は報告会の内容で左右されるとのことであったため、報告会のテーマは慎重に協議しているとのことでありました。

ひたちなか市議会 2016-06-24 平成28年第 2回 6月定例会−06月24日-付録

  34人  2 常任委員会の構成    総務委員会     9人    経済委員会     8人    文教厚生委員会   9人    建設消防委員会   8人  3 特別委員会の設置    市出資法人調査特別委員会        9人    一般・特別会計決算審査特別委員会    9人    新庁舎建設調査特別委員会       10人    議会改革に関する調査特別委員会    10人    議会基本条例立案

筑西市議会 2016-06-13 平成28年  6月 定例会(第2回)-06月13日−一般質問−03号

その結果、議会基本条例案、議会関係例規類案を制定、議会基本条例については平成27年4月1日から施行、同条第25条2項の規定に基づき、市議会議員政治倫理条例を同じく4月26日から施行させております。そして、その中の第3条に、政治倫理基準7項目にわたってうたわれております。しかしながら、現在私の周辺では、この政治倫理に関しいろいろな話が入ってきております。

古河市議会 2016-03-18 平成28年  3月 定例会(第1回)-03月18日−委員長報告・討論・採決−05号

既に御存じのように、この間、議会としては議会基本条例倫理条例の制定に向けて議論を重ね、昨年議会基本条例は賛同を得て、これが発動されています。この議会基本条例の第24条、「議員報酬は、別に条例で定める」となっており、2項では、「議員報酬を改正しようとするときは、明確な改正理由を付して提出するものとする」。3項として、「前項の提出に当たっては、広く市民等の意見を聴取するものとする」となっています。

土浦市議会 2016-03-01 平成28年 第1回 定例会-03月01日−01号

これは議会基本条例に基づいて新しくつくられた制度でありまして,趣旨に沿った発言ができるかどうかわかりませんが,以下,その説明について申し上げたいと思います。  本請願請願項目は,国会決議に違反するTPP協定批准は行わないことを求める意見書を国に送ってほしいというものであります。ここでいうところの国会決議に違反するTPP協定とは,どのような意味なのかについてまず申し述べます。  

古河市議会 2016-01-18 平成28年 12月 定例会(第4回)-01月18日−委員長報告・討論・採決−06号

報酬と期末手当は違うから、報酬審議会や、あるいは議会基本条例第24条の市民の声を聞くということを省いていいということにはなりません。議員報酬政務活動費に対する市民の厳しい目がある中で、お手盛り的引き上げということにならざるを得ず、これには反対をいたします。これまでも厳しい生活を強いられている市民の現状を見れば、得られた財源を市民に使うべきと考えることは当然ではないでしょうか。

古河市議会 2016-01-10 平成28年 12月 定例会(第4回)-01月10日−議案質疑・委員会付託−02号

それから、針谷市長には、議会基本条例、針谷市長も参加してつくられたわけですが、実際には平成27年5月1日発行されている議会だよりの第41号、この中に、基本条例の第9章の中に議員報酬の問題があるわけですね。そういう点からして、針谷市長としてはこの問題についてどういう手続をとったのか、その辺についてお伺いしたい。とりあえず。1問ずつでいいでしょう。 ○議長(佐藤泉君) 一括でお願いします。全て。