204件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鉾田市議会 2020-12-18 12月18日-一般質問-04号

健康福祉部長金沢覚君) それでは、続きまして、補聴器購入に対する助成につきましては、現在障害者総合支援法による装具費支給制度において、耳元で大きな声で話さないと聞き取れないような高度難聴と言われる方など、身体障害者手帳交付された方を対象に、補聴器購入費用の全部または一部を支給してございます。

鉾田市議会 2020-09-03 09月03日-,議案説明-01号

2段目の身体障害者福祉事業でございますが、障がいを持った方々の日常的な自立社会参加支援するため、医療費装具等の経費助成するとともに、障害者団体への支援を行い、障害者福祉の向上に努めました。決算額は3,744万5,690円です。財源内訳といたしましては、国庫補助金1,936万7,722円、県補助金が782万3,041円、一般財源が1,025万4,927円でございます。 

笠間市議会 2020-03-09 令和 2年度予算特別委員会−03月09日-02号

障害者が地域で自立した生活を送ることなどを目的に、居宅介護療養介護や義足や車椅子などの装具交付など、障害福祉サービス給付に対する国庫負担金でございます。  ページが変わりまして、28ページでございます。  4節生活保護費負担金の主なものといたしまして、最初の項目、生活保護費負担金9億5,021万4,000円で、生活扶助住宅扶助医療扶助等生活保護費に対する国庫負担金でございます。  

結城市議会 2020-03-06 03月06日-03号

保健福祉部長 本多武司君登壇〕 ◎保健福祉部長本多武司君) 本市における聴覚障害のある方への補聴器購入助成現状についてでございますが,障害者日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律,いわゆる障害者総合支援法に基づく障害者自立支援給付事業装具支給制度として,聴力レベルが40センチメートル以上の距離で発声された会話を理解し得ない70デシベル以上,または一方の耳の聴力レベルが90デシベル

日立市議会 2019-12-10 令和元年第4回定例会(第3日目) 本文 開催日: 2019-12-10

また、聴覚障害があり、身体障害者手帳をお持ちの方に対しては、国の装具費支給制度を活用して助成を行い、補聴器購入者負担軽減を図っております。本制度は、医師診断に基づき、補聴器が必要と認められた聴覚障害のある方に対し、年齢を問わず助成するものでございます。  

守谷市議会 2019-12-06 令和 元年12月定例月議会−12月06日-03号

それでは,子育てについてはここで区切りをさせていただきますが,大人含めて個人的に補聴機器装具助成金について,社会的に障害者差別解消法に基づく合理的配慮提供支援する助成制度について,この2点をまとめて(2)のほうで伺いたいと思っております。  まず,補助器具,装具助成金としては,障害者手帳を持っている方で費用の1割が原則自己負担となっております。

守谷市議会 2019-12-03 令和 元年12月 3日保健福祉常任委員会−12月03日-01号

3段目の款14国庫支出金,項1国庫負担金,目1民生費国庫負担金,節1社会福祉費負担金説明欄の障がい者自立支援給付負担金384万8,000円は,装具給付費事業費増額に伴うものとなっております。  その下の障がい者医療費負担金,前年度精算分につきましては,平成30年度の障がい者医療費負担金精算確定による追加交付分となっております。  

つくば市議会 2019-09-27 令和 元年 9月定例会-09月27日-付録

身体障害者手帳交付される重度聴覚障害児に対しては特定装具としての申請が通れば自己負担一割での購入が可能となっていますが、軽度中等度聴覚障害児にとっても、補聴器人工内耳がもつ機能的限界は共通しているので、よりよい教育環境を得るためには補聴援助システム購入が促進されることが必要です。  

つくば市議会 2019-09-17 令和 元年 9月17日文教福祉委員会-09月17日-01号

身体障害者手帳交付される重度聴覚障害児に対しては、特定装具としての申請が通れば、自己負担の1割での購入が可能となっていますが、軽度中等度聴覚障害児にとっても補聴器人工内耳が持つ機能的限界は共通しているので、よりよい教育環境を得るためには、補聴援助システム購入が促進されることが必要です。  

常陸大宮市議会 2019-09-17 09月17日-03号

本市では、身体障碍者難病患者などの方に対して、快適で安全な暮らしを支えるため、体の不自由なところを補う装具購入または修理にかかる費用助成を行っております。身体障害者手帳を有する聴覚障碍者につきましては、医師診断書等に基づく判定により、補聴器購入及び修理に要した費用助成を行っており、社会生活における支障を軽減できるよう取り組んでいるところでございます。 以上でございます。

守谷市議会 2019-09-12 令和 元年 9月定例月議会−09月12日-02号

今後,利用したいサービスとしまして,装具費用,こちらの補填の支給,それから居宅介護短期入所医療希望などがほかのサービスよりも希望が多くなっている状況でございました。  また,ことしに入りましてからですけれども,就学前の子供さんへの療育保育サービス利用回数をふやしてほしいという要望が上がっております。以上です。 ○議長梅木伸治君) 山田美枝子君。

常総市議会 2019-09-10 常総市:令和元年決算特別委員会 本文 開催日:2019-09-10

下段となりますが、同じく社会福祉課分として、事業ナンバー2番、障がい者自立支援給付事業費12億4,794万9,000円ですが、主な支出分につきましては扶助費となっておりまして、障がい者自立支援給付費が11億7,633万6,000円、障がい者等装具費が956万円、障がい者自立支援等医療費が4,945万を支出しております。

守谷市議会 2019-08-30 令和 元年決算予算特別委員会−08月30日-01号

備考欄13障がい者自立支援給付事業9億1,539万7,384円の主なものは,扶助費の障がい者福祉サービス給付事業費7億222万4,023円と,障がい児通所支援事業1億6,945万418円で,福祉サービス事業所への入所通所在宅生活への支援装具医療費助成に係る経費となっております。  186,187ページをお願いいたします。  

ひたちなか市議会 2019-06-19 令和 元年第 2回 6月定例会−06月19日-02号

日本には,障害者総合支援法に基づく高度重度難聴者への装具費支給制度による支給はあるものの,重い難聴でなければ障害認定による補聴器購入補助が受けられません。  補聴器難聴が進行してからではなく,早くから使用することが必要だと専門家は話しています。2017年に開かれた国際アルツハイマー病会議で,認知症の原因として難聴が最大の危険因子だという発表がありました。

水戸市議会 2019-06-17 06月17日-05号

身体障害者手帳交付される高度・重度難聴の場合は,装具支給原則1割負担ですが,難聴の度合いが軽度中度の方は自費のため,低所得の高齢者などは購入することができません。欧米では購入に対する公的補助がありますが,日本でも独自に補助を行っている自治体があります。 船橋市や浦安市は,65歳以上の高齢者に2万円上限の補助など,県内では,古河市が約20年前から年間150件程度の補助を行っています。

坂東市議会 2019-06-11 06月11日-06号

補聴器補助には装具費支給制度があり、原則1割負担となっております。この給付には障害者手帳が必要で、両耳の平均聴力レベルが70デシベル以上の重度難聴者対象となっています。日本補聴器工業会の調べでは、難聴者全体の8%にすぎません。また、片耳だけでは手帳交付は受けられません。手帳交付を受けて初めて、補聴器申請をすることができます。