7203件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

小美玉市議会 2022-06-10 06月10日-04号

現在、同事業者ヘリコプター整備場は、大きな河川に囲まれた水害リスクの高い場所にあり、令和元年、2019年の台風19号で甚大な浸水被害を受けていることから、安全で効率的な環境下での事業経営を求めた結果、小美玉市が取り組んできた交通ネットワークなどの充実により、小美玉市内茨城空港隣接地が他の地域より優れた要件を兼ね備えているとの高い評価から、市内茨城空港隣接地への進出を熱望しているとの概要であります。

小美玉市議会 2022-06-09 06月09日-03号

さらに、4つ目に挙げられた地域防災の振興について、私は常に防災について訴えさせていただいておりますが、本市東日本大震災において甚大と言われるまでの被害は幸いにして出ずに済んでおりました。また、氾濫が予想される1級河川もなく、防災に対する意識が高いとは言えないと感じております。しかし、今回、市長が重点施策として取り組んでいただけるとのこと、大いに期待しております。 

ひたちなか市議会 2022-06-08 令和 4年第 3回 6月定例会−06月08日-02号

また,近年頻発する豪雨災害に対応するため,中丸流域における浸水被害軽減プランに基づく雨水幹線整備や,河川改修などを推進し,災害に強い安全安心まちづくりを進めております。  快適な住環境整備するために進めている区画整理事業につきましても,販売を開始した住宅用地子育て世帯中心に順調に分譲が進んでいます。

ひたちなか市議会 2022-05-23 令和 4年第 2回 5月臨時会−05月23日-01号

 報告第  4号 専決処分報告について〈和解について〉      報告第  5号 専決処分報告について〈損害賠償額決定について〉              (以上2件,報告質疑日程第6 報告第  6号 専決処分報告について〈ひたちなか市税条例の一部を改正する条例制定について〉              ないし      報告第  9号 専決処分報告について〈東日本大震災に係る災害被害

ひたちなか市議会 2022-05-23 令和 4年第 2回 5月臨時会−05月23日-目次

〉        報告第  5号 専決処分報告について〈損害賠償額決定について〉                (以上2件,報告質疑)…………………………………… 10   日程第6 報告第  6号 専決処分報告について〈ひたちなか市税条例の一部を改正する条例制定について〉                ないし        報告第  9号 専決処分報告について〈東日本大震災に係る災害被害

ひたちなか市議会 2022-03-28 令和 4年第 1回 3月定例会−03月28日-06号

また,災害に強い安全安心まちづくりとしては,河川氾濫による浸水被害防止対策や,市内全体の総合的な治水対策早期完成を目指して,積極的に取り組んでいただけるようお願いいたします。  2つ目の生涯を通じていきいきと暮らせるまちづくりについては,少子高齢化核家族化の進行,人口減少地域のつながりの希薄化など,地域社会を取り巻く環境の変化により,市民の抱える福祉ニーズ多様化,複雑化しております。

ひたちなか市議会 2022-03-14 令和 4年第 1回 3月定例会−03月14日-05号

本市におきましても甚大な被害が発生したことは,皆様のご記憶にも爪痕を残していることと感じております。  先ほど議員からもございましたように,本市文化施設でありましたふるさと懐古館につきましても,その影響から解体せざるを得ない状況となってしまい,那珂湊地区における大切な文化施設を失うこととなってしまいました。  

ひたちなか市議会 2022-03-11 令和 4年第 1回 3月定例会-03月11日-04号

(2)風評被害について。  1点目は,風評被害対策は示されているんでしょうか。  基本方針では,「風評被害を最大限抑制する対策を講じてもなお風評被害が発生した場合は,東電が賠償する」としています。しかし,長期にわたる意図的な汚染水海洋放出を前提にした賠償など,私は論外だというふうに思っております。  

ひたちなか市議会 2022-03-10 令和 4年第 1回 3月定例会−03月10日-03号

2011年3月11日の東日本大震災の際は,周辺道路が寸断されるなどの被害がありました。拠点となる倉庫耐震性アクセス道路における震災対策等々,機能や備蓄内容民間事業者などの連携等々,実効性の高い施設になっているのかを伺います。  3点目は,河川氾濫による浸水被害防止の対応についてです。  

ひたちなか市議会 2022-03-02 令和 4年第 1回 3月定例会−03月02日-01号

これまで取り組んでまいりました主要施策につきましては,中丸流域における浸水被害軽減プランに基づく雨水幹線整備河川改修土地区画整理事業高場陸橋の4車線化のほか,佐和駅東西自由通路・新駅舎整備事業など,安全安心で快適に暮らせるまちづくりに必要な都市基盤整備を,国の令和3年度補正予算も活用し,着実に進めてまいります。  

ひたちなか市議会 2022-03-02 令和 4年第 1回 3月定例会-03月02日-目次

再開について ………… 56      2.令和4年度予算編成について …………………………………………………… 57      3.令和4年度市政の取り組みについて …………………………………………… 57      (1)市民安全安心暮らしを守るまちづくりについて        ①戦略的なワクチン接種の実施について        ②防災拠点倉庫について        ③河川氾濫による浸水被害防止

ひたちなか市議会 2021-12-09 令和 3年第 7回12月定例会-12月09日-03号

DV被害を訴える相談者が来庁した際には,女性生活課内の面談室において本人から聞き取りを行います。その後,関係各課担当職員がその場で各種制度支援に関する説明を相談者に行うとともに,必要に応じて,直ちに支援手続を始めることが可能となっております。このようなワンストップサービス提供を行うことにより,相談者負担軽減につながっているものと考えます。  

小美玉市議会 2021-12-07 12月07日-03号

7つ、健康被害救済制度申請件数。 次に2点目、3回目の追加接種に向けての確認になります。 1つ、3回目接種者への接種券発送のデータは整理できているのでしょうか。VRSの入力状況医療従事者職域接種者などについてお伺いします。 2点目、年内に想定される医療従事者接種について、県との調整作業ができているのでしょうか。前回は、都道府県の役割とされておりましたので、その点について確認します。 

小美玉市議会 2021-09-10 09月10日-04号

大井川知事は、県が指定する土砂災害特別警戒区域のうち土石流被害が民家に及ぶおそれのある459か所を中心に、県独自の緊急点検を実施することを明らかにしたと新聞記事に出ておりました。 このほか、熱海市で土石流被害を大きくしたとの見方が出ている不法残土について、大井川知事は、県だけの対策では手詰まり感があると課題を指摘した。

ひたちなか市議会 2021-09-09 令和 3年第 5回 9月定例会-09月09日-02号

曽有被害をもたらした東日本大震災の発生から今年で10年を迎えました。近年では,激甚化する豪雨災害や地震に加え,新型コロナウイルス感染症の流行など,複合災害に備えた対策も必要だと感じています。そして,国や県,各自治体による災害対策もさることながら,私たち一人一人の日々の心構えや知識の習得も重要だと考えます。  

小美玉市議会 2021-09-09 09月09日-03号

大変短い時間ではありますが、この一般質問を通していま一度この問題を総括し、昭和31年の基地計画から旧小川町を2分し、激しい賛成反対闘争を経て、基地との共存共栄をなし得ながらも現実に騒音被害を受け入れ続け、耐え忍んでおられる滑走路周辺の皆さんの声を届けるべく、今ここに立っております。 以上を鑑みまして、次の3点について質問をさせていただきます。 

小美玉市議会 2021-09-08 09月08日-02号

その後、前線上の低気圧が西から北にかけて活発となり、非常に激しい雨が降り続き、川の氾濫や土砂崩れによる被害が各地で発生しましたことは記憶に新しいところです。 世界では、ヨーロッパの洪水、アメリカやカナダでは熱波による山火事が発生しております。これらの気象現象は、毎年のように発生していることから、明らかに気候が変わってきており、命を脅かす自然災害が年々増えてきていると感じております。 

ひたちなか市議会 2021-09-02 令和 3年第 5回 9月定例会−09月02日-01号

そのほか,目的別では,かんしょ生産体制整備事業の皆増,地方卸売市場事業会計繰出金増加などにより農林水産業費が33.2%の増,勝田清掃センター解体工事費増加新生児子育て応援金の皆増などにより衛生費が9.2%の増となったのに対し,令和元年度に発生した台風19号被害に伴う災害復旧工事費減少などにより災害復旧費が41.2%の減となりました。