164件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日立市議会 2019-03-11 平成31年第1回定例会(第2日目) 本文 開催日: 2019-03-11

大飯原発3号機、4号機を再稼働しようとした関西電力を被告として、その運転差止めが請求された事件判決文であります。「被告本件原発の稼働が電力供給安定性、コストの低減につながると主張するが、当裁判所は、極めて多数の人の生存そのものに関わる権利と電気代の高い低いの問題とを並べて論じるような議論に加わったり、その議論の当否を判断すること自体、法的には許されないことであると考えている。

守谷市議会 2018-09-20 平成30年 9月定例月議会−09月20日-05号

その間,原告被告双方からそれぞれの主張をあらわす書面準備書面と称しておりますが,あるいは相手の主張に対する反論,それに対する再反論というような繰り返しで,お互いから準備書面をそれぞれ4回提出しております。あと,その際には,その書面における主張参考資料となるような説明書を添付したりということで,これは原告側から2回,被告側から4回ほど,そのような書面を提出しております。

日立市議会 2018-03-16 平成30年第1回定例会〔上程議案等〕 開催日: 2018-03-16

(5) しかし、被告において最終催告内容が履行されなかったため、本市は、平成28年12月20日に賃   貸借契約を解除し、被告に対し、平成29年1月末日を期限日とした建物及び土地明渡しを求めた。 (6) 被告は、平成28年12月27日に賃貸借料未納額の一部を納入したが、明渡し期限日後においても、   建物及び土地明渡しに応じなかった。

坂東市議会 2018-02-28 02月28日-01号

去る2月13日、原告坂東市、被告吉原英一氏となります求償金請求事件につきまして、訴状水戸地方裁判所下妻支部に提出いたしました。今後、お互い主張を行い、証拠等を出し合って、法的な事実の整理に入っていきます。 市といたしましては、裁判に向けまして事実関係等を把握し、誠実な対応ができるように準備を進めてまいります。

鹿嶋市議会 2017-03-03 03月03日-一般質問-03号

あと、さらには、審議会の委員の中にも被告の方がいるわけで、これ、やりづらいのではないかなと私は思うのですよね。そういう点からも、やはりここは、本来法務にかかわる仕事総務でしょう、もともと。総務が引き受けて、区画整理事務所から裁判に関する仕事は外してあげたらどうなのだと思うのですけれども、その点どうなのですかね。 ○議長池田芳範君) 執行部の答弁を求めます。 林部長。          

龍ケ崎市議会 2016-12-14 12月14日-04号

平成28年2月11日に行われた原告取締役会の席上において,本件消費貸借契約に基づき被告会社が負った債務について,被告原告との間で連帯保証契約を締結することをまとめた。それに対して被告は特段の反論を述べることなく連帯保証契約を締結することに合意し,連帯保証人確約書に署名,押印の上,原告に対して同確約書を交付したと,こういったように訴状に記載があるわけですよね。 

鹿嶋市議会 2016-06-15 06月15日-一般質問-04号

都市整備部長水道事業都市整備部長 林 昌利君登壇〕 ◎都市整備部長水道事業都市整備部長林昌利君) 裁判の状況についてでございますが、現在係争中の内容であるため詳細についてはお答えできませんが、平成25年6月に水戸地方裁判所に提訴した2件の不当利得返還請求事件、いわゆる功労金返還請求事件と、事務員退職金等返還請求事件については、これまで計11回の口頭弁論と計9回の進行協議が行われ、原告被告

潮来市議会 2015-12-14 12月14日-04号

入札が不調、あるいは応札なしに終わっている事例が見られ、落札率を95%とした想定価格一般競争入札による適正な価格とするには無理があると監査の意見もあったはずだが、10月14日に訴状を受け付け、趣旨として、被告市長)は前松田千春氏に対し、金7,191万4,955円及び本訴状送達の日の翌日から支払い済みまで年5分の割合による金員の支払いをせよ。

坂東市議会 2015-06-09 06月09日-02号

市が被告となっている裁判賠償金支払いですから市民の税金からの支払いとなることは当然のことになってしまいます。古河市でも同様の裁判で市が敗訴しております。前市長責任が問われております。坂東市としては責任をどう認識しているのか、吉原市長はどのように責任を認識しているのか、お伺いします。 さらに、今後の入札についてどのように改善していくのか、伺います。 

つくば市議会 2015-03-19 平成27年 3月定例会-03月19日-06号

けさ大量の資料が配られましたのでよく見られませんけれども、資料ナンバー2の27ページに結論という、ナンバー2判決でありますが、その事実及び理由の27ページに、第4結論としてありまして、原告らは被告に対して連帯して868万3,073円並びにうち78万5,000円に対する本件時効の日である平成23年8月19日から及びうち789万8,073円に対する自賠責保険による損害の填補の日の翌日である云々書いてあるんですけれども

守谷市議会 2015-03-19 平成27年第 1回定例会−03月19日-05号

◎副市長橋本孝夫君) 何回もくどいようですけれども,市がその裁判被告,原告になっている話ではございませんので,それは暴力団と民間会社で行われている裁判ですので,市としてもそれ以上のものにつきまして知り得ない,しかもまだ裁判で争われていることですので,行政がその裁判中のものにつきまして,ではどういう形で報道するの,市民皆様方にお知らせするの。

坂東市議会 2015-03-16 03月16日-03号

これに基づきまして、原告被告、双方互助により和解するため、地方自治法第96条第1項第12号及び第13号の規定に基づきまして議会の議決を得るものでございます。 よろしくご審議をいただきますようお願い申し上げます。 以上であります。 ○議長林順藏君)  これをもって提案理由説明を終わります。 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕 質疑なしと認めます。