15件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

行方市議会 2021-03-03 03月03日-03号

次に、行方社会福祉協議対応窓口となっており、緊急小口資金の貸付け総合支援資金の貸付けがございます。また、生活困窮者自立支援制度を行うため、相談支援員を配置し、相談窓口を開設しております。支援内容の一つに、自立相談支援事業があります。生活に困り事や不安を抱えている方に対し、支援員相談を受けて、どのような支援が必要かを一緒に考え、寄り添いながら自立に向けた支援を行います。

行方市議会 2019-06-06 06月06日-03号

高齢者ごみ出し支援といたしましては、現在、行方社会福祉協議におきまして家事援助サービスを有償で1つは行っております。それから、年末たすけあい事業サービスによりごみ搬出等も行っているところでございます。それから、環境課では、高齢者に限らず、有料でありますが、粗大ごみの回収を行っているところでございます。 

行方市議会 2016-05-30 06月06日-01号

また、行方社会福祉協議での支援金の取りまとめのほか、本市ふるさと納税の仕組みを使った熊本地震被災地自治体への義援金受け付けを行い、全国から400万円を超える緊急寄附が寄せられたところです。 東日本大震災の際には、本市に対して全国から多くの支援をいただき、感謝いたしました。引き続き、被災地に対してできる限りの支援を行ってまいりたいと考えております。

行方市議会 2016-03-04 03月04日-05号

困窮世帯への進学費用の貸し付けとは、現在行方社会福祉協議窓口となって実施している生活福祉資金貸付制度の一部として実施している教育支援資金のことと考えております。 生活福祉資金貸付制度は、低所得高齢者障害者生活を経済的に支えるとともに、その在宅福祉及び社会参加の促進を図ることを目的とした貸付制度です。その貸付制度の中に低所得世帯就学費用に使える教育支援資金があります。

行方市議会 2015-12-07 12月07日-04号

平成20年4月1日、指定管理制度になり、行方社会福祉協議が3年間を受けたわけであります。平成22年4月1日、商工観光課所管がえ、そして行方開発公社指定管理を受けたわけであります。平成24年7月23日、老朽化のために北浦荘宿泊棟解体工事と、そして駐車場整備となったわけでございます。これがこれまでの経過でございます。 

行方市議会 2012-12-07 12月07日-05号

2、指定管理者、茨城県行方玉造甲403番地、社会福祉法人行方社会福祉協議会長伊藤孝一。 3、指定期間平成25年4月1日から平成30年3月31日まで。 提案理由地方自治法昭和22年法律第67号)第244条の2、第3項の規定に基づく指定管理者指定について、同条第6項の規定により議決を求めるものでございます。 平成24年11月29日提出行方市長伊藤孝一。 

行方市議会 2012-12-05 12月05日-03号

保健福祉部所管といたしまして、行方市障害者地域活動支援センター、いわゆるドリームハウスがあるわけでございますけれども、平成22年4月から平成25年3月までの3年間ということで、行方社会福祉協議指定管理者として運営してきております。3年間管理運営して、利用者生活訓練を受けながら生産活動を体験し、就労の難しさと就労に伴う喜びを味わいながら、いい状態で運営されております。

行方市議会 2012-03-13 03月13日-06号

市長公室長辺田洋一郎君) 今回の新公共交通につきましては、事業主体行方市、運行主体を委託により行方社会福祉協議が担っております。 乗り合いタクシーを利用する方の多くは交通弱者と言われる高齢者であること、そのため高齢者サービスの手法を熟知し、かつ地方における認知、信用度の高い社会福祉協議会に委託することが望ましいと考え委託しております。

行方市議会 2010-03-08 03月08日-03号

また、運営協議会の中に下部組織としまして4カ所の在宅介護支援センター行方社会福祉協議、行方市地域包括支援センターで構成しております実務者定例会を毎月開催することによりまして、センターとしての運営事業をより円滑なものとして行っております。 続きまして、(5)の認知症高齢者の現状と予防策について答弁させていただきます。 

行方市議会 2009-11-20 11月27日-01号

2 指定管理者行方玉造甲403番地、社会福祉法人 行方社会福祉協議、会長伊藤孝一。 3 指定期間平成22年4月1日から平成25年3月31日まで。 平成21年11月27日提出行方市長伊藤孝一。 提案理由。 地方自治法昭和22年法律第67号)第244条の2第3項の規定に基づく指定管理者指定について、同条第6項の規定により、議決を求めるものでございます。 

  • 1