24件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

ひたちなか市議会 2019-06-21 令和 元年第 2回 6月定例会−06月21日-04号

公共工事は,行政の仕事の中でも社会資本整備は,その効果が住民の目に見えやすく,進めていくことによって,住みやすいまちづくりに直結していると考えます。大規模な公共工事も必要ではありますが,予算にも限りがあるため,段階を踏んで前に進まなければなりません。  市内において,大規模な渋滞が何十年と同じ場所で,同じ時間帯で起こっております。

ひたちなか市議会 2016-09-09 平成28年第 3回 9月定例会-09月09日-03号

そもそも江戸時代に水海道の行政の拠点に置かれた水海道一高がある高台は,人工的につくられた盛り土でした。過去の歴史に謙虚に従うべきでした。  もう一つの例ですが,熊本地震への対応。熊本県では,1889年,明治22年以来,大きな地震がありませんでした。水害は頻繁に起こるため,水害に対する備えは万全でしたが,地震災害を想定した学習,訓練やマニュアル等が不足しておりました。  

筑西市議会 2016-09-06 平成28年  9月 定例会(第3回)-09月06日−一般質問−04号

では、市長初め行政においてどのような財源確保、そして業績を上げたのか、これは市長の口から篤と説明願いたい。そう思いまして、その辺から質問に入りたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。 ○議長(箱守茂樹君) 榎戸甲子夫君の質問に答弁願います。  須藤市長。           〔市長 須藤 茂君登壇〕 ◎市長(須藤茂君) 榎戸議員さんの質問に答弁をしたいと思います。  

筑西市議会 2016-03-02 平成28年  3月 定例会(第1回)-03月02日−一般質問−05号

されど、今市長の考えていらっしゃる、市民行政をどう融合させるのだということだろうというふうに何か聞いております。これをもう1度市長の口から、どういう市役所づくりにしたいのか、ちょっとお聞かせください。 ○議長(箱守茂樹君) 須藤市長。 ◎市長(須藤茂君) まず、長岡市のまちの中の状況と筑西市駅前の状況というのは全く違います。向こうは人口もいますし、常に人の流れは多くあります。

筑西市議会 2015-12-10 平成27年 12月 定例会(第4回)-12月10日−一般質問−05号

◆22番(榎戸甲子夫君) 今、市長がおっしゃいましたように、今、どちらの行政府も専門部というものを非常に重要視する時期になってきたと思います。事実、私がこの前弘前市に行きましたら、いわゆる先ほど申しましたように、各分野における専門員を採用するわけですから、これは年齢制限もございません。そこで、特筆すべきは、弘前市はあえて弁護士を採用したそうです。

守谷市議会 2015-11-04 平成27年11月 4日議会運営委員会-11月04日-01号

例えば通学区審議会なら通学区審議会という部分を対抗してつくって,例えばこことここは学区の見直しあるといったときに,執行部執行部案,議会議会案を出すための学区審議会部会みたいのをつくって,有識者を呼んで話を聞いて,地元の人を入れて話を聞くということが,本来二元代表制のあり方としては,行政立法府という中においては一番理想的なんだと思うんですよ。  

常総市議会 2015-05-01 常総市:平成27年5月定例会議(第7回会議) 本文

そして、行政立法府というのは車の両輪のごとく走る必要もありますけども、相互抑制のもとのチェック機関であると私は考えています。ですから、私は何度も御説明申し上げているのは、アグリサイエンスバレー構想に反対しているのではないんです。一つ一つの過程をきちんとクリアして進んでいかないと、後々何か問題が起こったときには大変なことになりますよということで、皆様に御説明をしているわけです。

龍ケ崎市議会 2014-03-20 平成26年  3月定例会(第1回)-03月20日−05号

秘密指定が妥当かどうかチェックするといいますが,同じ行政が行いますので,第三者機関が行うわけではありません。幅広い情報が特定秘密とされ,国民の目,耳,口をふさぎ,日本国憲法のいう国民主権基本的人権平和主義がないがしろにされます。こうした違憲立法は廃止しかありません。  以上の理由で,平成26年陳情第1号を採択されますよう賛成討論といたします。

筑西市議会 2012-12-11 平成24年 12月 定例会(第4回)-12月11日−一般質問−04号

これから私が質問を投げかけるのは、あなたの熱意が、この残されたわずかな期間で、どのようにこの行政の中で発揮されるか。はたまたそれが市民の隅々まで行き渡って、やがては筑西市のまちおこしの1つになるという、私は期待感を込めているわけであります。  そこで、質問をまとめますが、今の筑西市で真っ先に浮かぶものは、私は最たるものは農業だと思うのです。日本一の小玉スイカとか、梨とか、挙げたら切りがない。

常総市議会 2012-09-10 常総市:平成24年第4回定例会(第2号) 本文 開催日:2012-09-10

それから、今後の二元代表制における議会、これは当然、市長も議会も、それぞれ直接市民から選ばれていますから、対等な立場で、しかし立法府行政の違いがありますから、いい意味で大いに切磋琢磨、議論しながら、そういう形で議論を深めながら、しかし一致した部分においてはともに常総市のまちの発展のためにというところで協力をしていくという、つまり一方では議論し戦いながら、しかし一方では大きな目標に向かっていくというような

土浦市議会 2009-06-15 平成21年 第2回 定例会-06月15日−02号

土浦の行政府である庁舎の建設歴史をひもといてみますと,明治時代戸長役場がその始まりでございます。土浦市史や市教育委員会発行の土浦町内誌等によりますと,明治17年,それまで土浦町に複数設置されておりました戸長役場が1カ所にまとめられ,旧前川町,現在の中央二丁目にありました元土浦藩の米倉の跡地に平家の庁舎が建てられました。その位置は,現在,関東つくば銀行本店がある所でございます。

筑西市議会 2009-03-18 平成21年  3月 定例会(第1回)-03月18日−委員長報告・質疑・討論・採決−05号

行政設計、いや発案で、行政主導でつくるという教育機関であったらいざ知らず、民間が、しかも多額納税者の、このまちのためにつくってくれるという筑西市民の方がつくる大学に、行政補助をしようとしたその行政に対して、何を謝れと言うのか、その真意に私は非常にがっかりいたしました。その辺の考えは、私はぜひとも改めていただきたい。市長にも、公室長にも、行政にも、何の責任もない。

  • 1
  • 2