3942件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日立市議会 2019-06-27 令和元年第2回定例会〔上程議案等〕 開催日:2019-06-27

                       ┃ ┃ (2) さくらや松などの樹木について、松くい虫防│ さくらや松などの樹木については、関係各課と綿┃ ┃  除対策を始め、市のシンボルであるさくらのテ│密な連携と情報共有を図りながら、市民、関係団 ┃ ┃  ングス病枝の切除や施肥などに関し、関係各課│体、企業等の協力を得て、さくらのテングス病枝の┃ ┃  が綿密に連携しながら、適正な管理に努められ│早期発見や切除、施肥等による保護育成

ひたちなか市議会 2019-06-27 令和 元年第 2回 6月定例会-06月27日-付録

│ │保育士学費補助金(7,200)   │また,市内で保育士として働く意思のある学生に対│ │                   │する修学費等貸付事業を支援し,保育士育成と確│ │                   │保を進める。                 

ひたちなか市議会 2019-06-21 令和 元年第 2回 6月定例会−06月21日-04号

今後,いつ来るのかわからない地震などの災害のときにも対応してくれる地元企業育成,さらには税金の面からも,地元企業に発注し,本市に税金を納めていただくことのサイクルが大変重要だと考えます。  公共工事には,企業によってのランクづけがあるとお聞きします。金額の大きい工事や小さな工事と多様な工事ではありますが,建設業者等の格付をどのように行っているのかお伺いいたします。

ひたちなか市議会 2019-06-19 令和 元年第 2回 6月定例会−06月19日-02号

そしてさらに2015年,子ども・子育て支援法により,学童クラブは地域子ども・子育て支援事業に位置づけられ,市町村は放課後児童健全育成事業として学童クラブを実施する責務を有することになりました。  同時に,児童福祉法が改定され,対象学年は6年生まで引き上げられ,さまざまな運営上の最低基準も示されました。

守谷市議会 2019-06-19 令和 元年 6月定例月議会−06月19日-05号

さらに,守谷市には,林業経営できる森林はないと考えられるが,その場合,条例第1条第1項第2号の木材の利用の促進のみの施策になるのかとの質疑があり,施策条例は,森林の整備や人材育成など各種の施策が考えられるが,市の現状では,木材の利用の促進が主な施策になると見込まれるとの回答がありました。  

日立市議会 2019-06-18 令和元年第2回定例会(第3日目) 本文 開催日:2019-06-18

本市では、防犯意識の向上や地域防犯活動を支える人材育成を図り、犯罪のない地域づくりに努めています。一方で市民からは、暗い夜道や道路の死角において不審者出没に対する不安な声が寄せられており、その対策を早急に進めていかなければならないと思います。  ア、照明灯の整備について。  

日立市議会 2019-06-17 令和元年第2回定例会(第2日目) 本文 開催日:2019-06-17

このように、労働人口が減少する中でものづくりのまちとして成長し続けるためには、今ある産業技術を受け継ぎ、進化させていくという次世代人材育成が重要な鍵であると思います。  小川市長は、進化する産業都市を目指すという上で、人材育成・確保、さらには先端技術の活用などについてどのような取組を考えているのか、見解をお伺いいたします。  次に、(3)教育施策についてです。  

石岡市議会 2019-06-17 令和元年予算特別委員会(第3日目) 本文 開催日:2019-06-17

商店街組織の強化と活性化への支援、経営基盤・技術力強化への支援、地場産業育成と振興、産業観光の推進、商店街への誘客、部会活動への支援となってございまして、補助金使用につきましては充当額が明確になってございますので、どの事業にどの金額が使われたかが明確になってございます。  

下妻市議会 2019-06-11 令和元年 第2回定例会(第3日 6月11日)

子ども・若者育成支援の対象としての整備ということでお聞きいたします。  これまでも何回か提案してまいりました、内閣府が取り組む子ども・若者育成支援施策の総合的推進という政策がございます。この推進法制定の背景として上げられていますのが、児童虐待、いじめ、ニートやひきこもり、不登校発達障害などの今日的問題への対応としては、従来の縦割り的な形では限界であるという点が上げられております。

笠間市議会 2019-06-11 令和 元年第 2回定例会-06月11日-05号

県と市の役割、この配分についての役割ということでございますが、現在のところ、茨城県が2割、市が8割で続いているわけですが、今後県の割合が下がっていくという中で、最初、この森林経営管理法の茨城県の役割といたしましては、担い手の育成とか、先ほど答弁の中にあった森林アドバイザーの育成等の経費が茨城県のものとなっております。

石岡市議会 2019-06-11 令和元年第2回定例会(第3日目) 本文 開催日:2019-06-11

一般競争入札により、工事または製造その他についての請負契約締結しようとする場合においては、当該契約の内容に適合した履行を確保するために、特に必要があると認められるときは、あらかじめ最低制限価格をできる旨の規定がございますが、現在、石岡市で業務委託の入札につきましては、市内業者の育成等の観点もございまして、指名競争入札で実施しているのが一般的でございます。  

笠間市議会 2019-06-10 令和 元年第 2回定例会-06月10日-04号

しかし、DV防止法や被害者保護地域活動における女性リーダーの育成、男性の育児参加など、まだまだ力を入れなければならない項目もございます。多様な価値観と発想を取り入れ、個性と能力を十分に発揮でき、誰もが安心して暮らせる地域づくりのために、今後も男女共同参画事業の拡大に向けた取り組みのほうを進めてまいります。以上でございます。 ○議長(飯田正憲君) 田村幸子君。

守谷市議会 2019-06-10 令和 元年 6月10日都市経済常任委員会−06月10日-01号

◎北澤 経済課長  この条例におきましては,森林の整備とか担い手の育成,それから,確保とか木材利用の促進と啓発等々ありますけれども,それらには使えますけれども,守谷市に当てはまるとしましたら,やはり木材利用の促進というところが大きなウエートを占めてくるのではないかなと感じております。 ○寺田 委員長  渡辺委員。