13件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

笠間市議会 2016-09-14 平成28年第 3回定例会-09月14日-04号

そのために、第一次産業における生産性の向上と農家育成、確保、また雇用者の報酬や企業所得の向上に直結する産業において、企業誘致それについて就業者の多い第三次産業において、サービス産業への支援などを取り組んでいかなければならないというふうに考えております。 ○議長(藤枝浩君) 小松崎 均君。

常総市議会 2012-09-10 常総市:平成24年第4回定例会(第2号) 本文 開催日:2012-09-10

六次産業化と地場産業育成については、昨年の9月議会において中島議員の御質問にお答えしたことと重複するかもしれませんが、六次産業化とは、農業者等の第一次産業従事者が、生産だけでなく、産業である食品加工第三次産業の流通・販売まで取り組むことにより、加工賃や流通マージンなどの今まで第二次、第三次産業の事業者が得ていた利益を農業者自身が得ることによって農業を活性化させようというものであります。

常総市議会 2009-03-06 常総市:平成21年第1回定例会(第2号) 本文 開催日:2009-03-06

今回私が提案するのは、常総市が常総市の現況を認識した上で、第一次産業産業第三次産業までを統合した産業クラスターを育成していくべきであるということであります。また、その中心になるべき産業企業育成するために行政みずからがその先頭に立ち、企業育成し、あらゆる面でのサポートを行っていく機関を設立していってはどうだろうか。

下妻市議会 2008-09-19 平成20年 第3回定例会(第3日 9月19日)

単に梅を生産するという第一次産業だけでなく、梅干しという食品加工製造の産業、さらには、全国発送も含めた流通販売の第三次産業まですべて一貫して村で行うシステムをつくり上げ、トータル付加価値を大幅に増大させたことである。その中で、行政の取り組みとして、梅の品質向上を図るための試験研究を行う「村立うめ21研究センター」を立ち上げ、梅関係の業務を扱う役所内の梅課を新設した。

土浦市議会 2007-03-13 平成19年 第1回 定例会-03月13日−03号

次に,御質問産業別の就業人口及び出荷額についてでございますけれども,平成16年の土浦市産業別就業人口は,各種統計調査等によりますと,第一次産業農業就業人口は約3,400人,産業製造業等の就業人口は約1万1,900人,第三次産業商業等のサービス業の就業人口は約1万5,700人というふうになっております。

土浦市議会 2004-04-27 平成16年 第1回 臨時会-04月27日−01号

それから,産業背景の第一次産業産業第三次産業で,これは全国ご多分に漏れず,全体,第一次産業というのは,非常に生産人口が大変落ちております。しかし,今回の新治村においての産業構造からすれば,確かに第一次産業というのは13.3%です。新治村には緑の空間があり,こういうメリットがあるんだということを,要するにメリットの中でお話が出ますね。筑波山のふもとの緑地帯というか。

日立市議会 2003-06-18 平成15年第2回定例会(第4日目) 本文 開催日:2003-06-18

産業別就業人口については、国勢調査年度の昭和60年当時は、第一次産業に2,511人、産業に4万6,268人、第三次産業に4万5,802人であったものが、平成12年度の国勢調査では、第一次が1,530人、第二次が3万6,234人、第三次が5万1,792人と、年々、時代の変化とともに第三次産業へのシフト替え、ウエートが高まっていることがわかります。

下妻市議会 2003-03-17 平成15年 第1回定例会(第3日 3月17日)

我々議員もそういうサービスの中に位置づけて一緒になって取り組む、そう思っている一人なんですけれども、そういう意味では、今までは産業がメーンで、とりわけ製造システムといいますか、そういう中で朝8時から5時までの勤務時間とか、あるいは土・日は休みとか、そういう意識が強かったということなんですけれども、これから第三次産業ということは、先ほど申しましたように24時間・365日の中でフレキシブルに対応をとっていくというような

日立市議会 1996-12-10 平成8年第4回定例会(第3日目) 本文 開催日:1996-12-10

産業製造業企業において、生産した製品に責任を持つのが基本であり、責任を持って、その結果お客さんに喜んでもらえる企業の存続、繁栄は、このサイクルの中で生まれてくるものと思います。責任を持つということは品質を保証することにつながり、お客さんは品質を買うとも今日は言われております。中小企業に目を向けたとき、その企業の発展のためには技能資格取得も極めて重要な施策の一つであると思われます。

日立市議会 1996-03-11 平成8年第1回定例会(第2日目) 本文 開催日:1996-03-11

さらに日立市の場合は産業が景気をリードしてきたと言っても過言ではなく、つまり工業商業までもリードしてきたわけで、工業の不振は商業の活力までにも影響を与えております。  当市は昨年の秋、工業振興計画策定実態調査を実施して、低迷する当市の工業の厳しさを理解したものと思っています。

  • 1