882件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

下妻市議会 2021-06-14 令和 3年 第2回定例会(第4日 6月14日)

事業立ち上げから継続まで、互いに協力し合わなければ、対策をうまく進めることはできません。しっかりと取り組んでいただき、新たなコミュニティーの場として利用者から末永く愛され続ける移動スーパー実現を期待しておりますので、よろしくお願いします。  これで私の一般質問を終わりにします。ありがとうございました。 ○議長(廣瀬 榮君) 以上で木村穂摘君一般質問を終わります。  

つくば市議会 2021-06-10 令和 3年 6月定例会−06月10日-02号

また、高齢者の新しい働き方として、60歳以上の市民を中心とした事業立ち上げ支援し、コーディネーターが起業から運営までをサポートし、立ち上げ費用も100万円を上限に半額補助しており、現在19の団体活動、活躍していると。それぞれ高齢者居場所づくり生活の困り事、市で行う有償ボランティアなども展開していると。

つくば市議会 2021-03-19 令和 3年 3月定例会-03月19日-06号

毛塚副市長は、4年間の取組を通して、新たな市政の立ち上げ期から2期目の軌道に乗せるまで支えてきてくれました。着任当時26歳という若さでありましたが、前例にとらわれない柔軟な発想やフットワークの軽さにより、座長としてのスタートアップ戦略産業戦略等の策定、インキュベーション施設整備、つくば市の最高情報責任者CIOとしてデジタル化を推進するなど、全国でもけうな政策を多数実現してきました。

古河市議会 2021-03-16 03月16日-代表質問-03号

民間活力導入はもちろんのこと、基盤となるICTコンソーシアム立ち上げが近道だと考えております。 次に、市民協働地域のみんなで古河(まち)をつくる」について。自治会、行政区の加入拒否加入者減が問題になっている。助け合いなどチラシや窓口で啓発などをしていただいたり、加入促進の通知などということで針谷市長からるる御説明をいただきました。

守谷市議会 2021-03-15 令和 3年 3月定例月議会-03月15日-03号

今,まさにワクチン接種事業立ち上げに奔走されていることと思います。  市長には,年度が変わっても,本対策室を全面的にバックアップをしていただきたいというふうに思います。また,ワクチン接種に対する市長の思い,このあたりを最後にぜひともお伺いをしたいと思いますが,いかがでございましょう。 ○議長高橋典久君) 市長松丸修久君。

東海村議会 2021-03-11 03月11日-04号

迅速な避難所立ち上げ運営ということで相馬市が脚光を浴びていますが、理由があって準備ができていたものと考えます。よいところはいち早く取り入れていただいて、関東大震災から今年は98年だそうです。いつ起こるか分からない地震です。覚悟を持って備えている必要があると考えます。より迅速で安全な避難所の開設について本村考えを伺います。 ○飛田静幸議長 答弁を求めます。 村民生活部長

東海村議会 2021-03-10 03月10日-03号

そのため、村では各組織事務負担軽減活動持続性を図るために、活動を一元化する広域組織を設置し、村に事務局を置き、煩雑な事務処理を5年間担うこととしまして、現在村内の4組織による広域組織立ち上げを目指しているところでございます。 地域共同活動による地域資源保全管理広域組織という持続的な体制の下で行うことにより、活動効率化組織力の強化を図りながら地域農業活性化を図ってまいります。 

小美玉市議会 2021-03-05 03月05日-03号

2点目につきまして、子ども支援ボランティアは1団体とのことですが、ボランティア担当課市民協働課になり、立ち上げ相談等は社協が行っていると思います。子ども支援ボランティアに参加したい、立ち上げたいと考える方の相談もあるかと思います。そのような相談があれば、実現に向けて後押しすることも子ども課でできれば、把握、連携につながるのではないでしょうか。

鉾田市議会 2021-03-04 03月04日-一般質問-03号

市長岸田一夫君) 今言ったとおり、やはり私も前職業として消防をやっておりましたから、立ち上げのときから見ております。そういう中で、まさしくあの病院ができたときには、特に行方地区においては、夜の医療はないという状況が生まれ、そして鉾田市のほうでも具合が悪くなった人たち、または救急搬送される方も多くありました。

つくば市議会 2021-03-01 令和 3年 3月定例会−03月01日-02号

年度における生活支援体制整備事業については、今年度から第2層協議体に新たに配置した「生活支援コーディネーター」との協議において、地域住民の支え合い活動の拠点の確保が急務であるとの結論から、各圏域における新たなサロンの立ち上げ重点目標としています。圏域によって取組や意識に温度差がある中で、市全体の取組として、いかに拡充していくかが課題と捉えています。

東海村議会 2020-12-11 12月11日-04号

村内におけるこうしたグループ、団体立ち上げ状況はどうなっているのかお伺いいたします。 また、高齢化が進み、単身の高齢者なども増える中、こうしたニーズはますます増えてくると思いますが、議会でも何度か議論されていますけれども、ニーズの高まりに対して、なかなかこの支え合い活動本村で広がっていない。この要因は何だとお考えでしょうか。 以上2点お願いします。 ○飛田静幸議長 答弁を求めます。 

結城市議会 2020-12-10 12月10日-02号

1つに,扶助費増加傾向がある中での新たな単独事業の実施について,1つに,市税等の減収が見込まれる中で,新たな歳入の確保ができない場合の事業の縮小について,1つに,新規事業立ち上げに必要な財源の確保について,以上3点について市長の所見をお聞かせいただいて,新和会代表質問を閉じたいと思います。よろしくお願いいたします。 ○議長大木作次君) 市長 小林 栄君。  

神栖市議会 2020-12-08 12月08日-03号

そのうち、事業の柱の一つである医師や医学生に向けた専用ホームページ神栖医住」によって、特色ある研修メニューや拡充した支援制度などを県内外へ情報発信しておりますが、その成果指標としての閲覧者数について申し上げますと、立ち上げ直後の4月は310件でありましたが、さらに閲覧者を増やせるようインターネット検索エンジンの上部に表示させる対策に努めましたところ、10月には1,752件まで増加し、延べ閲覧ページ