44件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿嶋市議会 2019-12-11 12月11日-一般質問-02号

また、開発事業者権利私権ですね、これを考慮しますと、行政の関与は極めて難しいものと認識をしてございます。 4点目でございます。今回流れ込んだ土砂を保管しておきという旨の質問でございまして、今回の開発許可自体が瑕疵ある判断となるのではないかということでございますが、開発許可基準につきましては都市計画法に定められておりまして、この内容に照らし合わせて適合していると判断し、許可をしてございます。

守谷市議会 2019-09-17 令和 元年 9月定例月議会−09月17日-04号

私は,あくまでも,日本の資本民主主義国家において,私の私権ということは,最大限尊重されなければいけないことなのだろうというふうには思っておりますけれども,そうはいっても,そこにある意味では国が税制ということの中で,ある程度の使用料というのは変だけれども,固定資産税という税をかけて,そこの土地の縛りをしている,それがまた市の財源になっているということからすれば,市として見れば,土地だけよりも,正直上物

鹿嶋市議会 2019-06-12 06月12日-一般質問-02号

参考に、市道認定必要性、メリットについて申し上げますと、まず不法占用の排除や私権制限を行うことで通行の権利を確保すること。次に、国庫補助事業起債事業採択要件として必要なこと、道路法建築基準法など他の法令との関連性を位置づけるために必要なこと、普通交付税算定基礎に積算できることなどが挙げられます。

守谷市議会 2019-03-04 平成31年 3月定例月議会−03月04日-02号

公的な部分と私の私権という部分というのは,やはり私権を侵すことはできませんので,私有地の山林であったりというところを,やはりその持ち主が利用していくということに対しての規制というのはなかなか難しいというふうに思っていますので,ある程度決められたところは残すようにしていきたいというふうに考えています。 ○議長梅木伸治君) 次,高梨 隆君。手挙げていましたよね。 ◆7番(高梨隆君) はい。

筑西市議会 2019-02-27 02月27日-議案上程・説明-01号

第19条においては、目的外使用許可等権限について規定しており、同条第1項は、道の駅における目的外使用許可使用料徴収減免等権限について、同条第2項では、行政財産貸し付け、または私権設定権限について、それぞれ市長にあることを規定してございます。 第20条の委任においては、必要な事項は市規則で定めると規定してございます。 

筑西市議会 2016-09-09 09月09日-議案質疑・委員会付託-07号

簡略的には冒頭で私のほうでご説明させていただきましたが、こちらにつきましては、従来からもともと可能でありました普通財産無償減額貸し付け条件に今回新たに地域の活性化に資する事業ということを加えまして、普通財産と同じ条件のもと、行政財産についても無償減額した貸し付け私権設定が可能というふうなことでございます。 

高萩市議会 2013-06-13 06月13日-04号

我々これ予算賛成か反対かと最終日に迫られてくるわけですから、だから、この段階で、これはつくったものは公の財産ですよという位置づけか、それとも相手方にもう売っちまう、私権が働く財産なんだと、その根底には、政治判断根底にある部分はなくて、とりあえず予算認めてもらって、そして工事をやってもらって、それからどうするか考えましょうなんていうそんな代物じゃないでしょう。

筑西市議会 2013-06-05 06月05日-議長選挙・副議長選挙-01号

第14条においては、損害賠償について、第15条においては、目的外使用許可等権限として、第1項は、図書館における目的外使用許可使用料徴収減免等権限について、第3項では、財産貸し付けまたは私権設定権限について、それぞれ教育委員会または市長にあることを規定してございます。 第16条においては、市立図書館の適正な運営を図るため、筑西市立図書館協議会設置等について規定してございます。 

龍ケ崎市議会 2013-03-04 03月04日-03号

まさに「釈迦に説法」になりますが,平成18年の国有財産法改正によって,これまでの構造改革特別区域法PFI法でしか認められていなかった行政財産管理処分が緩和され,売却や私権設定,すなわち土地建物賃借権が可能となり,箱物の経済的,効率的利用可能性が大きく広がったことを背景に,公共施設の全体最適化に向けて,これからの公共を数多く分類し,公共をみんなで担うのではなく,行政をスリム化し,これからの

筑西市議会 2012-12-07 12月07日-一般質問-02号

土地の境界をただすということは、人と人との私権のぶつかり合いの調整ですから、非常に難航を極めることが多いと思います。その中に、現況公図に合わないという場合があります。これはよくあります。現況というのは現実活動の連続の結果ですから、これは当然なのですが、道路について、一番肝心な道路についてこういった場合が存在します。公図上民地であるのに、現状道路として供用されている場合があります。

笠間市議会 2011-09-13 平成23年第 3回定例会−09月13日-03号

また、千葉県の勝浦市においては、空き家に対しての所有権の問題とかいろいろありますけれども、公共私権制限という問題におきまして、そういうことについて罰則規定で罰金も設けておるということでございます。  そういう点について、どういうお考えであるかということについてお伺いいたしたいと思います。  

鹿嶋市議会 2008-12-16 12月16日-議案質疑、委員会付託-05号

あと市の独自の条例で持ち込みはできないのかというご質問でございますけれども……          〔「持ち込み規制」と言う人あり〕 ◎参事兼環境課長鬼無瀬猛司君) 持ち込み規制を、これはやはり土地所有者私権が入りますので、なかなか今言ったような形で厳しいものがあるのかなと思いますし、それはどのような形があるかは今から研究していきたいなとは思っていますし。 以上です。