運営者 Bitlet 姉妹サービス
4731件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-15 笠間市議会 平成31年第 1回定例会-03月15日-05号 今後のスケジュールにつきましては、計画策定に向けた調査、研究の実施及び関係機関との協議を進めていく予定でございます。   もっと読む
2019-03-14 笠間市議会 平成31年第 1回定例会-03月14日-04号 さらにテーマを「持続性可能な地域づくり」として政務活動、大学院での調査研究を進めております。  このことは平成29年度に開催した地方自治研究講演会、「地方は消滅しない~笠間市が活性化するため~」にという演題でしたが、上念 司氏が講演を行ったものです。 もっと読む
2019-03-12 笠間市議会 平成31年第 1回定例会-03月12日-03号 市には、耕作放棄地を生かしたもうかる農業の研究にも力を入れていただきたい。  さて、耕作放棄地がますますふえていく中、耕作放棄地の隣接する優良農地が耕作放棄地から発生する雑草や病害虫の影響で収穫高が上がらない話を耳にする。そして荒れた農地は野生化した動物のすみかとなり、隣接する収穫間近の農地を荒らしていく被害もよく聞く。市はこのような実態をどのように捉えていますか。  質問します。 もっと読む
2019-03-06 笠間市議会 平成31年度予算特別委員会−03月06日-02号 次に、19節負担金補助及び交付金のうち、秘書課所管のものは職員の研究負担金99万円や茨城県市長会負担金が110万2,000円などでございます。  次に、55ページをお開き願います。   もっと読む
2018-12-21 つくば市議会 平成30年12月定例会−12月21日-05号 増設とともに並行して、研究学園2丁目に学校用地として確保してある県有地を取得し、早急に新設校の建設を始めてください。  とはいえ、新設校を建てるにしても、四、五年はかかります。30教室の増設議案に反対することはできません。また、増設校舎においても、特別教室や職員室の必要性など十分考慮し、計画を精査すべきです。   もっと読む
2018-12-21 つくば市議会 平成30年12月定例会-12月21日-付録 ────────────┼──────┤ │ ICT教育の在り方につ│ AI(人口知能)技術の登場により、これまで人間にしかでき│市長    │ │いて          │ないと思われていた仕事の約半分が今後10~20年程度でロボット│教育長   │ │            │などの機械に奪われるであろう、という衝撃的な予測がオックス│教育局長  │ │            │フォード大学の研究 もっと読む
2018-12-20 下妻市議会 平成30年 第4回定例会(第5日12月20日) また、本市議会においても同時並行的に庁舎等建設に関する調査特別委員会を設置し、新庁舎建設について調査・研究を行っているところである。   もっと読む
2018-12-18 下妻市議会 平成30年 第4回定例会(第4日12月18日) │     │ │     │       ├───────────┼─────────────────┼─────┤ │     │       │2 砂沼の水質につい │(1) 研究機関による専門的、総合│市長   │ │     │       │  て        │  的かつ継続的調査が必要と考  │関係部長 │ │     │       │           │  えるが、どの様にお もっと読む
2018-12-18 水戸市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月18日−05号 また,次世代認知症治療薬の開発,早期実用化や最先端の技術を活用した早期診断法の研究開発を進めるとともに,認知症の人の心身の特性に応じたリハビリや介護方法に関する研究を進めること。  以上,地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。     もっと読む
2018-12-17 下妻市議会 平成30年 第4回定例会(第3日12月17日) 次に、(2)運行ルート増の検討についてでございますが、下妻市地域公共交通活性化協議会において、本年5月から市民の委員で構成する郊外の移動を支える公共交通の実現に向けた研究会を設置し、市民ニーズへの対応を初め、本市の鉄道、バス、タクシー業界の実情やサービス拡大による運行経費などを踏まえながら、郊外における公共交通のあり方について検討してきたところでございます。 もっと読む
2018-12-12 つくば市議会 平成30年12月定例会-12月12日-03号 次に、就職活動前の学生が企業と話ができる業界研究会や国の研究機関、クリエイティブ企業など、特色ある相談コーナーを設けます。また、参加企業を対象に採用力向上セミナーを事前に開催し、当日のマッチングの成果を上げる取り組みも行います。この就職面接会は、若者の市内定住化と企業の人材確保の観点から非常に重要な取り組みであり、今後も引き続き開催していきます。   もっと読む
2018-12-12 守谷市議会 平成30年12月定例月議会−12月12日-03号 ご紹介をいただきました気仙沼のクルーカード等,あと,伊達まちカードというんでしょうかね,そういったところも十分,その事例も研究をさせていただいて,費用の面,効果の面含めて勉強をさせていただきたいと思っております。   もっと読む
2018-12-11 守谷市議会 平成30年12月定例月議会−12月11日-02号 問題だけをこれからの時代というのは指標にすべきではないだろうという九州大学の馬奈木先生という先生が,その先生は,SDGsの大もとをつくる国連のほうのそのメンバーにもなっているという先生なのですが,その先生が,パネラーということで,私もパネリストとして参加をさせていただきましたけれども,やはり例えば,守谷の緑という部分をどういうふうに数値化して,資源として評価をいただくかとかいうようなこともいろいろ研究 もっと読む
2018-12-11 つくば市議会 平成30年12月定例会-12月11日-02号 ◎市長(五十嵐立青君) 大学生や若手研究者であったり、あるいは中高生等含めた活動、交流等々、先ほど教育局長の話にもありましたが、市内施設であったり民間の施設であったり、今も一程度広く行われているとは思っております。   もっと読む
2018-12-07 結城市議会 平成30年第4回 定例会-12月07日−03号 初めての質問のときは,何も知らなくて,歴史研究者の友人や先輩方に教わりました。近くに住んでいたのに,しかも自分が学んだ中学校が廃寺跡にあったのに,何も知らなかったなんて,「ボーっと生きてんじゃねーよ!」と怒られそうですが,情けないことです。その後,自分なりに勉強したり,他の史跡を見学したりして,少しはわかったつもりです。   もっと読む
2018-12-06 結城市議会 平成30年第4回 定例会-12月06日−02号 本委員会は,本史跡の保存及び整備について総合的かつ効果的に推進していくために組織されており,その委員は,大学教授や奈良文化財研究所所属の研究員といった史跡の調査・保存・整備等に関し学識経験を有する者や結城市文化財保護審議会の委員から構成されており,現在の委員は5名となっております。  また,オブザーバーとして,文化庁の調査官と県の担当者が参加しております。   もっと読む
2018-12-06 石岡市議会 平成30年第4回定例会(第5日目) 本文 開催日:2018-12-06 69 ◯9番(小松豊正君) そうなりますと、私も非常に異様に感じていたのは、石岡の市職員の場合は、残業代というのは、特別な事情があった場合に、その所属の課長が、こういう事情だからこれだけやってくれというふうに言われたものについてだけ残業代がついて、積極的に、あるいは自主的に職員が勉強するとか研究するとか、そういう場合にはつかないようになっているという理解 もっと読む
2018-12-05 石岡市議会 平成30年第4回定例会(第4日目) 本文 開催日:2018-12-05 災害時の観光客に対する安全確保という視点から、避難場所や経路等の周知、さらには茨城国体や東京オリンピックを控え、ますます重要と考えておりますので、観光庁で作成している「訪日外国人旅行者の安全確保のための手引き」等も参考に、外国人を含めた対応を調査研究してまいりたいと考えております。   もっと読む
2018-11-28 つくば市議会 平成30年12月定例会−11月28日-01号 ボルドー・サイエンスアグロという国立の研究機関には、農業の専門的な要素を学ぶカリキュラムがあり、世界中から専門家が集まっています。そこの学長を初め、専門家と意見交換をし、サイエンスアグロの教育プログラムにつくば市から参加させてもらうことや、つくばに来て現場の土壌や気候、ブドウの栽培環境について調査をしていただくことの快諾をもらいました。   もっと読む
2018-11-13 笠間市議会 平成30年第 4回定例会−11月13日-04号 そのほか特別研修といたしまして、市議会と共催で行う地方自治研究講演会や業務終了後に自主的に行うトワイライトセミナー等を実施しているところでございます。以上です。 ○議長(海老澤勝君) 萩原瑞子君。 ◆15番(萩原瑞子君) 職員勤務約40年の間には、階層別に研修をされ、また、そのほかにも多くの研修をされていることがわかりました。   もっと読む