14件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

水戸市議会 2019-12-09 12月09日-02号

ども公明党水戸市議会5人も,被災後の翌14日午前,前国土交通大臣石井啓一衆議院議員,そして党県本部代表高崎進県議を初めとする県議団とともに,水戸市内浸水被害が発生していた飯富町,藤井町,岩根町を中心に被災地状況を視察し,被災住民皆さんから被災状況を詳細にうかがってまいりました。 また,那珂川河川全域で発生した水害地域,涸沼川などの中小河川地域も視察いたしました。

坂東市議会 2016-06-13 06月13日-02号

国土交通省交通政策審議会委員会が4月20日、石井啓一国交相に対し、首都圏鉄道整備について16年ぶりの答申があり、その中に有楽町線県内延伸がわずかながら文言が盛り込まれたためであります。関係者は、これは間違いなく意義のある答申と評価し、延伸への望みをつなぎ、喜びをかみしめているとの新聞記事がございました。 

笠間市議会 2016-06-10 平成28年第 2回定例会−06月10日-03号

この外国人旅行者が急増した背景には、公明党出身国土交通省大臣であった太田昭宏氏や石井啓一氏らの強力に推進してきた東南アジア諸国から訪れる観光客へのビザの発給条件緩和政策や海外でのPR活動の成果などがあります。  また、日本が治安の上でも最も安全であり、食料も水もおいしく安全であり、四季折々の景色もすばらしく、日本人の応対のよさ等、旅行者が伝えて広がっている日本の効果も大きいと思います。  

下妻市議会 2015-11-12 平成27年 第4回定例会(第4日11月12日)

〔1番 塚越 節君登壇〕 ○1番(塚越 節君) 10月10日、就任早々に常総市を視察いたしました石井啓一国土交通大臣は、視察後、鬼怒川全体の堤防改修について、緊急的、集中的に改修を行うよう指示をしたと述べ、河川激甚災害対策特別緊急事業を活用し、今後約5年間で堤防の強化と、堤防がない無堤地区の解消を推進するとの考えを示しました。

神栖市議会 2012-06-14 06月14日-02号

これは、衆議院予算委員会で質問に立った、公明党茨城代表石井啓一政調会長が、野田総理に、東北3県と同じ枠組みで本県を支援するようただした場面です。それにより、市町村復興まちづくり支援事業として予算化されたかと思います。神栖市にも、2億1,900万円が交付されていると思いますが、認識不足で申しわけありませんが、どのように使われたのか、もしくは使うのかを教えていただきたいと思います。 

常総市議会 2011-09-06 常総市:平成23年第5回定例会(第3号) 本文 開催日:2011-09-06

議会でも、調査権のある百条委員会設置提案をしましたが否決され、調査しようがなく、茨城公明党本部衆議院議員石井啓一代表に尋ねましたが、結局党本部へ出したわけですね、本当に納税しているのかと。そしたら、納税証明書で完納していることを確認しましたので、御指摘のようなことがありませんとの返事でした。1回目の返事はこれなんです。  後日、また水野さんが手紙を出したんですね。

常総市議会 2011-09-06 常総市:平成23年第5回定例会(第3号) 本文 開催日:2011-09-06

議会でも、調査権のある百条委員会設置提案をしましたが否決され、調査しようがなく、茨城公明党本部衆議院議員石井啓一代表に尋ねましたが、結局党本部へ出したわけですね、本当に納税しているのかと。そしたら、納税証明書で完納していることを確認しましたので、御指摘のようなことがありませんとの返事でした。1回目の返事はこれなんです。  後日、また水野さんが手紙を出したんですね。

土浦市議会 2010-06-22 06月22日-05号

さらに,公明党石井啓一政務調査会長代理は,昨年の12月25日,都内で開かれた八ッ場ダム建設推進全体協議会に出席し,民主党が八ッ場ダムを一方的に中止したことについて,手続が強引で性急だと批判した上で,なぜ中止したのか,根拠は全く不明で納得できないと指摘前原誠司国土交通相ダム必要性を再検証する考えを示していることに対し,中止を撤回してからやるべきだと述べております。

石岡市議会 2003-12-03 平成15年第4回定例会(第2日目) 本文 開催日:2003-12-03

公明党といたしましても、11月10日、財務副大臣でもあり茨城代表である石井啓一衆議院議員、そして環境副大臣加藤修一参議院議員西田まこと参議院議員予定候補者県議会議員3名がこの記事のとおり霞ヶ浦を調査し、協議を重ねております。石岡近郊飲食店及び関連業皆さんの痛手を知っていますか。この大きな問題に早急な行政の対応を私は望みます。  

  • 1