211件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

筑西市議会 2023-06-11 06月11日-一般質問-04号

本市企業誘致につきましては、茨城県、茨城開発公社連携を図り、雇用確保に向けた誘致活動を積極的に推進しているところでございます。 進捗状況でございますが、平成30年度はつくば明野北部工業団地田宿地区並び関舘工業団地内において工場立地があり、現在操業されているところでございます。また、つくば関城工業団地内においては、用地取得実績があったところでございます。

日立市議会 2020-03-10 令和2年第1回定例会(第3日目) 本文 開催日: 2020-03-10

特に平日利用者拡充策として、鵜来来の湯十王と国民宿舎鵜の岬はいずれも茨城開発公社が管理している施設であるため、団体客の送迎にバスの共同運行が考えられないかなどを提案させていただきました。その後、平日利用高齢者に対しての料金引下げ健康教室実施などを試行的に実施していただいてはおりますが、思うような集客率アップにはつながっておりません。  

下妻市議会 2020-03-04 令和 2年 第1回定例会(第1日 3月 4日)

私の市長就任後に閉鎖を決定した砂沼サンビーチについては、現在、施設撤去に向けた関係機関との協議を行っており、茨城開発公社から本年8月着工、来年9月完了という事業スケジュールが示されております。また、今年度、指定管理者が第三セクターから民間企業にかわり、指定管理料を大幅に削減したビアスパークしもつまについては、民営化により経営の再建を図っているところであります。  

日立市議会 2020-03-04 令和2年第1回定例会 資料 開催日: 2020-03-04

│ │                       │                       │ │ (5) 鵜来来の湯十王の経営改善について、指定管│ 鵜来来の湯十王の経営改善については、委託内容│ │  理者への委託内容精査のほか、計画的な維持│精査を進めるとともに、指定管理者である(公財)│ │  補修利用者増加につなげるための対策の実施│茨城開発公社と緊密に連携して経営状況の検証

筑西市議会 2020-03-04 03月04日-一般質問-05号

本市企業誘致につきましては、茨城県や茨城開発公社連携を図り、雇用確保に向けた企業誘致活動に取り組んできたところでございます。近年の実績といたしましては、平成30年につくば明野北部工業団地田宿地区並び関舘工業団地誘致した企業がそれぞれ操業を開始し、またつくば関城工業団地においては、2社が産業用地取得に至ったところでございます。 以上でございます。

行方市議会 2020-02-26 02月26日-02号

直接市にというよりも、県あるいは開発公社等にご相談されている機会が、これが中心でございますので、県のほうからはそういった報告を受けているところでございます。 以上です。 ○議長岡田晴雄君) 高柳孫市郎君。 ◆17番(高柳孫市郎君) 実際的に、今この北浦複合団地でございますけれども、一番、言っては悪いけれども、いい場所にメガソーラーが設置してあるというような状況なんです、はっきり言って。

稲敷市議会 2020-02-25 令和 2年第 1回定例会−02月25日-01号

企業誘致による市内の雇用機会の創出を初め、地域経済活性化財政基盤の強化を目指し、茨城開発公社連携しながらスピード感を持って進めてまいります。  さらに、本市基幹産業である農業につきましては、大規模区画で効率的な農業を行えるよう、農地の集積・集約化や6次産業推進スマート農業導入支援など、儲かる農業への取り組みについても積極的に支援してまいります。  

行方市議会 2019-09-09 09月09日-03号

上山工業団地につきましては、茨城開発公社により造成された工業団地で、現在は全ての区画民間所有地となっておりますが、工場等施設立地していない区画がございます。 北浦複合団地につきましては、茨城県が所有する工業団地で、一部造成が行われており、ほかの箇所につきましては、引き合いの状況によりオーダー方式造成を行うこととなっております。 

稲敷市議会 2019-09-03 令和 元年第 3回定例会−09月03日-01号

茨城開発公社共同で取り組んでいる(仮称)稲敷工業団地については、令和4年度分譲開始を目指し、鋭意取り組んでいるところでございます。本市のすぐれた立地環境を広くPRし、新たな工業団地整備に向けた優良企業誘致に努めてまいりたいと考えております。  9月28日から「いきいき茨城ゆめ国体」が開催されます。本市では、江戸崎体育館を会場としたトランポリン競技が9月8日に開催されます。

常陸大宮市議会 2019-06-17 06月17日-04号

また、稲敷市においてはさらに工業団地造成、32ヘクタール、本年度開発開始ということで、既に開発公社と契約しております。全国的には多々あります。そういう先進事例を調査する必要もあるのではないかと、こう思います。 2点目は、組織体制であります。 今の体制で思うように誘致活動ができるのか。私は市長直轄企業誘致推進本部を設置して、専従体制を敷くことが必要だと思います。

下妻市議会 2019-03-14 平成31年 第1回定例会(第3日 3月14日)

早期解体を依頼し、拠点づくりの展望を県に示すべきでないかでございますが、砂沼サンビーチにつきましては、現在、施設を取り壊し、跡地を更地にした上で、年間を通じて利用可能な施設整備を模索するとの方針を12月7日に市長が示し、その後、継続的に市から茨城開発公社に対して早期の取り壊しをお願いしている段階であります。具体的な内容スケジュールなどはまだ決まっておりません。

下妻市議会 2018-12-18 平成30年 第4回定例会(第4日12月18日)

民間活力導入手法につきましては、先般市長から砂沼サンビーチ廃止方向性が示されたばかりでございますので具体的内容には至っておりませんが、まず初めに茨城県や茨城開発公社との十分な協議合意形成がとても重要であり、具体的な条件が整った後、民間活力導入について検討をしていくことが効果的であると考えており、現段階では取り壊し前の設計を行うことは考えておりません。  以上でございます。

下妻市議会 2018-12-17 平成30年 第4回定例会(第3日12月17日)

それでは、初めに、砂沼サンビーチについてでありますが、この施設海水浴場から離れた県西地域でも遊べるようにということで開発公社が昭和54年に開業して以来30年、そして平成21年には下妻市に無償譲渡され、市営プールとして運営をしてきました。今までトータル約40年間、累計約670万4,000人が下妻市に足を運んで利用していただきました。