1613件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

ひたちなか市議会 2019-06-20 令和 元年第 2回 6月定例会-06月20日-03号

教科書は子どもたちの成長と発達に大きな影響を与えるものと思っております。自虐的にならないようにお願いしたいものであります。  自虐的といえば,例えば,小さいうちから「あなたのお父さんは悪者だ」とずっと言われ続けている子どもは,素直に育つのでしょうか。そのようなことが今行われているのではないかと,ふと思ってしまうところもあります。しかも,事実でないのに,であります。  

ひたちなか市議会 2019-06-19 令和 元年第 2回 6月定例会−06月19日-02号

ところが,国はようやく到達した,子どもの命を守り,発達保障するための最低の基準を,指導員のなり手不足を理由にたった4年で切り崩す法律を,5月30日,国会で通してしまいました。従うべき基準としていた職員配置基準拘束力のない参酌基準とし,自治体の判断で無資格者1人での運営も可能としてしまいました。  

日立市議会 2019-06-18 令和元年第2回定例会(第3日目) 本文 開催日:2019-06-18

また、小学校を含め、発達障害など特別な支援が必要な児童生徒については、保護者に、こども発達相談センターや医療機関等を紹介しております。家庭への支援が必要と思われる場合には、児童相談所など関係機関との連携を図りながら個別の対応を図っているところでございます。  今後も、子供たち一人一人に寄り添ったきめの細かい対応を図り、学校生活の楽しさを実感することができるよう、引き続き支援を行ってまいります。  

下妻市議会 2019-06-12 令和元年 第2回定例会(第4日 6月12日)

また、いわゆる発達段階ですので、一人一人の興味の持ち方も一人一人の中にも変化が出てくると。それにどう対応していくかと、そういう多様化した生徒に提供できる幅広い教育を用意しておかなければならないと、そういうふうな課題もあると言われております。  なお、ご承知のとおり中学校義務教育であるため、高等学校との連携、一体化の上で整理しなければならない施設設備の課題等も考えられると。

石岡市議会 2019-06-11 令和元年第2回定例会(第3日目) 本文 開催日:2019-06-11

交通安全教室については、全ての小学校で、年度初め、4月から6月にかけてになりますが、石岡警察署や民間交通指導員等を講師として、各学年の発達段階や実態に応じた内容で実施しております。具体的には、小学校低学年では道路の歩行・横断の仕方について、中学年・高学年は自転車の乗り方について、それぞれ体験的な活動を行っております。  

石岡市議会 2019-06-10 令和元年第2回定例会(第2日目) 本文 開催日:2019-06-10

初めに、医療的ケア児とは、生命尊厳の思想医療技術発達により新生児の救命率が向上し、人工呼吸器、経管栄養、たんの吸引などの医療的ケアが日常的に必要になった子どもたちのことでございます。新生児の救命率が向上した反面、医療的ケアを必要とする子どもたちが増えていると報じられたのは2013年。2016年には、障害者総合支援法が改正され、医療的ケア児の文言が法律に明記されました。

笠間市議会 2019-06-10 令和 元年第 2回定例会-06月10日-04号

また、昨今、育てにくい子ども、発達障害と言われる子どもがふえていることが社会的な問題となっているように多いわけです。やはり接し方がわかりません。それが虐待へとつながってしまうこともあります。  そういった問題のある家庭のかかわりを続け、援助の手を差し伸べ寄り添うことを一層充実させていく必要があると考えます。  

笠間市議会 2019-06-07 令和 元年第 2回定例会-06月07日-03号

発達障害等々を含めて、それで行けていないというのもあります。それからもう一つは、子どもたちが多い多子世帯だとか、あるいは親が外国国籍の子どもたち、あとは収入が低い、そういう世帯の子どもたちが無園児になっているわけです。そうすると、本来、無料で保育園とか公立幼稚園に通える低所得者の世帯の人まで無園児になってしまっていると、そういう実態について指摘をされています。

笠間市議会 2019-03-18 平成31年第 1回定例会−03月18日-06号

2番、適応指導教室親子通園事業の集約は見直しが必要ですが、笠間市児童発達支援センターの設立方針の提示は積極的意義があります。  3番、任意予防接種補助金が計上され、予防接種事業が拡充される見込みです。  4番目、包括的な空家・空地政策の推進が進められます。  5番目、地域医療センターかさま病児保育の実施が図られます。  

笠間市議会 2019-03-15 平成31年第 1回定例会-03月15日-05号

部署につきましては、確かに中学校を卒業して高校に行かないお子さんに対しての支援という部分については課題となっているところですが、今後、発達支援センター等できた部分につきましては、福祉部と協働しながら教育委員会として進めていきたいというふうに考えてございます。 ○議長(飯田正憲君) 大貫千尋君。

下妻市議会 2019-03-15 平成31年 第1回定例会(第4日 3月15日)

そのためには、学校全体で取り組みながら、自然体験や職場体験などの体験的な活動を通して、子どもの発達段階に応じた資質・能力を育んでいくというふうにございます。  今、キャリア教育小学校から中学校、特に中学校では中学1年生の職業人に学ぶ、2年生での職場体験、3年生での社会貢献、あるいは進路の選択というふうな大きな流れになっています。

下妻市議会 2019-03-14 平成31年 第1回定例会(第3日 3月14日)

また、発達障害などの特別な支援を要する児童生徒に対して生活面をサポートする学校生活支援員を26名、学校環境整備や児童生徒の安全確保のために学校安全環境整備員を7名配置しております。このほかにも外国籍の子どもの学校生活をサポートする外国籍児童生徒支援員、小学校での英語教科化に向けて、市雇用英語指導助手英語専門の学校教育指導員をそれぞれ1名ずつ配置しております。

石岡市議会 2019-03-12 平成31年予算特別委員会(第4日目) 本文 開催日:2019-03-12

では、続きまして、同ページ、133ページ、保育支援関係経費の中の節13にございます発達支援研修委託料28万2,000円ということで、こちら、30年は37万3,000円ということで、昨年から取り組まれておる事業ですが、こちら、まず31年度の内容についてお尋ねいたします。

笠間市議会 2019-03-12 平成31年第 1回定例会-03月12日-03号

また、近年相談件数がふえております児童発達相談においても関係機関と連携し、支援体制を強化しているところでございます。  新年度においては、在宅でお子さんの子育てをする保護者に対して、在宅子育て支援事業を実施いたします。また、保育士不足解消のため、市内の保育施設雇用される保育士の就職準備金を支援いたします保育士就労支援事業を創設いたします。  

日立市議会 2019-03-11 平成31年第1回定例会(第2日目) 本文 開催日:2019-03-11

職員の言動は、子供たちにとって大きな励ましとなったり、自信や勇気を育んだりと、子供の成長・発達に重要な役割を担っております。  一方で、教職員子供たちを思いやっての激励や成長を考えての叱咤のつもりで発した言葉であっても、子供の受け止め方によっては、自分の人格や存在、可能性を否定されたと受け取ってしまうこともあります。