733件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

常陸大宮市議会 2020-06-12 06月12日-03号

自治体において共通する行政課題を抱えていることや、市民日常生活当該自治体区域を超えて拡大している現状を踏まえ、必要に応じて地域の枠を越えた広域的な連携による取組なども検討してまいりたいと考えております。 ○淀川議長 14番、高村和郎議員。 ◆高村和郎議員 ただいま市長のご所見をお伺いいたしました。具体的な施策等については、次の機会にまた、お尋ねすることといたしまして、次に移ります。 

神栖市議会 2020-03-25 03月25日-06号

衣食住のうち、重要な生活である住宅の問題は、大きい要素を占めます。市営住宅の入居にあたり連帯債務者を必要とするのは、前近代的な制度です。債務者になってくれる人もいない人ほど、本当に困っている人です。特に神栖は全国から仕事のために来ている人が多く、困難な人が多いことでしょう。私も放火に遭ったときに、実印も焼け、再建に困りました。

下妻市議会 2020-03-23 令和 2年 第1回定例会(第5日 3月23日)

さらに、生活域に密着した地域密着型サービス充実を初め、介護予防や多種にわたる事業に積極的に取り組む予算となっております。  今後も市民に信頼される安定した財政基盤介護サービスを確保し、高齢者が住みなれた地域で、継続的にサービスを受けることができるよう、介護保険のさらなる充実地域に根差した事業への取り組みをされることを期待いたしまして、賛成討論といたします。

鹿嶋市議会 2020-03-16 03月16日-委員長報告、質疑、討論、採決-05号

実施し、国へ具体的な要望を行うとともに、市独自の支援策を立案し、市民に対し安心感を与えるようなメッセージを送るべき、多重災害を想定した対応を検討すべき、定期人事異動後も組織が円滑に機能するよう対応すべき、令和2年度当初予算編成時と状況が大きく変化し、国全体の観光が冷え込む中、宮中地区賑わい創出事業の推進について、本委員会で十分に議論をする必要がある、放課後児童クラブ支援員に十分なサポートをすべき、生活

水戸市議会 2020-03-16 03月16日-02号

エリア指定区域につきましては,市街化区域に近接し,自然的,社会的諸条件から,一体的な日常生活を構成していると認められる場合において,用途を限定して開発行為が認められている区域であり,市街化区域のように優先的かつ計画的に市街化を図るべき区域ではございませんので,エリア指定区域であることをもって都市計画税を導入することは難しいものと考えております。 

日立市議会 2020-03-10 令和2年第1回定例会(第3日目) 本文 開催日: 2020-03-10

あわせて、計画を策定する際の参考とするため、議員御案内のとおり、昨年10月から2箇月間にわたり、常陸多賀駅を生活としている8つのコミュニティ及び5つの地元商店会の皆様と施設整備を契機とした今後のまちづくり方向性などについて意見交換を重ねてきた経過がございます。

日立市議会 2019-12-10 令和元年第4回定例会(第3日目) 本文 開催日: 2019-12-10

北部地域は豊かな自然環境が色濃く存在し、海と山がそれぞれ人々生活にとても近いという特徴を持っております。二つのJRの駅、常磐道の出口も整備されており、交通の便も決して悪くありません。時代の変化とともに、人々の趣味、嗜好が多様化してきたことによりまして、この北部地域特徴は、今、様々な可能性を生み出していることを執行部各位是非御理解いただきたいと思います。  

大子町議会 2019-12-09 12月09日-02号

ご指摘いただいた点でございますが、建設場所の選定でございますが、浸水被害を受けた家屋が大子地区、さらには袋田地区の世帯に多いことから、それらの地域生活になるべく近いこと、さらには、ハザードマップにより浸水想定地域土砂災害警戒区域でないこと、町有地でまとまった面積が確保できること、これらを前提に幾つかの候補により、関係課であります財政課、さらには教育委員会地域行政連絡会区長、これらと協議をし

神栖市議会 2019-12-05 12月05日-02号

これからコンパクトシティというような言葉が出ておりまして、各エリア生活を賄っていくという形にもなってまいります。そういった中で、ぜひともこのITSに関しては、今後導入を進めていっていただきたいなと思います。 以上、防災に関しては4点、そして交通対策につきましては、ITSに対しては結構ですので、1点という形での答弁をお願いします。 以上です。

結城市議会 2019-09-13 09月13日-03号

学童保育は,子供の生活である小学校区内にある必要があると思っております。学校のお友達と歩きで一緒に通えるなど,日常的に仲間と関われることが,学童保育を通い続ける大きな要因と私は考えています。これを,空き教室がないからと言って学童保育はできませんということでなくて,もっと学童保育の,徹底した学童保育学校施設を空けるというくらいの前向きの姿勢で学校側と話し合っていただきたいと思っております。

結城市議会 2019-09-12 09月12日-02号

本市は,地理的に茨城県と栃木県の県境にあり,市民生活も,小山市,筑西市,古河市など複数の自治体と密接に関係している実情もございます。 いずれにいたしましても,新たな圏域設定は,市民生活にも大きな影響を及ぼす可能性がある重要な案件でございますので,今後とも国の動向を注視しながら,正式な通知等がございましたら,市議会等とも情報を共有しながら,その是非を検討してまいりたいと考えております。 

つくば市議会 2019-09-10 令和 元年 9月定例会-09月10日-02号

市では、都市計画マスタープラン、それから立地適正化計画等整備をしていますけれども、そこで描かれているのは、高度で多様な都市機能が集積した中心市街地と身近な生活拠点が適切に配置された日常生活とが、総合的な交通体系により効率的に連絡し合う多極ネットワーク型の持続可能なコンパクトな都市というものを、そこで掲げているわけでして、それらの計画の中においても、この土地というのは、市街化区域内の大規模な未利用地

鹿嶋市議会 2019-09-06 09月06日-一般質問-04号

今申し上げました事業は、既に近隣市と実施しているものでございますが、市民生活観光客行動範囲などを含めて考えますと、今後より広範な連携が求められてくるものと考えております。また、財政状況等を考えますと、より効率的、効果的な枠組みが必要になるものとも想定しており、そのため近隣自治体動向を注視しながら、情報収集調査研究に常に努めてまいりたいというふうに考えているところでございます。 

稲敷市議会 2019-09-06 令和 元年第 3回定例会−09月06日-03号

生活が広範囲に及ぶ社会は、インフラの維持にコストがかかります。人口減少社会では、都市を縮小し、生活エリアを限定したコンパクトシティー化により、さまざまな問題を同時に解決できるようになるはずです。テクノロジーの進歩に伴い、多様性のある行政対応が求められる時代、稲敷市総合計画では、コンパクトシティー形成方向性等を持ったアプローチで、計画設定がされているのか、伺います。