106件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

下妻市議会 2021-06-11 令和 3年 第2回定例会(第3日 6月11日)

事例についても、定期的な通室支援を通して、日常生活リズムを整えるとともに、学習への自信を取り戻せるような、そう努めております。  また、不登校児童生徒に対しては、本人への支援のみならず、その保護者への支援が大切であり、同時並行で行っております。保護者の方々も児童生徒と同じように、日常生活や今後の生活に不安を持っています。

つくば市議会 2021-06-11 令和 3年 6月定例会-06月11日-03号

学校で担任、学年主任及び生徒指導主事を中心に、不登校のきっかけとなった理由、継続している理由について話し合い把握していますが、令和2年度の報告で一番多かった要因は、無気力、不安で、次に家庭環境生活リズム等であると捉えています。なお、2019年にNHKが行った中学生対象調査において、子供自身回答では、教師との関係を理由とした割合が約23%であるとの結果が出ています。

東海村議会 2021-03-11 03月11日-04号

3つ目は、生活リズムの把握ができることです。点灯情報をチェックすることで異常をいち早く察知し、訪問するなどの対応が可能になります。休日に24時間以上の点灯記録がないときは、管理者のスマホに警告ブザーで知らせる仕組みになっています。 コロナ禍の中で孤立しやすい状況に置かれている独り暮らし高齢者を見守る取組が必要です。本村の考えを伺います。 ○飛田静幸議長 答弁を求めます。 福祉部長

つくば市議会 2021-03-02 令和 3年 3月定例会-03月02日-03号

長期休み後については、長期休み中、各家庭生活に慣れた園児の生活リズム食事等を徐々に園生活に慣らしていく必要があると考えていますので、現時点では提供考えはありません。 ○議長小久保貴史君) 川久保皆実君。 ◆2番(川久保皆実君) そうしますと、4月の給食提供に関しましては、4歳児、5歳児、それぞれについて令和4年度から実施していただける方針という理解でよろしいでしょうか。

鉾田市議会 2021-03-01 03月01日-議案説明-01号

また、新型コロナウイルス感染症影響等により、児童生徒生活リズム変化等が生じたことから、学校からのスクールカウンセラー派遣要望が増加したことに伴い、臨床心理士委託料39万円を増額するものでございます。 次に、特別支援教育支援事業1,050万円の減額につきましては、特別支援教育支援員配置人員が減少したことによるものでございます。 続きまして、56ページ、57ページをお開き願います。

守谷市議会 2020-12-21 令和 2年12月定例月議会−12月21日-03号

こちらは通ってくる児童生徒がいらっしゃるわけですけれども,やはり2か月間というお休みがあったということで,生活リズムがなかなか学校がないということで乱れがちなのかなということで,例えば就寝とか起床の時間,起きる時間ですね,そういったものがずれて,なかなか日常リズムがというようなところは見られたということで伺っております。

龍ケ崎市議会 2020-12-09 12月09日-02号

登校要因について申し上げますと,多くを占めるものが,集団での生活の不安と生活リズム乱れとなっております。 不登校対策についてでありますが,昨年度から各校の教頭,そして,生徒指導主事対象とした生徒指導連絡会におきまして,学級経営及び教育相談の充実について研修を重ねております。各小・中学校で実践し,今年度も継続をいたしております。 

水戸市議会 2020-09-14 09月14日-02号

特に,小学1年生につきましては,学校生活リズムを身につけながら,楽しく学校生活を送ることが大切であると認識しております。学校再開後は,学区内の公園等を巡る学区探検や1年生から6年生までが一緒にレクリエーション活動をする縦割り班活動を実施するなど,1年生が楽しく学校生活を送れるよう,各学校において工夫をしております。

結城市議会 2020-09-10 09月10日-02号

臨時休業が長期化したことにより,児童生徒生活リズムに少なからず影響を及ぼしたものと考えられます。 次に,健康・体力面の現状でございますが,例年全国体力運動能力調査が実施されず,経年変化は比較はできませんが,各学校の教員からは,学校再開後の児童生徒の様子について,「疲れやすく,体力が落ちているように感じる」という声が聞かれました。

龍ケ崎市議会 2020-09-04 09月04日-02号

今,大切なのは安定した生活リズムを取り戻し,適度な運動,休養,睡眠を保障し,子どもたちへの負担が過重にならないようにすることだと思います。 そこで,お伺いいたします。 一つ目に,長期休校による児童生徒影響についてです。 先ほどの質問でご回答もありましたけれども,子どもの心の不安やストレスがどのようなものかアンケートを取り,心に沿った取り組みが求められると思います。

神栖市議会 2020-06-17 06月17日-02号

授業の遅れ、生活リズム乱れ学校での新型コロナウイルス感染症対策など、教育現場での新生活様式対応についてお伺いいたします。 家庭でも毎日の健康観察手洗い励行せきエチケット、3密回避抵抗力を高めるなど保護者の皆様も家庭での施策を取っていると思いますが、学校での状況についてお伺いいたします。 次に、医療についてお伺いいたします。 神栖市医師修学資金貸与制度についてお伺いいたします。

つくば市議会 2020-06-17 令和 2年 6月定例会−06月17日-03号

これはどなたもそうだと思いますが、感染予防を徹底しての学校運営と、コロナ禍によりまだまだ開校したばかりということで、不安定な子供たち生活リズムを取り戻して、心に寄り添う相談体制、目配りの点を、特によろしくお願いしたいと思います。  (2)の学習機会確保につきまして伺いました。こちらも要望になりますが、私は、特に9年生の受験生について、非常に不安な面があるのではないかと思います。

古河市議会 2020-06-11 06月11日-一般質問-02号

生活リズムがつかめないなどという内容もございました。そういう意味では、朝の会等については、正しい時間、決められた時間に、そして服装を正してというようなことで指導しておりましたので、大変有効だったかなと思っているところです。 以上、答弁といたします。 ○議長園部増治君) 次に、落合企画政策部長

ひたちなか市議会 2020-06-11 令和 2年第 3回 6月定例会−06月11日-03号

学習への取組生活リズムの保持は,子どもによって差が出ました。自分行動自分で判断の下に実践することや,自分を律して行動を行う自主性自立性は,今回のことでなく,社会の変化を生き抜く子どもたちを育成するためにも重要であり,新学習指導要領で求められている資質・能力一つでもあります。  今後は,感染症対応しながら,今回の教訓を生かして,生きる力の育成に取り組んでまいります。

東海村議会 2020-06-11 06月11日-04号

そのため、生活リズム乱れ運動不足ストレスの増加、学習意欲低下などが見られております。まずは学習補習よりも子どもたちの心のケアを第一にしてまいりたいと考えております。 そして、これらの課題については先ほども答弁いたしましたが、担任任せにするのではなくて、学校をはじめとして全職員で取り組んでいきたいなと。