24件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

古河市議会 2021-03-19 03月19日-委員長報告・討論・採決-06号

独り暮らし高齢等日常生活支援事業高齢者世帯エアコン購入等助成金事業令和3年度に限った事業でありますが、近年の酷暑においてはエアコンなしでの生活は考えられません。しかし、高齢者所得者世帯においては、エアコンが既に設置されていても、ランニングコストでもある光熱費の捻出にハードルがあり、酷暑時でもエアコンをつけずに過ごしている高齢者も少なくありません。

ひたちなか市議会 2021-03-12 令和 3年第 2回 3月定例会-03月12日-04号

このような中,住み慣れた地域で誰もが安心して暮らしていくために,サロン活動や,独り暮らし高齢の見守りなど,様々な地域福祉活動が行われていますが,コロナ禍により活動が難しくなっています。地域福祉担い手,要である民生委員活動について,しっかりとサポートしていく必要があると思います。  そこで,お伺いいたします。  1,コロナ禍における民生委員活動現状について。  

東海村議会 2021-03-11 03月11日-04号

また、独り暮らし高齢のところに乳酸菌飲料を配達して安否確認福祉の増進を図る愛の定期便事業や、独り暮らし高齢等の日常生活の不安を解消することを目的とした緊急通報システム事業、さらには体制強化を目指して郵便局による高齢者見守り訪問サービス事業などが進められています。これらの事業の評価、高く評価するところでございます。 このような事業の中に、ぜひとも加えていただきたいと考える取組があります。

守谷市議会 2021-03-04 令和 3年決算予算特別委員会-03月04日-02号

◎稲葉 保健福祉部次長  こちらに関しては,独り暮らし高齢は,今,約1,600人です。これは毎年毎年変わっていますが,増加傾向です。 ○渡辺 委員長  長谷川委員。 ◆長谷川信市 委員  そうすると,この緊急通報報知器かな,これをつけると思うんですけれども,この1,600の世帯世帯ではないですよね。 ○渡辺 委員長  1人だから世帯と同じ。

東海村議会 2020-12-09 12月09日-02号

また、子育て世代に対しましては、公立幼稚園教諭たち中心とした東海村の保育者が家の中でも楽しく遊べる子ども向けの動画「I~MOのわくわくチャンネル」を配信したほか、高齢者に対しましては7月から8月にかけて民生委員協力を得ながら、75歳以上の独り暮らし高齢中心に「高齢者生活状況調査」を実施しまして、健康状態の聞き取りや熱中症予防等声かけを行ったところでございます。 

神栖市議会 2020-12-08 12月08日-03号

高齢者孤立防止対策についてのお尋ねでございますが、当市におきましては、生きがい講座シルバーリハビリ体操など、高齢者が集う場を設けるほか、独り暮らし高齢に対しましては、ご自宅に隔日ごとに乳製品を配達し、安否確認を行う愛の定期便事業や急病の際、ボタン1つ消防署につながる緊急通報システム事業により、119番が困難でかつ高齢者のみの世帯日中独居等の方にもご利用いただけるよう対象者を拡大し、緊急通報

つくば市議会 2020-09-18 令和 2年 9月定例会−09月18日-05号

続いて、賛成の立場から、独り暮らし高齢高齢世帯増加する中、地域全体で高齢者を見守り、支えていく体制強化が必要であり、介護を必要とする状況になっても、住み慣れた地域で安心した生活が送れるよう安定的な運営に努めていると考えるので賛成する旨の討論がありました。  討論終結後、挙手による採決の結果、賛成多数により、認定第7号は認定すべきものと決定いたしました。  

下妻市議会 2020-09-14 令和 2年 第3回定例会(第4日 9月14日)

地域によっては独り暮らし高齢の方のごみ出しを近隣の方が声を掛け合って支援していると伺っており、高齢化社会進展とともに、このような地域支え合い活動を推進していくことが重要となってまいります。  本市では、このような活動団体の育成、支援をするため、昨年度から下妻市地域支え合い活動団体支援補助金の制度を開始しております。

下妻市議会 2020-06-15 令和 2年 第2回定例会(第3日 6月15日)

あわせて、見守り事業の一環として、ひとり暮らし老人等緊急通報システム事業、愛の定期便事業 独り暮らし高齢等給食サービスの今後の進展についてお伺いをいたします。  次に、(2)であります。自分のお住まいの近所に何か異変が生じたとき、市役所等のどの部署に知らせたらよいものか分からないというご意見をいただいたことがございます。

古河市議会 2020-06-11 06月11日-一般質問-02号

最後に、日常における高齢者の病態が急激に悪化した場合の通報手段として、消防署に直接つながる緊急通報装置を設置する独り暮らし高齢緊急通報システム事業を実施しております。対象者や設置には条件がありますが、装置を設置することで緊急時に消防署相互通話が行え、救急搬送対応が取れるため、高齢者の安心につながっておるものと考えております。 以上、答弁とさせていただきます。

高萩市議会 2020-06-03 06月12日-01号

また、特に見守りの必要な在宅独り暮らし高齢等に対して、生活状況を継続的に把握して適切な支援につなげるために、在宅介護支援センター職員電話玄関先での面接等、接触を減らす形での見守り活動を実施いたしました。 次に、防災減災対策についてであります。 東日本大震災の発生から9年目を迎えた3月11日にシェイクアウト訓練を、たかはぎFM及び防災行政無線を活用して実施いたしました。

ひたちなか市議会 2020-03-11 令和 2年第 1回 3月定例会-03月11日-04号

そういった現状を踏まえ,本市では消費生活相談員による相談業務をはじめ,自治会高齢者クラブなどでの出前講座独り暮らし高齢への啓発冊子配布スーパーでの街頭キャンペーンなどを通して,被害防止啓発に努めております。  また,周囲のちょっとした気づきや見守りが消費者被害未然防止につながると言われております。

ひたちなか市議会 2020-03-10 令和 2年第 1回 3月定例会-03月10日-03号

そこで,本市では,消費生活相談員による相談業務をはじめ,民生委員協力による独り暮らし高齢への啓発冊子配布スーパーでの街頭キャンペーン自治会高齢者クラブなどで年間25回以上の出前講座を行うなど,被害防止啓発に努めております。  また,周囲のちょっとした気づきや見守りが消費者被害未然防止につながると言われております。

  • 1
  • 2