1141件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

土浦市議会 2022-06-10 06月10日-02号

龍ケ崎市では8路線100円,牛久は7路線170円,つくばらい市では7路線200円と,各自治体工夫を凝らして,市が運行をしているようです。今ご紹介した料金大人料金ですが,自治体ごと高齢者障害者,子どもは半額など,いろいろ工夫をして取り組んでいるようです。通学のために小学生が乗るなら,料金大人料金の4分の1,そして割安な定期券を販売している自治体もあるようです。

筑西市議会 2020-09-06 09月06日-一般質問-02号

やっぱり飛び込めるような場所、そういったものもあればなというふうに私ちょっと考えたので質問させていただいたのですが、これは例えば長期的ないじめの場合に関係することなのですが、海外発アメリカ発なのですけれども、世界で6,000校、そして330万人が利用しているストップイットというアプリがあるのですけれども、これ日本全国でも大阪府の市立中から始まって、野田市とか草加市、兵庫県丹波市、奈良市、柏市、茨城県の牛久

筑西市議会 2020-06-07 06月07日-一般質問-02号

そこで、1つ伺いたいのですが、今県内で、つくば市、土浦市、牛久、阿見町など、ほかにもあるのですが、アシストを購入するための補助金を出している自治体があるのですが、現在筑西市ではどのような状況になっているのでしょうか。 ○議長仁平正巳君) 中澤保健福祉部長。 ◎保健福祉部長中澤忠義君) ご答弁申し上げます。 

稲敷市議会 2020-03-23 令和 2年第 1回定例会−03月23日-付録

記 1 茨城南市議会議長会  (1)派遣目的 茨城南市議会議長会定例会出席のため  (2)派遣場所 牛久  (3)派遣時期 令和2年1月23日  (4)派遣議員 松戸千秋議長 △閉会中所管事務調査申出書   令和2年3月23日  稲敷市議会議長 伊 藤   均 様                           総務教育常任委員会                           

水戸市議会 2020-03-17 03月17日-03号

令和元年第4回定例会一般質問でも紹介した牛久などにおいては,介助や介護が必要な世帯に対し,ふれあい訪問収集という制度を設けて,市の担当職員による戸別収集を行っています。こうした中では,水戸市においても地域におけるごみ出し町内会だけに責任を負わせず,支援が必要な世帯に対する戸別収集を含めて検討していく必要があると考えております。 

守谷市議会 2020-03-11 令和 2年 3月定例月議会−03月11日-02号

◆10番(高梨隆君) スポーツ推進室の次に,国体のハンドボールの成功の後で,3市でハンドボール大会を催す,また,オリンピックによってニジェールの選手団を迎える,その二つが掲げてありますが,一番やっぱり重要だと思うのは,市民スポーツ,いわゆる健康寿命とかスポーツ政策,中でも龍ケ崎市とか牛久などに比べると施設面でも,催し物にしても,施策についても,大分おくれをとっているように感じます。

常陸大宮市議会 2020-03-11 03月11日-04号

高齢者の方への負担軽減住宅生活支援を図り、長年住み慣れた地域で安心・安全に生活が送れる環境づくり目的に、ごみ収集所まで運ぶのが困難な独り暮らしの高齢者の方をサポートするため、戸別訪問してごみを収集する戸別収集事業につきましては、県内では、龍ケ崎市、牛久、取手市、利根町、東海村の5つの自治体実施してございます。

日立市議会 2020-03-10 令和2年第1回定例会(第3日目) 本文 開催日: 2020-03-10

検討会では平成28年度に牛久龍ケ崎市を視察しておりますが、両市とも事業開始平成14年度で、実施方法はいずれも市直営でございます。回収対象世帯数につきましては、牛久が68世帯龍ケ崎市が78世帯で、市内の全世帯数に占める割合はいずれも0.2%程度でございました。  最後に、(3)実施までのステップとして、実際に動き出せる目標時期でございます。

龍ケ崎市議会 2020-03-09 03月09日-04号

宮本孝一都市整備部長 登壇〕 ◎宮本孝一都市整備部長  竜ヶ崎・牛久都市計画区域マスタープランは,茨城県が作成するもので,本市,牛久そして,利根町における都市計画の基本的な方向性を示す計画であります。現在のプランは,平成28年5月に策定されたものであり,おおむね5年ごとに見直しがなされております。 

龍ケ崎市議会 2020-03-06 03月06日-03号

また,牛久においては,独自に様々な取り組みを進めていくというような前向きな言葉根本市長からも頂いているところでもございますので,意外と早い段階で,形が見えてくることを期待しているところでもございますし,それには市としても協力をしていかなければならない部分だと思います。

結城市議会 2020-03-06 03月06日-03号

県内では,牛久,龍ケ崎市,取手市,利根町,東海村が独自に取り組み日立市は,2020年度中に開始に向け,検討しているそうです。 「高齢化が今後さらに進行する中で,単身の高齢者らのごみ出しが困難になる状況が増加することが予想され,国としても,きめ細かに支援することが必要だと考えた」と高市総務大臣は述べています。 当市においても,問題点を検証し,早期に実施していただきたいので,ご答弁ください。

龍ケ崎市議会 2020-03-05 03月05日-02号

牛久市長にお話をすると,中山市長に言われなくたって,俺たちは勝手にやるよというようなこと,力強い言葉が返ってくるぐらいでもございますので,これは取手市,つくばらい市,そして,つくば市にまたがる広域的なトレイルにもなるわけでございますので,今後は先ほど申し上げました,この首長会議などを通して,できるだけ具体的な話に話を深めてまいりたいと考えています。 ○鴻巣義則議長  1番山宮留美子議員

筑西市議会 2020-03-05 03月05日-一般質問-06号

茨城県内でも、前にも言いましたけれども、5市町村、まずは牛久牛久は2002年の秋から、龍ケ崎市、これは2003年からやっております。取手市、2011年4月から、利根町、2019年3月、東海村が2008年度からやっているということで、今現在日立市は2020年度中の開始に向けて、その具体的方法を検討しているそうであります。

稲敷市議会 2020-03-02 令和 2年第 1回定例会−03月02日-03号

県内近隣市町村状況を見てみますと、牛久、守谷市、つくば市等では既に実施しており、美浦村では令和2年度から実施予定であると聞いております。2学期制については、学習指導充実や学校の業務改善取り組みの一環として導入している市町村もあり、教員の働き方改革に効果があるという話を聞いております。

つくば市議会 2020-02-28 令和 2年 3月定例会-02月28日-03号

土浦市、水戸市などは短期被保険者証6カ月で出しておる、牛久でも3カ月で出しておるという状況でございます。  また、御指摘のあったその横浜市につきましても、私ども関係の資料を入手しているということでございまして、ほかの自治体のことを気にしていないということではないということを申し上げたいと思います。 ○議長神谷大蔵君) 橋本佳子君。

つくば市議会 2020-02-27 令和 2年 3月定例会-02月27日-02号

近隣自治体では、牛久、取手市、守谷市などが既に権限委譲を受けていまして、昨年は、これに鉾田市、つくばらい市、境町も加わって、県内の半数以上の自治体認証手続ができるようになっています。  つくば市は、県内NPO法人の数が水戸に次いで多く、100以上の団体が活動している自治体です。情報提供とか相談機能充実も重要と思いますが、NPO法人で多くの市民が活動しているつくば市です。