216件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鉾田市議会 2025-05-31 05月31日-一般質問-03号

次に、通称膨れ田の開発について、広大な敷地が遊んでいますが、遊歩道や湿地帯を生かした公園などの開発はどうなのか、市の考えを聞きたいと思います。 最後に、合併特例債事業進捗状況についてお伺いいたします。1点目は、震災の影響特例債事業の延期がなされておりますが、最終期限はいつまでなのか、市の対応についてお伺いいたします。 2点目は、アンケートの結果を受けて、今後どのように進めるのか。

鉾田市議会 2023-09-18 09月18日-一般質問-04号

涸沼ラムサール条約湿地登録され、周辺地域保全観光や学習への有効活用が課題であり、市によって公園整備が始められることは、その有効活用地域活性化に寄与するものと考えております。現在の工事進捗状況はどのようになっているのか、伺います。 また、8月28日の茨城新聞に、県レッドデータブック絶滅危惧に指定されている野鳥ホオアカの生息の確認がされたことが報道されていました。

茨城町議会 2020-03-16 03月16日-03号

このような観点から当初予算を見ますと,枠配の厳しい財政状況の中で子育て支援としての民間保育所施設整備事業新規事業費や懸案であった児童・生徒に食の安全を提供する給食共同調理場設備再編事業費あるいは町の活性化を促進する涸沼自然公園魅力アップ計画作成事業水鳥湿地センター整備等整備関係予算新規計上や,空き家活用支援事業など議会における一般質問等を考慮した姿勢が見られるとともに,総合計画基本理念実現

水戸市議会 2020-03-16 03月16日-02号

また,昔からこの地域に存在し,貴重な野生植物であるサギソウを,公園内の湿地帯の一部を利用した自生地として復元いたしました。大塚青壮年同志会も協力し,平成5年から取り組んでいます。 当時は,100株を植えて,わずか2株しか花が開きませんでしたが,今や群生するまでに育っております。現在は,地元の有志の方々による大塚成就院池サギ草を育てる会の皆様が,日頃の維持保全活動に取り組んでおります。

鉾田市議会 2020-03-13 03月13日-議案質疑、委員会付託-05号

また、事業主体が国や県のため、予算書には記載されておりませんが、涸沼水鳥湿地センターや国道51号子生地内の拡幅工事県道大竹鉾田線の延伸及び災害復旧等についても強く要望活動を行ってきたところでございます。以上です。 ○議長岩間勝栄君) 髙埜栄治君。 ◆4番(髙埜栄治君) ただいま市長のほうからですね、市の取組についてですね、ご報告頂きました。 

神栖市議会 2020-03-11 03月11日-02号

ビエンナーレとは、イタリア語で2年に1回の意味で、2年に1回開催しているということで、ちなみに、トリエンナーレは3年に1回の意味ですので、3年に1回開催ということでありますが、群馬県の北西部、山奥の少子高齢化過疎化の進行する人口1万6千人の小さなまちになぜこれほどの来場があるのか、四万温泉など数多くの温泉とともに、ラムサール条約湿地である芳ヶ平湿地群に代表される豊かな自然と長い歴史に裏打ちされたふるさとの

鉾田市議会 2020-03-06 03月06日-一般質問-03号

サーフィン教室とか大会、北浦のエコハウス活用フナ釣り大会タナゴ釣り大会あと野鳥観察大会カヌー教室涸沼水鳥湿地センター活用シジミ取り見学助成、この辺はやっていないと思うんです、ほかでね。ヨット教室など様々、宿泊企業を圧迫しないような活用が期待できると思うんですね。 それから、アントラーズホームタウンDMO活用がちょっと部長の口からは出ていないので。

鉾田市議会 2020-03-05 03月05日-代表質問、一般質問-02号

箕輪地区市有地整備が進められている水鳥センターは、ラムサール条約登録湿地登録を受けた涸沼有効活用保全地域活性化に寄与するものと大いに期待するところでありますが、工事進捗状況と今後はどのように進められていくのかを伺いたいと思います。 最後に、4点目です。市庁舎について、現在の本庁舎は昭和49年に建設され、45年がたった旧鉾田庁舎が使われております。

鉾田市議会 2020-03-03 03月03日-議案説明-01号

ラムサール条約登録湿地である涸沼につきましては、環境省整備する水鳥湿地センター公園施設整備に向けた測量・設計進入路整備のための準備を進めてまいります。涸沼魅力をさらに引き出し、豊かな自然を最大限生かしてまいります。 スポーツでつながるまちを目指し、引き続き、鹿島灘を利用したサーフィン大会誘致市内スポーツ施設活用した大会誘致等にも積極的に取り組んでまいります。 

茨城町議会 2020-02-27 03月05日-01号

さらに,活力あるまちづくりを進めるべく,今年度策定する第2期茨城町「まちひと・しごと創生総合戦略」に基づき関係機関との連携を図りながら,交流人口拡大健康増進を掲げた茨城自転車活用推進計画策定を行うほか,環境省施設設置主体となって実施する水鳥湿地センターについても本町への誘致が決定したことから,来年度は地質調査と並行し基本設計策定に入る予定となっております。 

茨城町議会 2019-12-24 12月24日-02号

最後に,「水鳥湿地センター」について質問いたします。 平成27年から茨城県と茨城町,大洗町,鉾田市により環境省に対して誘致活動をされて来られました水鳥湿地センターですが,立地場所茨城町と鉾田市の2か所になり,今年度環境省において基本構想基本計画の検討が始まっていると伺っておりますが,水鳥湿地センターは,環境省整備し,地元自治体運営をすることになっております。 

鉾田市議会 2019-12-20 12月20日-委員長報告、質疑、討論、採決-05号

次に、水鳥湿地センター進捗状況確認するため、生活環境課担当者とともに現地の視察を行いました。現地では水鳥湿地センター建設予定地と、それに伴い整備されている水辺の親水ゾーン確認を行いました。 現在、敷地内では整地するために土砂残土が搬入されておりますが、進入路として盛り土された土地は今回の台風による大雨で一部が崩れるなど被害を受けておりました。

東海村議会 2019-12-09 12月09日-03号

谷、小川、湿地帯、暗渠等の記録もあわせて地表面から見えなくなったものの情報を次世代につないでいくことが必要じゃないかと考えます。考えを伺います。 東海村内のボーリングデータをもとに、外に委託して地質データベースが作成されていますが、さらに都市開発事業での多くのボーリングが行われていますが、このうち地質データベースの更新は行われているのか。 

水戸市議会 2019-06-19 06月19日-07号

特に,湿地や河川などの水環境を巧みに取り入れつつ,壮大な堀と土塁を巡らせた縄張りと呼ばれる城郭設計は,県内でも珍しい貴重な遺構であり,第1号認定にふさわしい地域文化財であると認識しております。 また,上国井町にある薬師堂の民間信仰資料群は,江戸時代の仏像を初め,14点の資料をまとめて認定したもので,仏堂の廃屋化が進む中,地域の人々によって信仰が伝えられている貴重な民俗資料でございます。 

茨城町議会 2019-05-30 06月06日-01号

そして,活力ある町づくりを進めるべく,「茨城まちひと・しごと創生総合戦略」に基づき,引き続き関係機関等連携を図りながら,交流人口拡大に努め,「涸沼ビュースポット」の整備,「サイクルサポートステーション事業」への取り組みのほか,環境省が行う事業である水鳥湿地センターについても建設促進要望を継続し,涸沼を核とした観光振興事業の強化を図るとともに,茨城中央工業団地への企業誘致推進並びに地元商工業

笠間市議会 2019-03-14 平成31年第 1回定例会-03月14日-04号

友部小学校の校庭のグラウンド冠水湿地、浸水問題について質問いたします。  私たちが最近実施したアンケート調査の中に、友部小学校グラウンドが雨の後、足首までぬかるんでいるという声が寄せられました。このことについて、直接小学校に出向いてお話を伺いました。  議長、写真をちょっと提示したいんですけどよろしいですか。 ○議長飯田正憲君) 許可いたします。