140件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

笠間市議会 2019-03-14 平成31年第 1回定例会-03月14日-04号

友部小学校の校庭のグラウンド、冠水、湿地、浸水問題について質問いたします。  私たちが最近実施したアンケート調査の中に、友部小学校のグラウンドが雨の後、足首までぬかるんでいるという声が寄せられました。このことについて、直接小学校に出向いてお話を伺いました。  議長写真をちょっと提示したいんですけどよろしいですか。 ○議長(飯田正憲君) 許可いたします。

つくば市議会 2018-06-19 平成30年 6月定例会-06月19日-02号

湿地里山体験や自然堤防を利用した小貝川流域、そういったところもありますので、先ほど言いましたように、圏央道の常総インターチェンジ、またスマートインターチェンジ両方から約3キロと近いことから、観光拠点にもなるかと思っております。これら防災スポーツ観光などを兼ねた総合的な施設としても、一つの選択肢があるのではないかと思っております。  

結城市議会 2018-06-08 平成30年第2回 定例会-06月08日−02号

河川に近いところは湿地や幹線道路が遠いなど,開発に適していない場合が多く,また,開発適地は放流先から遠いというのが状況であります。  いずれの場合でも調整池を設置することとなりますが,その経費が莫大であり,放流先への雨水管の設置費用も負担となり,その資金の確保など,事業の実現性の検証に大きな影響を及ぼすのが現状でございます。  

守谷市議会 2018-06-08 平成30年 6月定例月議会−06月08日-02号

また,良好な水田・湿地環境が維持されていることからヘイケボタルがみられるとともに,豊かな里地里山生態系シンボルであるサシバの生息が確認されている。保全活用の状況としては,天神の森内にある天神神社については,地域の氏子が定期的に維持管理を実施している。これ奥山本田にある天神神社ということです。

守谷市議会 2018-03-19 平成30年 3月定例月議会−03月19日-04号

◆4番(堤茂信君) では,今後の話になりますが,太陽光発電施設建設が行われる場合,施設建設が計画されている土地の中央部は,くぼ地で雨水がたまる湿地となっており,また第1工区の盛り土高さが現在計画より高いことなどから,建設計画予定地全体を平らにならす工事が予定されているようですが,その場合の工事ルール,規制は,どのようになるのかお尋ねをいたします。 ○議長(梅木伸治君) 生活経済部長坂 浩君。

守谷市議会 2017-12-06 平成29年12月 6日総務教育常任委員会−12月06日-01号

それで,現在のホールの下には水があり,建物の環境としても湿地の影響でカビやにおいが発生し,入場者や出演者がせき込む人たちも多いです。そこで,清潔で快適な環境のホールが必要だと思っています。  そんな折,中央公民館改修の話が出てきて,議員の皆様が中央公民館ホール視察に行かれたことを知り,本格的に見直しが始まったことをうれしく思いました。

守谷市議会 2017-12-01 平成29年12月 1日地方創生特別委員会-12月01日-01号

こちら湿地帯の部分に蛍が生息できるよう,環境の安定化を進めまして,当該地の付加価値を高めようというものでございます。  経費といたしましては,1番目として,環境整備費で45万円,こちら環境コンサルタントをしていただく方への謝礼ということでございます。それから,蛍が生息しやすい環境をつくるため,植栽ですとか石の設置費用が主なものでございます。

守谷市議会 2017-09-20 平成29年 9月定例月議会−09月20日-04号

そして,この土地が大変に沼地,湿地が多く谷津田だったということですから,沼地ということのほうが適していると思います。そういう中での建設において,それまでステージにはマイクが上がる装置がされていたそうでございますが,このマイクが今沈没しちゃって全然機械が機能しない,そういう状態が起きている中で,そういったことも含めたこの改修費用ということなのか。  

守谷市議会 2017-09-19 平成29年 9月定例月議会−09月19日-03号

現在の守谷は,つくばエクスプレスが開通し,鉄道沿線を中心に発展を遂げている一方,利根川,鬼怒川,小貝川の三つの大きな河川とその周辺に広がる湿地帯や森林は,後世に残すべき我が市の誇る財産であると認識するところです。  市では,平成28年8月に第2次守谷市環境基本計画を策定しています。

笠間市議会 2017-09-13 平成29年第 3回定例会−09月13日-04号

さらに、エコフロンティアかさまは、貴重な生物の生息する湿地を現況保全するとともに、廃棄物を通して広く環境全般を学んでいただく環境学習施設を整えた施設でございます。 ○議長(海老澤勝君) 西山 猛君。 ◆13番(西山猛君) 日本最大級と呼ばれておりますが、官ですか、民ですか。 ○議長(海老澤勝君) 市民生活部長石井克佳君。

土浦市議会 2017-09-12 平成29年 第3回 定例会-09月12日−03号

また,国土交通省環境省農林水産省,そして土浦市,つくば市,かすみがうら市,鉾田市,茨城町,水戸市,霞ケ浦問題協議会ラムサール条約登録湿地ひぬまの会,これらの団体が共催者となっております。  この度のテーマの背景として,世界の多くの湖沼が直面している水質汚濁の進行生物多様性の喪失,気候変動の影響など様々な問題に直面しているという現実があります。

古河市議会 2017-08-31 平成29年  9月 定例会(第3回)-08月31日−議案上程・説明−01号

7、行財政について  7月1日に栃木市藤岡文化会館において、渡良瀬遊水地保全・利活用協議会主催の「渡良瀬遊水地ラムサール条約湿地登録5周年記念シンポジウム」が開催されました。このシンポジウムでは、渡良瀬遊水地湿地環境の保全と地域振興につながる利活用への取り組みを進めることを誓った「渡良瀬遊水地宣言」が採択されました。協議会の一員として、市でもこれらの取り組みを一層進めていきます。  

土浦市議会 2017-06-12 平成29年 第2回 定例会-06月12日−02号

初めに,国はかつての霞ケ浦の湖岸の湿地植生帯など,多様な自然環境を取り戻すため,本市の田村,沖宿地区,及びかすみがうら市の戸崎地区にかけまして,「自然再生事業」を実施しております。主なものとしましては,田村地区において波浪の影響を受けにくい構造となります水域,いわゆる湾処,これを造成しまして,魚類などの水生植物のすみかや,様々な植生が繁殖する場としてございます。